リナ

    
 名前:LINA
 本名:不明
 年齢:不明
 現住所:住所不定(現在は有栖川区のどこかに潜伏中)
 身長:2m
 体重:100kg(フル装備時は1t)
 3サイズ:B88 W59 H90
 足のサイズ:27cm
 好きな食べ物:ロボ〇タンAポリゴン
 嫌いな食べ物:
 好きなもの:グローシェーディング
 嫌いなもの:海、塩水……さびちゃう!
 好きな色:1670万色(フルカラー)
 理想の男性:カタい人
 趣味:自分の改造
 チャームポイント:毒ヒール

 「私は美しきバトルマシン!!あなたは負けて当然なのよ!」


テクモ制作の格闘ゲーム『闘姫伝承 ANGEL EYES』の登場人物。
3Dレンダリング技術で描かれた、半分機械の長身の女性である。
CVは柏平佳代。ハイウェイスターの声も担当している。

本名その他一切不明。
某国で起きた事件のせいで瀕死の重傷を負うが、サイボーグとして蘇った。
そのまま要人の暗殺を行っていたが、自分の記憶を取り戻すために脱走。
天使を巡る戦いに巻き込まれていくことになる。

性能は、長い間合いと攻撃力を生かしたパワーキャラ。
……なのだが、この手のキャラの常としてコンボが不得意で、全体的な攻撃の出も遅い。
必殺技も対空技の「ムーンブレイカー」はそこそこ使えるものの、連続ヒットしないものが多い。
そもそも『闘姫伝承』はコンボに逆補正がかかり、「即死コンボに組み込めない技は全て糞技」とまで言われるほどの
ハイスピード即死コンボゲーである。
単発火力が少しばかり高いと言ってもサムスピほど高いわけでもなく、
いや、仮にサムスピ並に高かったとしてもロクにコンボ出来ない時点で結果的に低火力となってしまうのだ。
結果、投げキャラマリー&キングと並ぶ弱キャラとして認知されることとなってしまった。

それだけならまだしも、ムチムチのボディを3Dレンダリングしたため外見がかなりとんでもないことになっており、
その上世界観からもかけ離れているものだから、ファンからは色々とネタにされるハメになってしまった。合掌。

PS移植版では、グラフィックが2Dになった「リナ2」というキャラも追加された。
サイボーグとなったリナを模して作られたロボットであり、脱走したリナを追跡する任務を帯びている。
基本的な技性能は同一だが、後発機だから改良されたのか攻撃時に手足がドリルに変形したり、「自爆」なる怪しげな技も搭載されている。

+ 実際のところ身長2mでW59ってどうなんだ
+ 家庭用ストーリーモードネタバレ

MUGENでは

サクラカ氏による家庭用で追加された2Dドット絵仕様のものが公開されている。
「リナ」と「リナ2」のどちらもあり、基本的には同じだが、リナ2のほうにはオリジナル必殺技「J.P.S」が搭載されている。
ガード不能の乱舞技なため、5ゲージ消費と燃費が悪いことをのぞけば使いやすい。
また、リナの方にもオリジナル必殺技「LINASPACIAL蒸着」があり、同氏製作の「恋するレイカ」同様に一定時間3D化し、性能がいろいろとアップする。
女性キャラと脱衣KO好きで知られるサクラカ氏であるが、リナに限ってはゲーム本編のストーリーを尊重したまた別種の特殊KOが用意されている。
リナ2と対戦した時の特殊イントロ(かなり長め)とあわせて必見の出来である。

現在はNS氏の外部AIが「リナ」「リナ2」セットで公開されている。

 「私の戦闘プログラムはまだフル稼働していないのよ」

出場大会

凍結
リナ2

出演ストーリー