ナージャ・アップルフィールド


むか~し昔、100年くらい昔。
これは、運命の扉の向こう側を旅した、女の子の物語…

2003~2004年に東映によって制作され、毎週日曜日朝8:30から放映されたアニメ『明日のナージャ』の主人公。
プラチナブロンドと蒼い瞳が特徴的な12歳の少女である。
担当声優は小清水。氏のデビュー作である。

ロンドン郊外のアップルフィールド孤児院で育っていたが、13歳の誕生日に自分宛の小包が届き自分の母親が生きていることを知る
生き別れた母親を捜すために、形見のブローチやドレス、日記帳を手に、旅芸人「ダンデライオン一座」に入って旅に出る。
……というのが『明日のナージャ』のメインストーリーである。

特技は歌とダンス。一座の公演でもしょっちゅう披露しているほか、作品にとっても重要な要素である。
天真爛漫で他人を疑わない純粋な性格なため、多くの人を惹きつけている。
道中で多くの妨害に遭遇したにもかかわらず無事に母親に再会できたのも、周囲の助力があってこそである。
その一方で、思い立ったら即行動のアクティブな性格をしている。あとよくガラス窓を割る。
また華奢な体躯に見合わず身体能力は高く、ほぼ垂直の断崖絶壁を登ったり、新聞記者をワンパンチでKOしたり、
拳銃の弾を至近距離で避けてみたりアンタ後番組でも通用するよ!的な活躍も見せる。

だが残念なことに本作品は後述する物語後半からの路線変更の影響により、
描写されるはずだったナージャ自身の人間的成長が描かれることはなく、
最後まで(本編終了後のおまけシナリオですら)後先考えない猪突猛進キャラという印象が残ってしまった。
物語のキーパーソンである双子のイケメン兄弟「フランシス」と「キース」に対しての恋心も、
命を張ってナージャを助けたキースを振り、そもそもキース(平民)と間違われてナージャに好かれていた
フランシス(貴族)を選ぶ、という 「結局はお金じゃないですか!」 と視聴者に言われても仕方ない顛末を迎える。

そんなこんなで海賊と戦ったり、ピラミッドで骸骨の山を乗り越えたり、オーストリア*1警察の留置場にぶち込まれたりと
ヨーロッパ中を旅したナージャとその御一行は遂に母の居場所を突き止めるが、
そこにはニチアサキッズタイム最凶の悪女「ローズマリー」が立ちはだかるのであった。


……最終的には祖父のプレミンジャー伯爵にとって都合の良い令嬢となることをよしとせず、
再びダンデライオン一座と共に旅立っていったのは続編の伏線かと思ったら、 全くそんなことはなかったぜ。

+ 『明日のナージャ』という作品について

ちなみにナージャとは「希望」を意味するロシア系の女性の名前ナスターシャの愛称であり、
綴りはアルル・ナジャと同じNadjaである。
某有名RPGの天才プログラマーであるナーシャ・ジベリ氏は無関係。

格闘ゲームでは、ていお氏のフリー格闘ゲーム(未完成)『朝日朝八ヒロイン』に出演している。
色々な技を使っていくオールラウンドタイプで、傘(謹製品ではない)とバトン(不良在庫)をメインとした戦法をとる。
技の攻撃力は低いが、攻撃を当てるたびにゲージがたまっていくためコンボをやりやすい。
ピンチ状態になると攻撃力が1.3倍になるので、逆転もねらっていける。
必殺技は「傘車」やら「アンヌムツベ」やら「天覇封神斬」やら怪しげな物がそろっている。
中でもコマンド投げ超必殺技の「雷電斬震」は実に5割強を奪う高火力な切り札である。
隠しキャラとして使用できる黒ナージャでは、元キャラよりも技の攻撃力が極端に低いので、
通常技がダメージなしに、必殺技が通常技程度の威力に、超必殺技必殺技程度の威力になっているが、
必殺技が一新され、ゲージ回収率が高くなっているので、超必殺技でトドメを指すタイプになっている。
まあ、このゲームではみんなそんな感じだし、ローズマリーやみどうこくしたりするし、どれみっちはクリムゾンスm(ry……


MUGENにおけるナージャ・アップルフィールド

『朝日朝八ヒロイン』仕様のものが公開されている。
元ゲーエンジンは処理落ちが激しい『格闘ゲームツクール95』ということもあり、
MUGEN移植版では意外なほど操作性が良く、技が出やすい。
大体において原作通りであるが、弾きシステムやコンボの仕様、一部の技コマンドが操作しやすくアレンジされている。
(これはコンフィグで「原作風」を選択すると元のコマンドに戻すことができる)
また、一部のガード方向の揺さぶりが厳しかった技はしゃがみガードできるようにもなっている。このため安易な二択はできない。
原作旧バージョンであった永久コンボは削除され、ヒット数に応じて落下速度が速くなる補正が導入されているため、
中々テクニカルなキャラになっているが、1ゲージワイヤーコンボで6割持っていける高火力は健在。
対応キャラの多い勝利デモもあり、パロディ色の強いキャラでありながら、
原作ファンも思わずニヤリとする様々な台詞を見ることができる。

余談だが、画面右上に「アナログ」の文字が常に表示され、左右端も数ピクセルが黒く切れるという誰得な演出が導入されている。
皆さんも地デジ移行はお早めに。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16296161

ちぃたま氏によるAIパッチが公開されている。

また、ローズマリーもMUGEN入りしている。

出場大会

出演ストーリー


*1
今のオーストリアではない。正式名を「帝国議会において代表される諸王国及び諸邦、並びに神聖なるハンガリーのイシュトヴァーン王冠の諸邦」…
つまり オーストリア=ハンガリー帝国 である。


添付ファイル