リープテイル

Reptile ~爬虫類~

海外の格ゲー、モータルコンバットシリーズに登場するキャラクター。
表記は「Reptile(爬虫類)」で、日本では「レプタイル」とも。
2D時代はサブ・ゼロやスコーピオンの色変えキャラで忍者の姿をしていたが、
3D化で爬虫人類という設定が反映され、リザードマン風の姿になった。
ちなみに血液の色が作品によりまちまちで、赤だったり緑だったりする。
酸を吐きかけて相手を溶かしたり長い舌で相手を食べたりするFATALITYが特徴。

シャン・ツンに仕える謎の忍者で、MK1ではシャンツンが主催したモータルコンバットにおいては正規のトーナメントには参加せず、戦いを裏で監視していた。
シャンツンの敗北を受けて共に魔界へと舞い戻り、魔界で開催されたモータルコンバットには正式に参加している。
シャオ・カーンの軍勢として地球の闘士達と戦うも敗北し、カーン、シャンツンと共に撤退を余儀なくされる。
カーンによる地球侵略の際も戦いに参加するもここでも敗北し、魔界へと退いている。
シノックが地球侵略に乗り出した時には、クァン・チーに仕えてシノック側の軍勢として戦う。
(この戦いの軍配はライデン率いる光の軍勢に上がったものの、リープテイルでシノックを倒した場合、仕えていたクァン・チーに裏切られるというエンディングになる)
その後シャンツンとクァンチーが「死の同盟」を結成し、主であるシャオカーンが殺害されてしまう。
主を失い彷徨っていたところにニタラと出会い、彼女を次の主と定める。
ニタラの命で戦いを続けるリープテイルであったが、「Egg Chamber」にあった謎の卵の光を浴びてしまう。
この卵は「ドラゴン・キング」=オナガの卵であり、リープテイルはオナガ復活の媒介にされてしまったのである。
その後、ナイトウルフの力を借りてオナガと分離したリープテイルは、ブレイズを巡る最後の戦いにも参加している。

正体は人型の爬虫類が住む領域「ザテラ」の最後の生き残りで、自分の種族を増やして繁栄させることを目的としている。
そこにつけ込まれて利用され、エンディングでは悲劇的な結末を迎えることが多く、
MK3ではシャオカーンに裏切られる・MK4ではクァン・チーとシノックに殺される・MK:DAではオナガ復活の媒介にされる と散々な扱いを受けてきた。
が、アルマゲドンではブレイズの死によって発生した衝撃波でピラミッドが崩壊され、
その裂け目から姿を現した棺桶から同じ種族の女性が現れるという珍しくハッピーエンドとなっている。

初代モータルコンバットでは アケ格ゲー初 隠しキャラとして登場。
非常に出現条件が厳しく、サブ・ゼロスコーピオンの両方の技を使うことができ、
歩くスピードも速くCPUのアルゴリズムの凶悪さもあり多くのプレイヤーを苦しませた。
サブゼロとスコーピオンをリュウケンに例えるとリープテイルは豪鬼といった所か。
が、Ⅱ以降は通常キャラクターになり技もオリジナルの物になった。

+ 出現条件が厳しい理由

MUGENでは
Kazmer13氏やMike Obrcht氏の実写時代のリープテイルが存在したが、09年にBinho-RJ氏が手描きのリープテイルを公開。
6種類ものゲージ技を持つなど完成度は高くデフォルトでAIも入っている。
また究極神軒氏によりAIが製作された。

またOMEGAPSYCHO氏のシャン・ツンの追加変身キャラとしても存在する。
貴重なMK1仕様が使えるのはMUGENでもこのキャラだけである。

ちなみに、戦国BASARAの毛利元就とは服が緑でポーズが被っているという謎の共通点がある。
よかったらタッグにでもどうぞ・・・

出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー



※1  ただし、これはリープテイルが出現したバージョン4.0の話で、後のバージョン5.0では
フェイタリティ・コマンドの入力時はブロックを使ってもOKとなったのでソニアでも戦えるようになった