クラリーチェ・ディ・ランツァ





      「あらあら。おいたが過ぎますと

     おしおきしちゃいますよ?」
初出作品: アルカナハート2
格闘スタイル:本能
出身地: 国籍:バチカン/現住所:千代田区神田駿河台 アルテダ大聖堂
誕生日: 5月12日(おうし座、年齢は不明)
身長: 162cm
体重: 53kg
スリーサイズ: B87 W58 H89 
血液型: O型(に相当する)
好きなもの: 焦げたアンパン
趣味: 読書
苦手なもの: お酒
特技: 教会での奉仕活動
家族構成: 不明
得意な科目: 悪魔学
苦手な科目: 人間社会の一般常識
所属(学年、部活): 西欧聖霊庁対策実行本部 特務1課
キャッチコピー: 「人化の罪を負いし魔界公女」
関連キャラクター: リリカ - 頼子 - ペトラ - エルザ


キャラクター概要

アルカナハート』シリーズに『2』から登場するキャラクター。愛称は「クラリス」。
担当声優は『うみねこのなく頃に』のベアトリーチェなどで知られる大原さやか氏。
おい今ババリーチェって言ったヤツ出て来いよ!ぶっ飛ばしてやるよ俺が!!
大原氏はアニメ『FAIRY TAIL』で相棒と同じ名前のキャラ「エルザ・スカーレット」役を演じていたりする。

 バチカンの城壁内側に封じられている西欧聖霊庁の双璧とされる修道女の片割れ。
 たとえ殺生をする時でも絶やさない笑顔とキツネ目が特徴。
 現在はヴァチカン市国でシスターとして働いているが、その出自は魔族であり、純粋な魔族らしい大きな翼を持っている。
 翼は普段は隠しているが、戦闘時には大きく広げられる(ローブから悪魔の翼をのぞかせている)。
 魔界でも上流階級の家系にあるようで、リリカの父・ライゼルや魔王ミケランジェロとはかねてからの知己。
 そのライゼルの影響を受けて物質界に興味を持ち始め、自ら物質界に行くようにもなったらしい。
 しかし、その結果として西欧聖霊庁に命を狙われるようになってしまい、送り込まれたエルザと不本意な死闘は相討ちに終わる。
 深手を負わせ瀕死となったエルザだけでなく自身も死を待つばかりの身となるが、
 エルザを救うため「罪と罰」を背負うことを条件に、罪のアルカナであるサルヴァーチと契約。
 結果クラリーチェは人の姿となって物質界に縛り付けられ、エルザ同様不老となってしまう。
 だが本人は人間界の暮らしを楽しみ、親友になったエルザと行動を共にしている。
エルザを守ることが自らの使命であると考えており、彼女を傷つけた相手に対しては殺生も辞さないことや、
『3』の勝利デモで「私には、エルザという大切な人が・・・」と、直接的な発言をしていることから、アルカナ勢第二のガチ百合とも呼ばれる(第一はこの人)。
ちなみに、このセリフが出る勝利デモは 約30秒 と言う長い長い寸劇。
いくらスキップできるからとは言えやりすぎではなかろうか。

エルザ同様、年齢に関しては明確な描写が無い。
ただし、リリカに対して「フェルフネロフ公(ライゼル)とはもう 50年以上 も会っていない」と発言しており、
少なくともそれ以上の年数を生きていることは確か。
アンジェリア・アヴァロンからは年増呼ばわりされている。
また、『3』の新キャラであるえこからは「クラリスおばちゃん」と呼ばれ、「おねえちゃん呼びなさい」と強く訂正を求めている。
さらに同じく新キャラのシャルラッハロートにも「おばさん」呼ばわりされている。しかもこっちは相方と一括りで「おばさんたち」とも。
クラリスはともかくエルザも珍しく怒っていたあたりふたりとも気にしているのだろう
『2』の攻略ムック下巻に収録された短編小説では「物質界にきて数十年」とあるため、上記の50年以上と合わせるとかなりの年齢になる。

性格はおおらかで、些細なこだわりも少なく、人生を楽しんでいる。
「あらあら、まぁまぁ」*1と基本的には穏やかな態度と糸目の笑顔を絶やさないが、ミケから見ると「笑っている ような 顔」らしい。
元が魔族なので人間界の常識に疎いのか、寝ながら本を読んだり、本を散らかしたり、
果ては勝手にあんぱんをつまみ食いするなどして、エルザにこっぴどく叱られている。
もっとも公言はしていないが、本人はこれらの悪癖を直そうとしているなど、人間界の常識を覚えようとしている。
エルザが春日舞織と仲良くしているのを快く思ってはいないようで、
ドラマCDではお子様ビールを始めだす有様(ちなみにそのシーンでは冴姫も同調し、一緒に一気飲みをする展開も。その後2人は互いを励ましあう仲になったらしい)。
『3』では対舞織との掛け合いで「憎しみで人が殺せたら・・・!」と 地面が揺れるほどの 殺意嫉妬心を剥き出しにしている。
しかし、勝利時には「憎たらしいけど、エルザに嫌われる方が嫌」といった趣旨の事を泣きながら語っている。

上記のような状況やエルザ撃破後、「イル・リズヴェッリオ」などでは魔族としての本性を表わす。
また、目を開いた姿は「イル・リズヴェッリオ」発動時と、ストーリーモードのラストステージなどで確認できる。
ミケに対しては敬語を使いながら挑発したり、
リリカを口説いて動揺する様を楽しんだりと他人を玩具にしようとする性癖がある。
それが原因でリリカには毛嫌いされているが、ドラマCDでは「隣に座るな」と不機嫌になったのみで、
彼女の愚痴を聞くシーンもあったりするので完全に嫌われているわけではないらしい。
畏まった丁寧な口調もミケ曰く「上辺だけ」であり、本来は魔族特有の嗜虐性に満ちていると推測される。
ゼニア・ヴァロフからも「西欧聖霊庁の双璧の片割れ・・・それも 腹黒い方 か」と言われるほど。

「イル・クローマ」で召喚される角をもった獣のような悪魔は、30の軍団を指揮する魔界の大公爵「クロマシアス」。
元ネタは恐らくソロモン72柱の悪魔「マルコシアス」と思われる。
担当声優は宮本克哉氏。
悪魔にしては珍しく嘘や曲がったことを嫌う実直な堅物。
昔クラリーチェに助けられたことに恩義を感じており、必要とあれば力を貸すことがあるが、本来ならばクラリーチェより格上の悪魔らしい。
「以下省略♪」と適当に略された術式でも「手順は守れよな・・・」と愚痴りながらも来てくれるあたり、相当義理堅い。
身長や体重などは自由に変えることができるため、物質界での活動も可能。勝利シーンでも現れることがある。
当たり前だが魔王ミケランジェロの配下であり、「優秀な部下」と高く評されている。
ライゼルとも知り合いな他、マーリンとも面識がある模様。

+ そっくりさん?


原作での性能

ジャンプなどの縦の動きは緩いが横の動きは素早く、必殺技はどれもリーチが長いため、素早い動きと突進からの奇襲を得意とする。
通常技も性能が高く、中でも 発生1F と非常に早くガード崩しや確反などに使う下段の4Cは脅威そのもの。
ただし、『すっごい!』からはダメージが増加したものの補正が大きくなった影響が強く、
コンボに組み込むとダメージが極端に下がるように。
出るまでは早いがその後の隙が大きく、さじ加減も難しいため闇雲に使うのは危険だが、それでも十分な性能を持つ。
しかし、通常技はリーチが異様に短い上に、ジャンプキャンセルできる地上技が立ちA以外に無いため、対空やガードキャンセルには弱い。
裏を返せば、近距離は通常技、遠距離は必殺技と使い分けが容易であるとも考えられなくはないが。

あらゆる局面から連続技を狙える上に不利なキャラがほとんど居ないため、頼子と並んで強キャラの中でも一歩抜きん出た存在とされる。
『すっごい!』以降は弱体化も目立つが、それでもなお評価は揺るぐ様子がない。
『3』では性能こそ悪くないものの、ゲームスピードの上昇と火力の増大により紙であることがかなり痛くなり、中堅から下位とされている。
しかし下段の発生が1Fの表裏中下段+コマ投げの5択で、どの択も詐欺飛びによる無敵技対策が可能という崩しの強さや、
アルカナハートのとある仕様を活かしたバグに近い補正切り、
位置入れ替え重視・運び重視・起き攻め重視など多彩なコンボ、
多段技と4Cによる相殺戦、
自前で高性能な飛び道具や切り返し技を持っているためにかなり広いアルカナ選択の幅など、かなり高いポテンシャルを秘めており、
型にハマった時のクソゲーっぷりは上位キャラに未だ引けを取らない。
ちなみに、同作品内では朱鷺宮神依や舞織と同様に、足技が存在しない

主なアルカナ選択としては、風のアルカナによるさらなる高速化や、
長所を伸ばした上で短所も補える光のアルカナが鉄板とされる。
火・時・闇辺りの高火力連携も見物。
たまにキャラ対で水や花。
2.6以前では聖も鉄板の一つだったが、3ではシステムに恵まれずに不人気。

欠点の一つとしては、全キャラ中一番のであること。
ジラエルを選択し、かつ相手がカシマールだった時には体力が標準の76%まで下がる。
これがどれほどかというと、大道寺きらのラスマゲ一発で昇天してしまうレベル。

必殺技は 画面の75%を切り裂く 「ラ・グランフィア」(通称:)が強力。
牽制・連続技等で使い方を覚えなければならない最も重要な技である。
タメ押しの「タルダ」や追加で出す「ドゥーエ」も併せて覚えておくべし。
『3』では真上方向に爪を出す事も可能になり、きら様のボディプレスを一方的に押し返したり、空中の相手に表裏択を迫ったりが可能となった。
相手の位置にここですか?とばかりに真空刃を発生させる「ラ・バレストラ」は相殺を起こさない単発技。
C版は相手の後ろに移動して遅れて攻撃判定が出現するので、画面端からの脱出に使ったり、アルカナ技を絡めた左右の揺さぶりで活躍。
コマンド投げの「ラ・カテーナ」は、突き飛ばした瞬間ホーミングキャンセルや超必に繋げられる。
ただし補正もすっごいので、追撃を含めたタメージ量はあまり期待できない。
しかしEFCが追加された『3』では7500(3割ちょい)ものダメージを取る事ができるようになった。
アルカナハートの投げとしてはかなりのダメージである(水カナの超必コマンド投げが6400ほど)。

超必殺技も粒揃い。
画面端まで爪で斬りつける「イル・フラコ」は、ダメージこそ頼りないが根元を当てれば発生3F・相殺不可と切り返しには非常に優秀。
魔法陣を展開する「イル・ラピメント」は魔法陣に相手が入ると少しずつ体力を吸収していく技で、紙のクラリーチェにはありがたい技。
相手のコンボを安く済ませたり、こちらのコンボの底上げにも使えるため、ゲージを全てこれに使うのも戦法のひとつである。
『3』ではゲージ吸収に切り替えることも可能になった。
一方で、前述の「イル・クローマ」は詠唱を「以下省略♪」しているにも関わらず 発生117F(約2秒) と遅く、うかつに出せばフルコンを貰いかねない。
とはいえ、出すことさえできれば非常に広い効果範囲の上に、全段ヒットすればクリティカルハートと見紛うほどの威力を持つ。
なかなかその機会は訪れないものの、研究の成果もあって一部アルカナでは活用法が見出されている。
『3』ではマルコシアスがその場で炎を上げるだけのフェイント版である「イル・ティローネ」が追加され、イル・クローマを潰そうと不用意に接近してきた相手に痛打を与えることができるようになった。
ただし、こちらも発生は遅いためフェイントなのに潰されることもある。
この技の真価は「4Dで回避しきれない空中ガード不能技」であることで、
画面端で受身狩りに使うことができる他、
闇のアルカナには相手をスライム化させた後に確定でこれを叩き込める連携が存在しており、凄まじい火力を叩き出す。

クリティカルハートは「イル・リズヴェッリオ」。
これ自体は2ゲージだが、準備に1ゲージかかるので実質3ゲージ。
超必の「イル・ラピメント」で魔法陣を展開中にのみ発動可能で、魔法陣の全域が攻撃判定。
ヒットすると相手をロックして上空に打ち上げ、真上に上昇ざまに一閃する。
エクステンドフォース展開中は、真横へ切りつけた後に上昇しながらもう一度切りつける。
充分な無敵時間と相殺不可の特性を持ち、直で当たれば体力を4割ほど消し飛ばす。EF中は突進がもう1発追加されダメージも2割ほど増加。
しかし、補正が重いためコンボには向かない。
割り込み技としての性能は優秀な部類に入るが、ぶっぱは厳禁。
というのも、ガードされたり空振ったりすると「な~んて、冗談ですよ♪」と指を振り出し、絶望的な隙を晒すハメになる。
『すっごい!』でガードクラッシュが追加されたが、この隙では焼け石に水。
一応、顔の前で振っている人差し指にも攻撃判定があり、密かにガード不能だったりする。
ちょっとした技ならこれで相殺も可能。

ちなみに、「イル・リズヴェッリオ」発動時はカットインで目を見開いているだけでなく、ヒット時の演出をよく見ると全裸 になっている。
そのため、トレーニングモードでこれをひたすら出し続けたり、
画面に対して後ろ向きなことが納得いかずに
「イル・リズヴェッリオでこっちを向かないバグはいつ修正されるんだ!?」
という魂の叫びをあげる紳士達を生むこととなってしまった。

+ アルカナハート3、及び3LOVEMAX!!!!!での性能ついて

+ 参考動画


契約アルカナ

契約アルカナは、罪のアルカナ「サルヴァーチ」。
不老不死の果実を食べ、「この世のあらゆる咎を浄化する」という呪いを受けた女性が高次の存在となった。
上半身を包帯のようなもので縛り、鋭い尻尾を持った蛇女のような姿をしている。楔のような尻尾は対峙した者の罪の重さによって鋭さを変える。
罰のアルカナの「カシマール」と対になる存在でもある。
物質界で活動するための憑体を探していた時に傷ついたエルザとクラリーチェと出会い、クラリーチェと契約。
クラリーチェが「この世の咎を浄化する」ために活動する限り、かりそめの命と力を与える。

防御力が高めかつ攻撃力も上がる為、能力補正はかなり良いが、アルカナ技を使用する際に自身の体力を消費していく諸刃のアルカナ。
途中でランダムに軌道を変えユラユラと漂う飛び道具「ボーリ」や、空中ガード不可の「アサーダ」など技の使い勝手は良い。
空中に相手の攻撃に反応して発動する罠を設置する「ザサーダ」、「ボーリ」を一度に4発出現させる「クローフィ」は起き攻めにも有用。
自分の残り体力が少ないほど攻撃力が増大するブラスト「ジェールトヴァ」も、鋼のアルカナの55%増には及ばないが、最大50%増まで増えるので起死回生を狙える。
ブレイズの「プリガヴォール」は発生が早く、コンボに組み込んでも使えて便利。
さらに空中ガード不可なため、N受身や端での後ろ受身を狩ることもできる
エクステンドフォースを展開すると根性値に応じて攻撃力が増大するため、瀕死で展開するとすさまじい攻撃力を叩きだせる。


MUGENでのクラリーチェ・ディ・ランツァ

Ina氏とアフロン氏によって『2』ベースのクラリーチェが製作されている他、barai氏が『3』ベースのクラリーチェを製作している。
『2』ベースのキャラはPS2版『ひっどいすっごい!』の画像を使用しているため、ドットのジャギーが目立つのが難点。
どのキャラもB版「ラ・グランフィア」が画面の端から端まで届くほどのリーチがあり、
舞織の人間弾幕やペトラの跳弾と同様に、原作より画面の狭いMUGENでは強化された形になっている。

  • Ina氏製作版
最初に公開されたクラリーチェ。
現時点では仮完成版で、クリティカルハートを含めた全ての技が実装されている。
アルカナは愛、雷、時、樹、風の5種類を搭載。
原作でも猛威をふるった4Cや爪がほぼそのままに実装されているので、MUGENでは更なる脅威と化している。
ただし、4Cの発生は1FのままだとAIにはガード不能になるため2Fになっている。

キャラ本体にAIは搭載されていないが、切干氏と蜂百合氏によって外部AIが製作されており、蜂百合氏は本体の配布も行っている。
切干氏のAIはコンフィグで爪の使用頻度などを設定可能で、設定によっては「ラ・グランフィア」だけでそこらの強キャラ程度では手も足も出せなくなる。
現在切干氏のAIは公開停止中であり、動画使用には一部制限が有るので注意。
蜂百合氏のAIは10段階にレベルの調整が可能な他、コンフィグで細かい設定ができる。
更にこのAI独自の追加要素として、強化モードが追加されており本体性能も強化できる(デフォルトではOFF)。
強化モード1では防御力とパワーゲージ増加量が上昇、強化モード2ではIna氏製朱鷺宮神依BOSSモード相当の強化となる。
具体的には攻撃力、防御力、ホーミングゲージ回復速度、パワーゲージ増加量の強化、ゲジマシ、一部技の強化といった内容。
この強化モード2でAILv9かつ雷のアルカナ固定ならば、エルクゥやボス神依を圧倒し、裏ゼノンSACHIELに土を付ける狂中位となる。

デフォルトの状態ではドットのジャギーが目立っているが、670氏と夜目氏によって画像を『3』の綺麗なものに差し替えるパッチが製作されている。
また、E-FRY氏が音質・音量を調整したSNDファイルを製作しており、こちらはゴースト氏によって代理公開されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14874813

  • アフロン氏製作版
Ina氏製作版と同じく、こちらも本人の技に関してはクリティカルハートを含めて全て実装されている。
ただし、アルカナやアフロン氏製作キャラ恒例の勝利メッセージ画面などは未搭載の他、クリティカルハートのガード弾きが原作とは違う。
キャラ本体は現在入手不能の模様。
デフォルトのAIは存在しないが、蓬莱氏が製作した外部AIが2010年2月25日の キャラ公開同日 にスレに投下された。

月刊MUGENランキング』2010年2月号にて蓬莱氏AIと共に紹介されている。
6:05~
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9957369

  • barai氏製作版
『3』ベースで製作されたクラリーチェ。そのためデフォルトでドットやエフェクトが綺麗。
更新によってかなり原作の仕様に近づいたが、未実装の要素やアレンジされている部分も多い。
ちなみにDisplayNameこそ"Clarice"だが、Nameはなんと"obachan"。
あんまりな話ではあるが、おbsnよりはマシ・・・か?

アルカナはオリジナルの「黄金のアルカナ」のみが搭載されており、中の人ネタで煉獄の七姉妹を召喚して攻撃する。
リニューアル前に搭載されていたシエルの技が使える「シリエル」なるアルカナは削除されたが、アルカナ超必殺技の「イル・セブンスヘブン」にその名残が見られる。
「罪」と同じく、アルカナ技使用時に体力を消費する点には注意が必要。
また、イル・クローマ使用時にクロマシアスの代わりに『うろブラ』の「ポキータの姉」と「猫歩ネコアルク」が呼び出されることがある。
AIは未搭載だが、>天<氏によるAIが公開されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22011467


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧

その他



*1
エクサムやアークシステムワークスの公式ホームページでは「あらあらまぁまぁ系」と紹介されている。
大原さやか氏はクラリーチェの他にもアニメ版『ARIA』のアリシア・フローレンスなど、この手のキャラを演じることが多いようだ。