パックマン


マリオと並んで世界でも有数の知名度を誇る、ナムコのビデオゲーム『PAC-MAN』*1に登場するキャラクター。
黄色のボディにパイカットのような口が付いてるだけの極めてシンプルな造形である。
プレイヤーはパックマンを操作し、追跡してくるモンスター達に捕まらないように、
迷路の中に散らばった「ドット(エサ)」を食べ尽くす事でゲームクリアとなる。


ピークを迎えたインベーダーブームの影響により、ゲームセンターには戦争を題材としたシューティングゲームが多く出回るようになっていた。
開発スタッフはゲームセンターの雰囲気を、殺伐としたものから和やかな場所へと転換する事を一つの方向性として企画し、
女性やカップルをメインターゲットに絞った。
パックマンの生みの親である岩谷徹氏は、キャラクター造形に関して、
「女性をターゲットに、『食べる』をキーワードに開発した。パックマンは丸いピザの一片を取って思いついた」と発言している。

それまでに市場に出回っていたゲームとは異なり、無個性に近かったゲーム登場キャラクターに対して明確な性格付けを行い、
ゲームシステムの簡易化(使うのは4方向レバーのみ)、コーヒーブレイクの導入(長時間プレイによる緊張の緩和)など、
意欲的なアイディアが盛り込まれ大ヒット作となった。
またゲームを飽きさせない工夫は敵の動きでも見られ、これまでの敵は「自機に向かって誘導・追尾する」というのが常識だったが、
このゲームでは「自機とは関係ない場所を狙う・追尾するポイントをずらす」といった工夫により、
常に行動予測がし辛く、またパターン化になり辛いという事から、プレイする度に敵の動きが変化していくという点も人気を博す事となった。

その後も『パックランド』『パックマニア』など続編が多数製作され、ナムコを代表するキャラクターとして、同社の『リッジレーサー』シリーズの隠し機体や、
『スマッシュコート』シリーズの隠しキャラおよび自作用コートのオブジェとして登場したり、同社のゲームの主人公の帽子のデザインになっている他、
某アーケードゲーマーのパンツのデザインになったり、はたまた清涼飲料のイメージキャラクターに起用されるなど、ゲスト出演も多い。
そして、米国では国内を上回る人気を獲得し、アニメやCD、キャラクターグッズなど400種類以上のライセンス商品が発売されたという。
また、パックマン稼働当時の家庭用ゲーム機がそこまでメジャーではない時代においては、LSIゲームなどでも移植、
もしくは模倣品が出回るほど、そのゲーム性に優れていた事も特徴的である
(当時の世代の人なら、純粋なライセンス版パックマンよりも、
 その模倣版ながら独自のアレンジで大ヒットを記録したエポック社の『パクパクマン』の方が記憶に残っている人も多いだろう)。
上記のマリオとも『マリオカート アーケードグランプリ』において共闘を果たしている。

2013年にはパックマン30周年プロジェクトとして、フル3Dアニメ『パックワールド』が製作・放映。
ビジュアルが一新されている。

+3Dのパックマン
である。
もちろん、普通にプレーするとこんな事にはならないので安心して欲しい。

ゲームの『パックワールド』ではアニメ版のビジュアルが元になっているのだが、こちらは海外向けにデザインされており、
ゴーストを一通り食べた後はゲップでゴーストの目玉を吐き出す。コレはゲームのみならずアニメでもやらかしていて、ちょっと下品。
すっげぇキモいデザインだな!
この作品ではイジケ状態でないゴースト達を脅かさずに食べられたり(イジケ状態にして食べた方が得点が高い)、
特殊なベリーを食べる事でゴーストを動けなくしたり直接攻撃を行えるようになる。


そして、パックマンは1980年に発売した業務用ゲーム機で「最も成功した業務用ゲーム機」として、『Guinness World Records』に認定されている。
また、1987年までに29万3822台を販売した実績が評価され、2006年度版のギネスブックから掲載されている。

(Wikipediaより一部引用)

+「ドットイート」と言うジャンルについて
上でも少し述べたが「ドット」(上では作品のノリからエサとしたが、正しい和訳は「点」)を「イート」(食べる)ゲームの事。
ただし、最初のドットイート作品はセガの『ヘッドオン』である。
尤も、ヘッドオンの登場キャラは敵味方共に自動車の為、「イート」とは言い難いが。
(ナムコもパックマンより後にドットならぬ「チェッカーフラッグ」(旗)を集める『ラリーX』と言うのを出している
 後のナムコ作品での残機UPターゲット「スペシャルフラッグ」初出の作品でもある(元祖は得点倍増ターゲットだったが))。
余談だが、かつてはセガのアーケード筐体を買うと、ヘッドオンを元とした『ドットリ君』と言う基板が付いてきたそうな。
(当時は基板が付いていない(≒未完成の)筐体を売る事が禁じられていたため)。

更に余談だが、シューティングゲームにおいて攻撃を一切行わず、ひたすら回避だけに専念してゲームを進行させるプレイを、
トレジャーの『斑鳩』の「ドットイーター」と言う称号から「ドットイート」と呼ぶ事も。
ただしこれに関しては「パシフィスト」(平和主義者。タイトー『ナイトストライカー』の「パシフィストボーナス」から)の方が通りが良いが。

+映画作品におけるパックマン
これだけ世界的な人気を獲得した事もあり、ついにはゲームから銀幕の世界へと進出した。

まずは2015年のアメリカ映画『ピクセル』。
この作品では、受け取った地球のゲームを曲解した地球外生命体が、尖兵として実体化させた存在という設定で登場した。
異常なまでの巨大な姿であらゆるものを四角いドット(ピクセル)へと分解し、食い尽くしていく様は正に絶望的な光景。

また、日本でも2016年末に公開された『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』にて登場。
Dr.パックマン を名乗る佐野史郎黒幕に新型バグスターウイルスとして利用されてしまい、
今度も『ピクセル』よろしく巨大化して仮面ライダー達をも食い尽くそうとする。
ここでは 「ゴーストに弱い」 という元のゲームの仕様が反映され、
仮面ライダーゴーストが弱点となり、戦いの決め手として活躍する事になった。

なお、『平成ジェネレーションズ』に登場したのはバンダイナムコグループという括りの中での融通が利いた面もあり、
その後のネットムービー『【裏技】仮面ライダーゲンム』では、
エグゼイドの強化形態・ パックアクションゲーマー として、今度はライダー側の力になっている。

格闘ゲームにおけるパックマン

格闘ゲームでは『ストリートファイター X 鉄拳』のPlay Station3/PS Vita版限定で参戦している。
身長不足を補うために木人を模したロボットに乗っているため、重量級キャラになっている。
公式でゲーマー設定のある吉光には好印象だったが、どうにも同時参戦のメガマンにインパクト負けしている気が……。

そして、2014年には『大乱闘スマッシュブラザーズFor3DS/WiiU』にゲスト参戦した。

これにより、任天堂カプコンセガ・ナムコの四大看板キャラが揃う事となった(残念ながらコナミは今回お休み)。
ゲーム内では記事冒頭のデザインで登場するが、ダッシュなどの一部の行動ではアーケードでの姿(ドットイート版)に変身する。
…正直食べたゴーストの目玉をゲップで吐き出すアニメ版のビジュアルじゃなくてよかったよ
また、彼のホームステージとして、
『3DS』では初代パックマンのフィールドを模したステージ、
『WiiU』では強制横スクロールステージ「パックランド」が登場する。

性能面はざっくり言うと、中〜遠距離を中心に戦う飛び道具主体の超トリッキーキャラ
2つの設置技で相手を寄せ付けず、隙を見て強力な飛び道具を叩き込む戦法が強力。
手足や口を使い、果てには4色のアイツらまで出現させる通常技自体は全体的に見るとあまり強力とは言えないが、そつが無く使いやすい。
必殺ワザはとにかくコミカルかつ強力で、わからん殺しに特化した性能。手慣れたパックマンと対峙した際には、
「崖を登って復帰したと思ったら、いつの間にか崖から落ちて死んでいた」
「避けた筈のリンゴが戻ってきて直撃し死んだ」
なんて事もよくある話。
バーストされない限りほぼ間違いなく戻って来られる異常な復帰力や、設置技による拒否性能、飛び道具の強さが評価される反面、
封印推奨とまで言われる掴み性能の低さ、バースト力不足、反射技を持つキャラに対する相性等が弱点として挙げられ、ランクはかなり下の方と言われている。
最大の難点は操作難度の高さ。
+各種必殺ワザ(以降「B」と表記)
各種必殺ワザ(以降「B」と表記)
  • フルーツターゲット(NB)
片手を上げてアーケードで出現するドット絵のボーナスアイテムを取り出し、再度入力する事で投げる。
もう一度Bを入力するまでの間にアイテムが変わっていき、それに応じて威力や吹っ飛ばし、飛ぶ軌道が異なってくる。
シールドで溜めを中断する事が可能。当たるとその場で消えるが、ギャルボス以降は貫通効果がある。
オレンジ以降は溜め時間が倍増。これは何気に原作を忠実に再現している。アイテム扱いなので、キャッチしてもう一度投げられる。
2回目以降はキャッチできなくなるが、空中で掴みボタンを押すアイテム離しだと何度でもキャッチ可能。
フルーツは場に1個しか出せないので、敵にキャッチされると立ち回りが途端に弱くなる点には気をつけよう。
なお、アイテム離しでぶつけてもフルーツ自体の威力は変わらない。
チェリー:すぐに投げられるためか、飛距離と威力は控えめ。
イチゴ:飛距離と威力が増したチェリーといった性能。小さく山なりに飛ぶため、復帰妨害に。
オレンジ :まっすぐ飛ぶ。当たるとやや水平気味に吹っ飛ばせる。
リンゴ:斜め下に投げ、何度も跳ねながら進む。吹っ飛ばし力が高く、バーストに一役買ってくれる。
メロン:ゆっくりと小さな山なりで進む。威力と判定に優れる。
ギャルボス:少しまっすぐ進んだところで宙返り。多段ヒットが狙えるコンボ向けの性能。カキ氷ではない
ベル:大きく山なりに飛び、頂点に達したところで真下に落下。痺れ効果がある。プリンではない
カギ:まっすぐ飛ぶ。威力と速度はフルーツターゲットの中で最高の性能。

  • パックンジャンプ(上B)
アーケードでの姿に変身し、マッピーに登場するトランポリンでジャンプ。
トランポリンはその場に留まり、対戦相手も含めて三回利用可能(青→黄→赤)。
黄色の時が最もジャンプ力が高く、赤色の時に乗ると跳ねずにしりもち落下となる。
踏むと強制的にジャンプさせる設置技としても機能し、とりあえず敷いておくだけでも相手の動きを大きく制限可能。
相手と密着して使えば発生1fのガード・回避無効技に早変わり。
何気に凶悪。

  • 消火栓(下B)
足元に消火栓を設置。
その後は上か左右に二回放水し、パックマンや相手を押し出す(ダメージは無い)。
消火栓に13%のダメージを加えると吹っ飛び、相手に強烈な一撃を与える事ができる。
相手も同様に消火栓を吹っ飛ばせるので注意。

  • パワーエサ(横B)
スティックで距離や軌道を調節した後にアーケードでの姿に変身し、その道に沿ってパワーエサを食べつつ突進。
パワーエサを食べると突進の威力と吹っ飛ばし力が上がる他、スーパーアーマーも付加される。
調節中に相手の攻撃がパワーエサにヒットした場合、行動が中断され、パワーエサは2%の回復アイテムとして残る。
相手の飛び道具と相殺させるなんて芸当も。
落とした後は拾って回復するも良し、たかが2%と割り切り相手に存在をちらつかせるも良し。
使用後はしりもち落下にならないため、パックンジャンプと組み合わせるとバーストされない限り必ず復帰が可能な程の復帰力を持つ。

スーパーエサを食べて巨大化しながらアーケードでの姿になり、
一定時間アーケード版と同じ感覚でスティック操作する事になる。
相手に当たると得点表示のエフェクトと共に食べて攻撃する(相手は原作での食べられたイジケモンスターの姿になって吹っ飛ぶ)。
『SP』では画面上を高速で縦横無尽に駆け回るものに変更。スティック操作で移動方向を若干調整できる。


MUGENにおけるパックマン

MUGENでは3種類のパックマンが確認されている。
キャラ以外では、おつかい氏のリック・テイラーがドットイート版を召喚する他、
ナムコの波動に目覚めたあのキャラ必殺技に敵モンスター共々使われていたりする。

+leonardo氏製作 『PAC-MAN』ベース
  • leonardo氏製作 『PAC-MANベース』
レオナルドと同じ作者が製作した、ドットイート版をベースに作られたパックマン。
ただし、このキャラは最新版MUGENで使おうとするとエラーが出て使えないので、キャラファイルを修正する必要がある。

+作者不明 『ハロー!パックマン』ベース
  • 作者不明 『ハロー!パックマン』ベース
SFCソフト『ハロー!パックマン』のスプライトを使用して製作されたパックマン。
詳細情報求む。

+RoySquadRocks氏製作 スマブラ風
  • RoySquadRocks氏製作 スマブラ風
『大乱闘スマッシュブラザーズFor3DS/WiiU』で使用している必殺ワザが搭載されたパックマン。
フルーツや消火栓を用いたワザが忠実に再現されている他、
ドットイート版に変化しての攻撃や、超必殺技では同社の『ギャラガ』や『ディグダグ』のキャラを召喚する。
ボウスも『ハロー!パックマン』のものが搭載されている(といってもリアクションなどの掛け声のみだが)。
AIもデフォルトで搭載されており、3種類のdefファイルを使い分ける事により、強さを3段階に調整できる。
なお、最大レベルのもののみWinMUGEN専用と新MUGEN専用の2種類が存在するので、必要に応じて使い分けられたし。
参考動画(05:17~)


パックマン無双(08:00~)

出場大会



*1
最初期は『PUCK-MAN』表記だった事もある。
現在の表記に変更されたのは「ヤバイ単語」を連想させてしまうからだろう。
というか、改造基盤の中には実際に「ヤバイ単語」にされてしまったものも存在する。