ノア


「すべて神が命じられたとおりにし、そのように行った。」

―創世記6章22節より。



ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖典『旧約聖書』の登場人物。英字で書けば「Noah」。
『創世記』5章から10章にかけて登場する物語の、実質的な主人公である。
創世記の記述に従うならば、人類の二度目の祖先ということになる。
キリスト教の正教会では「ノイ」、イスラム教においては「ヌーフ」と称され、
アブラハム、モーゼ(モーセ)、イエス、ムハンマドと共に五大預言者のうちの一人とされる。
聖典「クルアーン(コーラン)」にも「ヌーフ章」という名称で、単独で記述がなされている。
格闘ゲームとしては、聖書をネタにしたフラッシュゲーム『Bible Fight』に出演している。

人間が邪悪になったことに失望した大洪水で世界を滅ぼそうとするが、
良い心の人間は残そう」と思い、それに該当したノアとその家族のみは生き延びさせる為に、
配下の天使を通じてノアに対してその事実を告げる。
そしてノアに大きな方舟を造るように命じ、その言葉を信じたノアは方舟を建造。
その方舟に全ての動物を一組ずつと、自分の家族を乗せた。
(ちなみに方舟を建造する間、ノアは大洪水が来ることを前もって人々に知らせたが、
 他の人間は誰も信じなかったため、乗ってこなかった)
結局大洪水は起こり、40日間水は引かなかった上150日の間増え続け、その後箱舟はアララト山の上に止まった。
40日後、ノアは白鴉を放ってみたところ、7日後に放った白鳩がオリーブの葉をくわえて船に戻ってきた。
そこからさらに7日後に放った白鳩は戻ってこなかった。
それによりノアは「陸地が戻った」と確信し、箱船から下りて神に生け贄を捧げる。
それを見た神はノアに対して「もう二度と人類を滅ぼそうとはしない」と約束し、
証として空に虹をかけるのであった……

(旧約聖書『創世記』より抜粋・省略・改稿)

というのがメインストーリー。鳩が平和のシンボルになった元ネタでもある。

ちなみに聖書の記述に従って計算すると、ノアの年齢は100歳を軽く越える。
何せ 500歳 で息子をもうけており、箱舟の建造には数10年から100年の歳月がかかったと考えられるため
大洪水が発生した時点で最大 600歳 、洪水後960歳で死去したといわれる。
ただ、ノアの祖父のメトセラはさらに長寿で享年969歳、天寿を全うできなかった曾祖父のエノクでさえ、「365歳で神に連れさられてしまった」
というような歳の取り方をしている世界観なので、あまり「ノアは長寿だ」という扱いはされない。

何故このような人間離れした寿命を誇っているのかというと、
元々人類の祖たるアダムとイヴは不老不死でいつまでも若々しかったのだが、
知恵の樹の実を食べてしまった事により子孫ともどもいつか死ぬ身体になったとされる。
旧約聖書初期の人間がまだ長生きなのは、元々不死であったアダムとイヴに近い血肉の持ち主だからであろう。

日本人的には透明感のある女性的な名前に聞こえるのか本来は男性名なのに
『黒い瞳のノア』(わっふーじゃないよ)『白猫プロジェクト』『アイドルマスターシンデレラガールズ』など多くの(日本製)創作作品で女性名として使われ、本人が登場する作品でも『パズル&ドラゴンズ』のように美女の姿で描かれる事も多いノアだが、
『Bible Fight』では聖書に従い、マッチョなおじいさんとして登場する(逆な扱いをされているのがの名前。つまりとは別物)。
腕の錨の入れ墨と帽子がトレードマーク。ああ、鳩がオリーブ加えてきたってそういう…
その肉体を生かして大暴れするほか、洪水のイメージだからか津波を呼び寄せたり
方舟に乗っていたであろう動物の群れを召喚して攻撃することもできる。

…元ネタだと洪水は本人が起こしているのではないような気もするのだが、神にお願いでもしてるのだろう。
その神に対しても使っているが気にするな!
あと、洪水といいストライカーといい、とあるゲーム新約聖書の背徳者が元ネタのキャラと似ているのは神の悪戯か…。
逆に元ネタの方では「自分を辱める噂を広めた息子(ハム)を子孫代々まで呪った」という物騒な能力を持っていたのだが、これは採用されなかった。
まあ、効き始めるのが子孫の代からでは格ゲーでは全く役に立たないので当然かもしれないが。

なお、彼や洪水物語の元ネタはギルガメッシュ叙事詩に登場するウトナピシュテムという老人とされている。
(元々神話の時点で「ヘブライ人はメソポタミア地方の流れを組む民族だ」となっているので、その神話伝説が同一起源でも別におかしくはない。)

MUGENにおけるノア

The_none氏によるものが公開されている。
上から水を相手にぶつけたり、動物をつかって攻撃したり、昇龍拳をしたりなど、
原作通りの必殺技の他、格闘ゲーム向けの技もいくつか追加されている。
だが、キャラサイズが大きめで、しゃがむことができず、投げもない。
そして体力が残り僅かになると体が赤くなり、その時に投げと同じように、相手に近づきながら攻撃ボタンを押すと、
突然ブルース・リーが画面に現れ相手を蹴る技を使うことができる。
ガード不で体力がいくらあっても即死。もちろん原作にはこんな技など存在しない。
しかもゲージを使わないため、体力が減っている状態なら何度でも出せる。
幸い耐久力は低いので、体が赤くなったら近づかないようにして、一気に倒してしまおう。

AIも搭載されていて、configで0(弱)~3(強)で調整できる。

ちなみに、このキャラを改変したGod noahというキャラも存在するが、その名の通り凶悪キャラであり、
ガタノゾーア1Pを倒してしまうがRare Akumaにはあっさり負ける。
……どうでも良いが、ノアが「God」を名乗って良いのか?聖書的な意味で

参考動画


「ノアには……こいつには誰もかなわねえ……チャック・ノリスでも無理だ」

※:勝利ポーズで流れるボイス(の和訳)。元ネタはこちら。↓

+ 大会ネタバレ

出場大会

削除済み