メカ豪鬼


  「グオオオオォォン!!」

マーヴルスーパーヒーローズ VS. ストリートファイターラスボス
豪鬼が同作に登場するアポカリプスによってメカに改造された姿である。
ただし、エンディングでは普通の豪鬼と同時に出てきたりする場合もあり、豪鬼本人を改造したものなのか、それを模したロボットなのかはよく分からない。
家庭用で使用可能になったメカ豪鬼を使ったときもラスボスはメカ豪鬼、さらにそれを倒すとEDでもう1体出てくる。
また海外版の勝利セリフでは自身がサイボーグ化されたクローン体であるかの如き言動
(「わが創造者が貴様の死を望む」「我、実際の力(殺意の波動)をリメイクされし者」「我、初めに造られし者(←同キャラ戦)」など)を取る為、
量産されている可能性が濃厚である。
さらにはダンのエンディングでダンの妹が「やめて! お兄ちゃん! その人は私たちの…などと発言しており、ますますもって正体不明。
おまけにウルヴァリンの失った記憶に関係してるような描写があるのだが、これに関しての詳細も不明。
たぶんカプコンがマジメに設定していなゲフンゲフン
欧米版での表記は「Cyber-Akuma(サイバーアクマ)」。サイバーゴジラといい「メカ」⇔「サイバー」なのだろうか?

ラスボスということもあり、もともとキャラの攻撃力の高いマヴストの中でも狂っているとしか思えない火力を持ち、
立ち強パンチとしゃがみ強パンチは高速かつ追尾性能付きのロケットパンチと化し、
「ハイメガ豪ビーム」「スクランブル豪パンチ」「サンダー豪シャワー」「シャイニング豪ショック」
(それぞれもとの豪鬼における滅殺豪波動滅殺豪昇龍、天魔豪斬空、瞬獄殺にあたる)
などの技を連発、プレイヤーを大いに苦しめた。

中でも、「シャイニング豪ショック」は空中でも発動可能で移動速度が普通の瞬獄殺より早く、威力もおよそ8割と非常に高い。
しかもこれを1ゲージで出すことが可能と、格ゲー界全体でも屈指の強力な技となっている。

家庭用ではプレイヤーも使用可能。ただし、チームを組むことができずタッグ絡みのシステムを使用できない。

+ サイバーアクゥマ ウィン!

そしてUMVC3でまさかの復活…豪鬼のDLCコスチュームとして。

  「ズシュゥゥゥゥン!」


MUGENにおけるメカ豪鬼

+ DarkRiem氏製作のアレンジ仕様
+ MystikBlaze氏製作の原作&アレンジ仕様
+ Bask氏製作メカ豪鬼Mk-II
+ mouser氏製作の原作&アレンジ仕様
+ くねくね氏製作の原作再現仕様


出場大会

削除済み

出演ストーリー


関連項目:瞬獄殺  :  :阿修羅閃空

                :真・豪鬼  :零豪鬼  :オーガ  :Rare Akuma



添付ファイル