バートマン

  「パンツでも被ってろ!」


『The Simpsons(ザ・シンプソンズ)』に登場するキャラクター。
ホーマー・シンプソンの長男バート・シンプソンが変身した姿。
バットマンのコスプレである。10歳だからしょうがないね。
この状態で本当に空を飛んだり出来るから困る。武器はパチンコや水鉄砲。

バート・シンプソン概要

声優は原語版ではナンシー・カートライト、日本放映版では堀絢子女史といずれも女性が演じている。
声変わり前の男の子なのだろう。
本名は「バーソロミュー・ジョジョ・シンプソン(Bartholomew Jojo Simpson)。
シンプソン家の長男で、10歳の小学4年生。血液型はO Rh-。シンプソン家で、唯一の左利き。
好奇心旺盛でイタズラ好きな少年。髪型は直立した9つのギザギザのあるヘアー。

イタズラ好きが行き過ぎて裁判沙汰になることも多く、判事のスナイダーとは顔見知りの仲。
勉強は全然ダメだが、クラスティの冤罪を晴らしたりセルマをサイドショー・ボブから救ったり巨大彗星の命名者になったり、
輸血でバーンズ社長の命を救うなどの功績も持っている。
また、ラルフにリサの手柄を譲って、胴上げしたりと、思いやりのある一面も見せる。
スケートボードのテクニックは天才的。
ダサイことが嫌いで、そうと思えば遠慮なく拒否する、ある意味の現代っ子。たまに妹思いな場面も見せる。

実の父であるホーマーを「おやじ」(吹き替え版)または呼び捨てで「ホーマー」(英語版、吹き替え版共通)と呼び、
「パパ」と呼ぶことは滅多に無い。
未来的な話では、科学系の大学の主席になっているリサと正反対で大抵ろくでもない大人になっている。
口癖は「アイカランバ!(スペイン語でOh my GOD!の意)」「ンガ"Cowabunga"(やった!という意味のスラング)」。
ミルハウスを親友だと思っているが、ミルハウスからは度々裏切られている。
タイム誌国際版の1990年12月31日号の表紙を飾った事もあるアメリカアニメの代表的なキャラクターである。


MUGENにおけるバートマン

MUGENにおける彼は、父親同様Warner氏が製作している。
ステップの距離がとても長く、一瞬で画面端まで行ける。
遠距離強Pで叩き潰された相手は薄っぺらくなる。
少し経つとダウン状態に戻るので、また叩き潰せる。
ゲージ技はゾウ召還が発生、判定共に優秀で
他はあまり頼りにならない。

技表
↓↘→ + ( x or y ) コウモリ
↓↘→ + z 空中蹴り
↓↙← + ( a or b or c ) 後退
↓↘→ + ( xy or xz ) ビーム
↓↙← + ( ab or ac or bc ) ロボット
↓↘→ + yz ゾウ

出場大会

  • 「[大会] [バートマン]」をタグに含むページは1つもありません。
削除済み


添付ファイル