ファルコ・ランバルディ

「俺の獲物に手を出すな!」


任天堂が製作したゲーム『スターフォックス』シリーズに登場するキャラクター。
シリーズの主人公、フォックス・マクラウドのチームメイトとして登場するキャラクターの一人。
CVは『コマンド』までのシリーズ及びスマブラでは江川央生氏。
格ゲー作品ではゴンザレスアヴドゥルデュークチェンフーと割と多くのキャラを演じている。
リメイク作品である『64 3D』では高口公介氏が演じた。
なお、『スマブラfor3DS/WiiU』ではボイスが新録されており、高口氏に変わったのではないかと噂されていたが
実際にはスタッフロールやサウンドテストでの表記通り、江川氏が続投している。
(ちなみに江川氏は『X』でアシストフィギュアのリトル・マックの声も担当していた)
元斗皇拳伝承者ではない。 『真・北斗無双』では江川氏が担当したが
名前がよく似たMUGENオリジナルキャラはこちら

青い鳥の姿をしており、「ファルコ」という名前から、「ファルコン」すなわち「ハヤブサ」をモチーフにしたものと思われがちだが、
実際はに登場するような鳥として「キジ」をモチーフにデザインされている。

エースパイロットとして非常に優秀な腕を持っており、アーウィンの操縦に関してはフォックスと1、2を争う程の腕前である。
だが、たまに致命的な操縦・整備ミスをやらかすなど局所的な盲点も抱えている。
1面でブーストの調子が悪いのはもはや一種のお約束となっている。
また戦車「ランドマスター」や潜水艦「ブルーマリン」といった飛行性能を持たないメカや、戦闘機を使用しない戦闘を非常に毛嫌いしており、
『アサルト』においても、フォックス、スリッピー、クリスタルがブラスターを手に出撃する機会があるのに対し、
ファルコだけ全ミッションを通じてアーウィンのみで戦っている。後述のスマブラシリーズではそんなことは無いが。

ぶっきらぼうな言動でクールな印象を与えているが、実際は誰よりも仲間思いな熱血漢であり、
口には出さないもののチームメイトを家族と思っているようだ。
64版の頃は協調性を欠く言動が多かったが、後の作品になるにつれて素直になってきている。
また『コマンド』でフォックスに「いつも遅れてやって来る」と称されており、実際フォックスに危機が迫りギリギリのところで現れるという展開が多い。
あそこまで都合良く颯爽と登場するあたり、実は狙ってやっていないか…

身体的特徴としては、他のメンバーよりも身長が高い。
『アサルト』では骨格や筋肉の付き方がしっかりしている事から職業軍人らしい筋骨逞しい体を持っている。
(しかし、何故かバトルモードでは使用できるキャラクターの中で一番体力が低い
シリーズを通しての服装デザインは差ほどフォックスと変わらないが、『アドベンチャー』ではスターフォックスを脱退していた為、
それまで着ていた制服を脱ぎ、パンクスタイルの様な普段着(らしきもの)に着替えている。
何故か頭部を負傷しており、頭に包帯を巻いている。『アサルト』でもデザインが新調され、赤を基調とした戦闘服に変更されている。

余談だが、任天堂クロスオーバー系の動画の感動シーンでは「鳥肌」が 「ファルコ肌」 と言い換えられることがある。

「ヒュ~ 噂どおり美しい… 君がクリスタルだね

 私はパンサー・カルロッソ 運命の出会いに乾杯」

「あぁん? なんだこのバカは?」

「だまれ トリ」

「ンだとォ!!」



大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおけるファルコ


シリーズ2作目の『DX』で初登場。以降、すべての作品で隠しキャラクターとして登場している。
+ 各種必殺ワザ(以降「B」と表記)

+ 『DX』におけるファルコ

+ 『X』におけるファルコ

+ 『for』におけるファルコ

(以上。wikipediaより転載、追記修正)


MUGENにおけるファルコ

mugenでは、たこ氏が製作したものが存在している。
技は3つだが、十分動かせるレベルである。
五右衛門氏によりAIが作られている。


他にも国内にもう一体ファルコが公開されているが、
必要なスプライトが足りず動くと消える、攻撃手段が一つしかない、原因不明のエラーも出る。など、
嘘でも完成度が高いとは言えない出来なので、動画ではまず見ないだろう。

「そのままくたばっちまえよ! せいせいするぜ」

「だまれ トリ」

「ンだとォ!!」


出場大会