ストロングガイ


アメリカのマーベルコミックの人気シリーズ『X-MEN』に登場するヒーロー。
初出は1985年の『New Mutants (Volume 1) #29』になる。
上半身がごつくて下半身が細く、髪の毛はほとんどない。両目のゴーグルがトレードマーク。

本名は グイド・カローセラ グイードの日本語表記も。
ニューヨークのラインベックにて、イタリア人労働者の両親の下に生まれる。
だが、両親は落ちてきたスペースデブリのせいで死んでしまい、叔父夫婦の元で育てられる。
生まれつきのミュータントだったようで、小学校でバスにはねられたことで能力が完全に開花した。
その後、遺産がなくなったことでボディガードとして働き始めるが、紆余曲折あってX-Factorsに入った。

能力は、名前通りの非常に強力なパワーが一番に目立つ。
その腕力はハルクに匹敵するほどで、スタミナも同じぐらいに優れている。
また、物理エネルギーを吸収して自分の腕力に転化する能力も持っている。というか、こっちが本来の能力。
相手が強ければ強いほどこっちの攻撃力も上がる便利能力だが、受けたエネルギーは90秒以上保持しておけず、それが過ぎると体の中で暴発する。
彼の「上半身がごつくて下半身が細い」体型も、バスにはねられたときの運動エネルギーが体をゆがめたせいである。

性格は見た目によらず繊細で、あまり他人に本心を見せない。
自分の能力の反動で常に全身に鈍痛が走っているが、よほど親しくないとそうと察せないほどである。
ミュージカルの喜劇役者や舞台コメディアンとしての才能もあり、ニューヨーク大学から舞台芸術の学士号ももらっている。
欧米においてはコメディアンというのは、かなりインテリでないと務まらない事が多く(チャップリンやモンティ・パイソンはその典型である)、
被差別対象のミュータントであるにも関わらず学士号が取れたというのは、彼が見た目通りの脳筋ではないということの証拠だと言える。

MUGENでは

McCready氏による『VSシリーズ』仕様のものが公開されている。
やはりというかパワーキャラで、投げ技や突進技はあるが飛び道具のたぐいは持っていない。
超必殺技の「Touchdown」は ブロッキングされると即座に投げに移行する という素敵な性能である。
また、独自の要素として「キネティックバー」が搭載されており、ダメージを受けると増えていきダメージを与えると減る。
最高で5段階まであり、増えるごとに攻撃力が上がっていき、最高で200%までパワーアップする。

出場大会