コックカワサキ

「まずくてごめんね~」


星のカービィ』シリーズの敵キャラクター。通称はカワサキ、更に略されてkwsk。この場合「くわしく」とは読まない。
玉子みたいな体の2頭身で、その名通りエプロンを着用して、頭にコック帽を被っていると言う見た目は
名作石ノ森コメディ『がんばれロボコン』に登場するコックロボット:ロボクイ(ロボモグ)にそっくり(ただしロボクイは白目が大きく手足が蛇腹)。
間違っても裸エプロンなどと言わないように。そんな人はいないと思うが。
こいつを倒して吸い込むと、画面内のザコ敵を鍋に放り込んで回復アイテムに変化させてしまう、恐るべきコピー能力「コック」が手に入る。
カワサキは「川崎」と表記する資料もある。アニメ版の声優は飛田展男氏。同アニメではカブーも演じている。

初登場の『スーパーデラックス』(リメイク版の『ウルトラスーパーデラックス』も同様)では中ボスとして登場。
おたまを伸ばしたり皿を投げつけたりと、商売道具をためらいもなく武器に使っている。
能力的には同じポジションのアイアンマムやジュキッドと比べて体力的に劣るものの、火力は恐らく中ボスでは最強。
と言うのも、前者の攻撃はおたまでカービィを掴んだ後にフライパンで炒めるという技なのだが
この攻撃、ガードできない上に一発でカービィの体力の半分を奪い去るという中ボスはおろか本作のラスボスであるマルクの奥の手(ブラックホール)に匹敵する最強クラスの威力。
ヘルパーによって体力の低い個体も存在するが、下手すると一回で死にかねない。それほど凶悪な攻撃である。
尤も、攻撃前に大きく振りかぶるため初見でもなければ回避は容易、ついでに言うとリメイク版ではかなり良心的な威力になった。
そのためか、ゲーム終盤では他の中ボスとタッグを組み、弱さをカバーしている事が多い。
なお、ミニゲームでは「刹那の見斬り」3番目の相手を務め(衣装は板前風に新調)武器はフライパンを使用(対戦相手のカービイはパイ)。

『星のカービィ3』では同作屈指の鬼畜ミニゲーム「超危険!爆弾音当て」の出題者として登場。
5つの異なる音を発するゴルドーがランダムの順番で落下し、その中からカワサキの指定した音を探し当てるというもの。
瞬間的な記憶力とある程度の音感が求められるため、音痴にとって地獄である。
さらにステージが氷で滑りやすい、穴多い、水中面+スクロールというサクサク進めない面なので、
何度も繰り返すには少々辛い。
ゲームクリア後のおまけのミニゲーム連戦でも最後の難関として登場し、難しい暗記ゲームを
クリアしてきたプレイヤーをことごとく葬っていった。

落ちモノパズルゲー『カービィのきらきらきっず(SFC版)』では「おはなしモード」の対戦相手として立ちはだかる。
カービィ達が集めなければならない「星のかけら」を具材にしており、料理に夢中なのか話をまったく聞かない。
勝利するとカチカチ山よろしく、火だるまになるという悲惨な目に遭う。

以降は『夢の泉デラックス』のミニゲーム「刹那の見斬り改」に再登場したのみで前述のリメイク登場までしばらく出番が無かった。
その一方で…
+ アニメってヒラメやサメやワカメと違うの~?



MUGENにおけるコックカワサキ

ボボボーボ・ボーボボ等のジャンプキャラやウィスピーウッズを製作したju氏のものが存在していた。
現在は2016年のフリーティケットシアター終了によるサイト消滅で入手不可。
ドットは『ウルトラスーパーデラックス』のものを使用。
原作再現ではなく、氏いわく「性能はKOF寄り」との事。
そのためか原作よりも技のバリエーションが豊富で、ダッシュ攻撃、空中攻撃も実装している。
また、敵をフライパンで炒めるいつもの得意技はゲージ技となっている。
ボイスは未搭載。

AIは五右衛門氏製作のものが存在する。

出場大会


出演ストーリー




添付ファイル