パックマン


マリオと並んで世界でも有数の知名度を誇る、ナムコのビデオゲーム『PAC-MAN』*1に登場するキャラクター。
黄色のボディにパイカットのような口が付いてるだけの極めてシンプルな造形である。
プレイヤーはパックマンを操作し、追跡してくるモンスター達に捕まらないように迷路の中に散らばった
「ドット(エサ)」を食べ尽くすことでゲームクリアとなる。


ピークを迎えたインベーダーブームの影響により、ゲームセンターには戦争を題材としたシューティングゲームが
多く出回るようになっていた。
開発スタッフはゲームセンターの雰囲気を殺伐としたものから和やかな場所へと転換する事を一つの方向性として企画し
女性やカップルをメインターゲットに絞った。パックマンの生みの親である岩谷徹氏は
「女性をターゲットに、『食べる』をキーワードに開発した。パックマンは丸いピザの一片を取って思いついた」
と、キャラクター造形に関して発言している。

それまでに市場に出回っていたゲームとは異なり、無個性に近かったゲーム登場キャラクターに対して明確な性格付けを行い
ゲームシステムの簡易化(使うのは4方向レバーのみ)、コーヒーブレイクの導入(長時間プレイによる緊張の緩和)など
意欲的なアイディアが盛り込まれ大ヒット作となった。
またゲームを飽きさせない工夫は敵の動きでも見られ、これまでの敵は「自機に向かって誘導・追尾する」というのが
常識なものだったが、このゲームでは「自機とは関係ない場所を狙う・追尾するポイントをずらす」といった工夫により
常に行動予測がし辛く、またパターン化になり辛いという事から、プレイする度に敵の動きが変化していくというのも
人気を博す事となった。

その後も『パックランド』『パックマニア』など続編が多数製作され、ナムコを代表するキャラクターとして
同社の『リッジレーサー』シリーズに隠し機体として登場したり、同社の『スマッシュコート』シリーズにも隠しキャラや自作用コートのオブジェとして登場したり、同社のゲームの主人公の帽子のデザインになってる他、
某アーケードゲーマーのパンツのデザインになったり、はたまた清涼飲料のイメージキャラクターに起用されるなどゲスト出演も多い。
そして米国では国内を上回る人気を得、アニメやCD、キャラクターグッズなど400種類以上のライセンス商品が発売されたという。
また、パックマン稼働当時はまだ、家庭用ゲーム機がそこまでメジャーではない時代においては、LSIゲームなどでも
移植、もしくは模倣品が出回るほどそのゲーム性に優れていたことも特徴的である。
(歳相当の人なら、純粋なライセンス版パックマンよりも、その模倣版ながら独自のアレンジで大ヒットを記録した
エポック社の『パクパクマン』のほうが記憶に残っている人も多いだろう)
上記のマリオとも『マリオカート アーケードグランプリ』において共闘を果たしている。

2013年にはパックマン30周年プロジェクトとしてフル3Dアニメ『パックワールド』が製作・放映。
ビジュアルが一新されている。

+ 3Dのパックマン


そしてパックマンは、1980年に発売した業務用ゲーム機で「最も成功した業務用ゲーム機」として
Guinness World Recordsに認定されている。
1987年までに29万3822台を販売した実績が評価され、2006年度版のギネスブックから掲載されている。

(Wikipediaより一部引用)

+ 「ドットイート」と言うジャンルについて

+ 映画作品におけるパックマン

格闘ゲームにおけるパックマン

格闘ゲームでは『ストリートファイター X 鉄拳』のPlay Station3/PS Vita版限定で参戦している。
身長不足を補うために木人を模したロボットに乗っているため、重量級キャラになっている。
公式でゲーマー設定のある吉光には好印象だったが、どうにも同時参戦のメガマンにインパクト負けしている気が……。

そして2014年には『大乱闘スマッシュブラザーズFor3DS/WiiU』にゲスト参戦した。

これにより、任天堂カプコンセガ・ナムコの四大看板キャラが揃うこととなった(残念ながらコナミは今回お休み)。
ゲーム内では記事冒頭のデザインで登場するが、ダッシュなどの一部の行動ではアーケードでの姿(ドットイート版)に変身する。
…正直食べたゴーストの目玉をゲップで吐き出すアニメ版のビジュアルじゃなくてよかったよ
また、彼のホームステージとして、
『3DS』では初代パックマンのフィールドを模したステージ、
『WiiU』では強制横スクロールステージ「パックランド」が登場する。

性能面はざっくり言うと、 中〜遠距離を中心に戦う飛び道具主体の超トリッキーキャラ
2つの設置技で相手を寄せ付けず、隙を見て強力な飛び道具を叩き込む戦法が強力。
手足や口を使い、果てには4色のアイツらまで出現させる通常技自体は全体的に見るとあまり強力とは言えないが、ソツが無く使いやすい。
必殺ワザはとにかくコミカルかつ強力で、わからん殺しに特化した性能。手慣れたパックマンと対峙した際には、
「崖を登って復帰したと思ったら、いつの間にか崖から落ちて死んでいた」
「避けた筈のリンゴが戻ってきて直撃し死んだ」
なんてこともよくある話。
バーストされない限りほぼ間違いなく戻って来られる異常な復帰力や設置技による拒否性能、飛び道具の強さが評価される反面、封印推奨とまで言われる掴み性能の低さ、バースト力不足、反射技を持つキャラに対する相性等が弱点として挙げられ、ランクは中のやや上辺りをキープしている。
最大の難点は操作難度の高さ。
+ 各種必殺ワザ(以降「B」と表記)


MUGENにおけるパックマン

MUGENでは2種類のパックマンが存在する。
キャラ以外では、おつかい氏のリック・テイラーがドットイート版を召喚する。

+ leonardo氏製作 『PAC-MAN』ベース
+ 作者不明 『ハロー!パックマン』ベース
+ RoySquadRocks氏製作
あとナムコの波動に目覚めたあのキャラ必殺技に敵モンスター共々使われていたりする。

8:00~パックマン無双 http://www.nicovideo.jp/watch/sm7253225

出場大会



*1
最初期は『PUCK-MAN』表記だったこともある。
現在の表記に変更されたのは「ヤバイ単語」を連想させてしまうからだろう。
というか、改造基盤の中には実際に「ヤバイ単語」にされてしまったものも存在する。