久遠寺右京


「たっぷり ヤキ いれてやるで!」

キャラクター概要

高橋留美子氏の漫画『らんま1/2』の登場人物。名前は「くおんじ うきょう」と読む。通称「ウっちゃん」。
関西弁をしゃべる女の子で、主人公の早乙女乱馬の許嫁の一人である。
いつも巨大なお好み焼き用のヘラを背負っており、ヘラを獲物にしたりお好み焼きの具を活用した戦法をとる。

アニメやゲームでのCVは鶴ひろみ氏が担当した。


劇中の活躍

元々父親の手伝いでお好み焼き屋の屋台をやっていたが、各地を旅していた早乙女親子と知り合う。
仲良くなった子供たちを見て(このころから好意はあったらしい)父親は早乙女玄馬に「娘を許嫁に」と持ちかけたが、「乱馬には天道家と先約があるから」と断られた。
だが、「持参金代わりに屋台をあげる」と言われ、屋台に目がくらんであっさりと受諾。親父自重しろ。
さすがにまずいと思ったのか、乱馬に「お好み焼きと右京とどっちが好きか」と訊いた。
答えが「お好み焼き」だったため、玄馬は屋台だけ持ち逃げした。本当に親父自重しろ。
その結果、右京は早乙女親子に復讐をするべく、女であることを捨てて技を磨いていくのだった。

その後再会した乱馬と一度は戦うものの、結局は和解し、以降は頼もしい仲間として付き合……うわけがなく、乱馬を狙って天道あかねとバトルするなど、幾度となくお邪魔キャラとして登場することになる。

登場してすぐの頃は乱馬の特訓に付き合うなど「戦えるヒロイン」的な描写をされていたが、描写だけを見ると戦闘能力は響良牙シャンプーといった呪泉郷組にはそれなりに劣るようであり、シリアス編では登場出来なかったり、自分に因縁のあるゲストキャラとの一騎打ちで 完全敗北 したこともある。まあ、話の流れ的にウッちゃんが負けなきゃいけなかったのだが。
そのため後半はお好み焼き屋が舞台の非戦闘な話や、シャンプーや小太刀と一纏めで妨害キャラとして登場することが多かった。

シャンプーと違って本気であかねを殺そうとすることはなく、むしろあかねとは普段はいい友人として付き合っている。
それとなく乱馬とあかねの仲に遠慮してる感もあり、ここら辺の慎ましさも人気の秘訣なのかもしれない。
ただし最終回ではシャンプーと共に結婚式を爆薬入りのお好み焼きで妨害していたりする。

また、中期には良牙と組んで乱馬&あかねペアに対抗するシーンも多く見られ、映画でも右京を助ける役は良牙になったりしていた。
が、「恋の本命を逃した傷の舐め合いに見える」という意見もあり、作者もそう思ったのか後半にはお互いにペアになる異性キャラが登場している。

なぜか紅つばさや小夏といった女っぽいに惚れられやすいという妙なジンクスがある。
普段が非常に男らしいからなのだろうか(紅つばさに惚れられた原因はこれ)。
小夏は自分の店で雇ってやるなど本人も気に入ってるらしい感じはある。

外見は相当な美少女だが、学校ではたいがい男物の学ランとサラシという姿なので美少年に見える
そのため男性だと誤解して戦いを挑んでくる奴らにあかねや 乱馬が 右京の上着を脱がせて女だとアピールする場面も。
アニメでは女生徒用制服を着て登校したことがあり、乱馬すら右京だとわからなかったこともあった。


格闘ゲームでの性能

基本的にどの作品でも大ヘラを用いた長いリーチの通常技と、小ヘラを投げたりメリケン粉(小麦粉)爆弾や、かんしゃく玉などの飛び道具を駆使した距離を取った戦い方を得意とする。

爆裂乱闘編

小学館オフィシャル攻略本によると、6段階評価でリーチ6、技のスピード4、ジャンプ力3、移動速度2、耐久力1である。
大きなヘラで斬りかかる「根性斬り」を振っていくのがメイン。
画面半分ほどのリーチがあり、さらにヘラ部分に食らい判定が無い のでガンガン出していこう。
スキが大きいので、相手の懐に入られやすいのだが、右京は他の通常技のスピードが速いので、余裕で対策が間に合うようだ。
空中からの相手の攻撃を商魂アッパーで切り返すことが出来れば上級者の仲間入りだ。

強版で出すと縦に三本飛ばし異様に広い範囲をカバー出来る「小ヘラ投げ」と、中間距離で着弾するまで攻撃判定が出ないが長い持続と最大3ヒットするおかげで距離を取りやすい「天カスかんしゃく玉ミックス」を駆使した中・遠距離戦が単純にして強力。
小ヘラ投げはしゃがむとよけられるので、そこにかんしゃく玉をぶつけていこう。
また、基本的にコンボの概念が薄い『爆裂乱闘編』だが、右京はかんしゃく玉の攻撃判定持続中に追撃することで大ダメージの連続攻撃が可能。
かんしゃく玉は2,3発目のみを当てることで距離が離れず、楽にコンボを入れられるようになる。

Tool-Assistedを用いたシナリオモード攻略(性能解説付き)

ダイアグラムは全13キャラ中5位。順当に上位キャラの八宝斉、女らんま、天道あかね、パンスト太郎に相性が悪い。
特に、攻撃力に差がありすぎるあかねには、小ヘラ投げ弾幕で封殺するくらいしか手がないとされる。
また、地勢虎狼脚とジャンプスピードが速いために小ヘラ投げが飛び越えられてしまうパンスト太郎も厳しい。
それでも4:6以上の不利ダイアグラムがつくキャラはいないので、充分に上位キャラに入る事ができる。

超技乱舞編

「天カスかんしゃく玉ミックス」が斜め上空に置くタイプの飛び道具になり、これを使った対空・ジャンプ防止が優秀。
飛び道具の「小ヘラ投げ」は端まで飛ぶ飛び道具の中では最速の弾速を持つ弱版と、三本まとめて(爆裂ほどの広さではないが)飛ばすので判定が大きい強版を使い分けられる為使い勝手が良い。

また投げ間合いが全キャラで最も長く、隙あり攻撃(密着で出せるガード不能の打撃技)の「ヤキ入れ小ヘラ」からの連続技が強力な上に密着時の投げ間合いを埋めてくれるので近距離でもそれほど悪くは無い。
しかし無敵技などは無いのでやはり基本的には距離を取って単発重視でダメージを与えていくキャラと言える。

ちなみに隠し技でもある最大奥義の「ヤキ入れ疾風怒涛」は、猛スピードで突進した怒涛の乱舞を決める技。
突進中は無防備という欠点こそあるものの、割と突進速度が早く、ガードされても「大ヘラ風車斬り」に切り替わるので反撃を受けず削り能力も意外と高い為、最大奥義の中ではまだ実用的な部類に当たる技である。
しかしこの技の特筆すべき部分はそこではなく、 超絶的に華麗なそのモーション・演出 にあると言わざるを得ない
「ヤキ入れたるヤキ入れたる!」とまるで半端にフリーズしたPCのように連呼しながらひたすら通常技の強Kを 13回 繰り返し、最後に申し訳程度に「大ヘラ風車斬り」のモーションでフィニッシュする。
使い回しなら使い回しで開き直れば良いものを、何故そこまで執拗に相手を叩くのか、同じ通常技でも強K以外を混ぜるという発想が無かったのか、とにかくそのやる気の無さとシュールさが逆に清々しくなってくるような乱舞である。
同じ使い回し乱舞でもパンダはシンプルなのに…

「ヤキ入れたる!」「ヤキ入れたる!」「ヤキ入れたる!」「ヤキ入れたる!」「ヤキ入れたる!」


MUGENでの久遠寺右京

国内外で数体が製作されているが、いずれもAIが存在しないため、残念ながら動画への出演は少ない。
原作の仕様を再現すると、何らかの特殊なシステムが無いだけでなく ダッシュやバックステップすら出来ない ので、人操作であっても立ち回りに難あり。
大幅なアレンジを加えられたキャラが製作されない限り動画での活躍は厳しいと思われる。

  • の。氏製作 爆熱乱闘編仕様
の。氏製作の国産の右京。現在は特に名乗る名の無い流れ者氏が代理公開している。
『爆熱乱闘編』のドットを使用しており、効果音付きの勝利・敗北ポーズがやたらと可愛い。
操作は弱・強の2ボタン形式。ダッシュ・バックステップは出来ないが、2段ジャンプは可能になっている(原作では不可能)。
原作と比べてmugenの画面が広く、さらにキャラサイズが小さいこともあって原作で猛威を振るったリーチの長さは無くなっている。
AIが存在しないこともあって動画での出番は限られている。

  • Jorge H Campos氏製作 超技乱舞編仕様
海外(スペイン語圏)のJorge H Campos氏製作の『超技乱舞編』仕様。
youtubeにて対戦動画が確認出来るが、AIは搭載していない模様。


出場大会

出演ストーリー