ヴィジョン


アメリカのマーベルコミックスに登場するキャラクター。
初出は1968年の『The Avengers #57』。けっこう古株である。
「アベンジャーズディスアッセンブルド」というイベントで戦死するまでヒーローチームアベンジャーズの中核として活躍し続けた。
現在は復活してヤングアベンジャーズ、マイティアベンジャーズに参加している。
黄色と緑のボディに赤い顔というカラフルなデザインが特徴的。

元々はウルトロンによって作られたアンドロイドなので 本名はない。
打倒アベンジャーズのために送り込まれたが和解し、その能力から「ヴィジョン」の名を得た。
後にスカーレットウィッチマグナスの娘)と恋仲になり、 魔法によって 双子の男の子、トーマスとウィリアムを授かった。
壊されても機械の体にメインプログラムを再インストールすれば復活できるため、敵のパワーを示すためによく破壊されたり洗脳されたりする。
初期のデザインは、外観こそ今のデザインに似ているものの銀一色だった。
後に上記の画像のような姿になる。
また、当初は自我が希薄だったため、精神のメインの部分はワンダーマンの精神をコピーして使っていた。

後期型は、破壊されたヴィジョンのプログラムと、ヒーローのアイアン・ラッドの鎧と精神を合体させて生まれたもの。
アベンジャーズが不在になった時の対策として用意していたプログラムが「アベンジャーズディスアッセンブルド」における
自身の破壊とアベンジャーズの解散によって発動し、特殊能力を持った少年たちを集めてヤングアベンジャーズを作った。
だが、そのメンバーのアイアン・ラッドが自身の運命のため未来へと去ることとなり、彼が残したアーマーから復活した。
こちらの場合のメインパーソナリティはアイアン・ラッドの精神になっている。
しかしヤングアベンジャーズ版のヴィジョンも後に別の時間軸から帰ってきたアイアンラッドによって破壊されてしまう。
だが、同時期にオリジナルの方のヴィジョンの修理が完了し現在はもとのヴィジョンが活躍している。
(人格データを別の体に移したのかオリジナルとヤングアベンジャーズ版は別物扱いになっておりそれぞれの破壊と復活の経緯に直接の関係はないが、
どう見てもオリジナル復活に被らないようにヤングアベンジャーズ版が退場させられたようにしか見えない)

能力はどちらもほとんど共通で、種類も多い。
まず、アンドロイドなため常人には見えない電磁波が見えたり、強靱な肉体を持っていたりする。さらには自己修復可能。
額のソーラージュエルからは太陽光を取り込み、ビームとして放出可能である。
だが、彼の最大の能力は肉体密度の変更能力であろう。
密度を上げれば身体能力は大幅に向上し、密度を下げれば攻撃や壁をすり抜けたり空を飛んだり出来るようになる。
この能力が、「ヴィジョン(虚像)」という名前の元ネタになった。


2015年公開の映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』においては、ウルトロンが自らの新たな肉体として、
ヴィブラニウムとロキの杖の宝玉(その正体はインフィニティ・ストーンの一つ「マインド・ストーン」)から造り出した完璧な肉体、
「クレードル」を離反したスカーレットウィッチが奪取。
彼女を保護したアベンジャーズの手に渡ったまっさらのクレードルに、一度はウルトロンに破壊されてしまったトニーの相棒、
支援A.I.「J.A.R.V.I.S.」の断片を組み込むことで誕生するというかなりのサプライズ展開が行われた。
これには本来ウルトロン関連に関わるべき『アントマン』の制作が間に合わなかったという事情もあるが、
『アイアンマン』第一作からの長い付き合いであるJ.A.R.V.I.S.の奇跡的復活劇は、MCUシリーズのファンには喜びとともに受け入れられたことだろう。
ウルトロンの造り出した肉体にトニー製のAIがベースということで、誕生した当初は「第二のウルトロンが生まれただけではないか」と警戒されたが、
(この映画のウルトロンはトニー製のため。詳細はウルトロン参照。)
ノルンの泉の啓示で彼の誕生を支持したソーの置いたムジョルニアを平然と持ち上げることでその高潔な魂を示し、無事仲間として受け入れられた。

余談になるが、ジャーヴィスというのは、原作コミックスにおいてはエドウィン・ジャーヴィスという人間の執事で、
スターク家に先代の頃から仕えており、トニーの屋敷がアベンジャーズの拠点となってからはアベンジャーズ達の世話もしている、
バットマンにとってのアルフレッド的な存在である。
その事から、二次創作界隈ではしばしばJ.A.R.V.I.S.を、その声を演じたポール・ベタニーの姿で擬人化するファンアートが存在した。
そして『エイジ・オブ・ウルトロン』でヴィジョンを演じたのも、果たして声そのままのポール・ベタニーであった。
この二重のサプライズが擬人化J.A.R.V.I.S.を描いていた人たちに与えた衝撃は如何ばかりであったろうか。


格ゲー出演歴としては、今は亡きデータイースト製のどマイナー格ゲー、
「アベンジャーズ・イン・ギャラクティックストーム」にアシストキャラとして出演していたりする。

また、格ゲーではないが同じくデータイースト製のベルトフロアアクション、
「キャプテン・アメリカ&ジ・アベンジャーズ」では ソーを差し置いて プレイヤーキャラとして登場している。
選択できるキャラの中では基本性能が高く、初心者にも取っつきやすかったことから人気が高かった。
デコゲー自体の敷居の高さはこの際無視。
(本作ではジャンプから斜め下へビームを打てる(逃げ撃ちが出来る)アイアンマンとヴィジョンが強キャラ、
 飛び蹴りになってしまう(敵の群れに突っ込んでしまう)キャップホークアイが弱キャラとされている。
 またシューティングステージでも前者が自力飛行可能なのに対し、後者はエアバイクに乗るせいで食らい判定が大きい)
発売時期が古いためヴィジョンの姿は白(銀)一色のころ。
全身真っ白のマント男がなんかオカマっぽいニュートラルポーズをしていたり、いちいち腕組みして歩く姿はデコ節満載である。


MUGENにおけるヴィジョン

Slotman氏によるものが公開されている。
サイクロップスキャプテンアメリカをベースにして改造したらしく、動きに面影が見られる。
飛び道具「ビジョンレイ」で遠距離攻撃もできるが、本家と違って持続がかなり短いため使いにくい。
むしろ、姿を消して頭上や足下から攻撃する「ロックンロール」で不意をついていった方がいいだろう。

出場大会

  • 「[大会] [ヴィジョン]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル