Konngara


『東方Project』の登場キャラクター。「こんがら」。
ファンから俗に東方旧作と呼ばれるPC-98版第一作目「東方靈異伝」の地獄ルート20面のボスとして登場。
二つ名は「Astral Knight」「星幽剣士」。
なお、靈異伝キャラは(容量などの関係もあって)本編中ではアルファベット表記しかされず、
公式でも漢字名があるのは以後の作品に出てきた靈夢魅魔ぐらいなので、どういう字を書くのかは不明。
一応、関係ありそうな単語では「何をするべきかを問い、その命令の通りに動く」という意味のサンスクリット語に「矜羯羅」というものがある。
また、不動明王の従者に檜山修之「矜羯羅童子(不動三尊の向かって右の童子)」というものもいるが、外見はKonngaraとあまり似ていない。
あと、おそらく公式の『東方Project』シリーズで唯一(「神」ではなく)「仏」の種族に属するキャラクターだと思われる。

原作動画

専用BGMは「No.13 星幽剣士」。

+原作におけるKonngara
『東方靈異伝』は96-97年以降、再販やダウンロード化がなされていないので入手は非常に困難である。
現在の弾幕シューティングとは違い「一画面アクションシューティング(パズル要素あり)」と呼称される
ブロック崩しとなっている。

キャラクターは自機である旧霊夢こと(漢字の霊が難しい方の「靈」となっている)博麗靈夢や、
第二弾の『東方封魔録』でもボスを務め、第三弾『東方夢時空』にも登場した魔理沙の師匠、魅魔がメインとなっている。

しかし、それ以外のキャラクターには具体的な設定が殆ど無く、
靈異伝以降の作品は一転してシューティング作品となったためかその後の関連もない。
こんがらはサリエルと並びボスキャラなのだが、第7回人気投票ではツチノコよりも一つ上の
103位と人気(というより知名度)はお世辞にもあまり高いとは言えない。

+二次創作でのKonngara
見た目は霊夢に近い巫女服のようだが、昔武士の男性が着ていた羽織服に近い上、
幻想郷の設定がまだ固まっていない時期の作品であった為、どちらの性別なのかについて意見が分かれている
(ただし、海外版の東方Wikiである「Touhou Wiki」ではKonngaraの三人称はShe(女性))
そういった意味では数ある東方キャラでも珍しい立ち位置にあるとされる。

袴が溶け込んでいるような表現と下半身の渦から魅魔と同じく足が無く常に浮遊していると考えられている。
また額の赤い角と地獄を守護しているとの設定より、同じ地獄出身で赤い角を持った星熊勇儀と比較されることが多いが、
現在その関連性は公式では触れられていない。
旧作キャラクター纏めて存在を抹消されたというのが正解に近いかもしれないが
その他、勇儀と同じく杯を手に持っているとされているが、ゲームのドット絵が見辛いために
サイトによっては筆・扇とも解釈されている。

東方旧作を愛する方々があげる動画には時々登場し、主に冷静なキャラを演じている。
時には冷静から転じて、大ボケをやらかす天然になることも。


http://www.nicovideo.jp/watch/sm12205325
http://www.nicovideo.jp/watch/nm8167406


MUGENにおけるKonngara

スナクジラ氏制作の「kongara」

現在、バージョン1.0として公開しているが、氏が技編集などの改変が出来ない為、
Nachel氏の霊夢のドット絵と当たり判定を一部変えたのみの段階。
そのため、更に改変して霊夢と完全に独立したキャラクター内容に改変してくれる人物を募集している。
自信のある方は挑んでみてもいいだろう。
氏曰く、リュウに対する豪鬼のような、近い姿の強豪という立場が理想との事。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9675066


薙氏制作の「コンガラ・アナザースタイル」

上記のkongaraをベースとした、2012/03/01に登場した改変。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17402056
システムは霊力ゲージもスペルカードもない通常の格ゲー仕様。
しかし、キャラの仕様全体で見ると一風変わったキャラとなっている。
初期はいかに大斬りを当てるかが勝負の分かれ目となるという意味でサムスピに近い仕様であったが、更新により当身や飛び道具、ワープ攻撃といった様々な技が追加され、凶キャラに寄りつつある。

そして最新の更新で、100段階調節可能なデフォルトAIが搭載された。

移動面では、地・空共に動きは遅いものの、空中ジャンプが5回、空中ダッシュが5回と一度に計10回の空中機動ができる。
また、出現位置も操作可能な発動中完全無敵のワープ「幻惑」を持っており、加えて6F無敵のバックステップや
移動起き上がりがあるなど、緩慢な動きを補佐する特殊移動が豊富である。

防御行動では、ガード中に相手を押し返す「押し返し」がある。
エフェクトは霊撃のソレであるが、相手をダウンさせたりはできない。所謂アドバンシンガードである。

攻撃は弱・中・強の3ボタン式。一部超必へのキャンセルはあるものの、 チェーンコンボなどは存在しない
攻撃の主体は強斬りで、至近距離で強斬りを当てることによって目押しコンボへの道が開かれる。
大斬りを当てるための手段としては、バックステップ及び一定以上のダッシュから出すことで出が早くなることを利用するのが良い。
また、ジャンプ強斬りは後方を斬るようになっており、相手すり抜け&長いノックバックという特徴があるため
上記の空中機動で撹乱してジャンプ強斬りを当て、地上強斬りへ繋げることもできる。
……もっとも、その場合は昇竜技による迎撃が脅威となるが。
つかみ技は地上・空中可で、相手がダウン中でもつかむことができる。ただし永久にはならないのでご安心を。
飛び道具は「強攻撃入力後にゲージ溜めを入力」という一風変わった入力で出すことができ、
立ち強からはレーザー、しゃがみ強からは大きな衝撃波、空中強からは前方に拡散する弾幕となる。

以前はとにかく虎視眈々と大斬りを狙うことに終始するキャラであったが、
各種ワープ技や当身技の追加により、虎視眈々と大斬りを狙うか、
ワープや当身でガンガン攻めるかを選択できるようになった。
しかしコンボが通常技も必殺技も大→中→小の方向に繋がり、超必も大斬りから繋げることができ、
奥義にいたっては大斬りからしか発動しないというのは変わっていない。

+技一覧

必殺技


  • 対空技の 「利剣」
空中でも出せる昇竜技で、弱・中で性能が変わる。中は地上なら踏み込み、空中では地上へワープした後斬り上げる。
一般のキャラと違い中から弱へと繋がるため逆にしないように注意が必要である。

  • 弾幕技の 「羂索」
遠くで当てるほど威力が上がるという特徴を持つ。また、上下に発射方向を変更可能で、薙ぎ払うような軌道も可能。
一方、威力が低い・補正が強い・当てても不利フレームが大きいなどの短所も持つ。ノックバック距離も0のため、
飛び道具がないキャラでも普通にガードしながら近づくことができる。

  • 設置技の 「迦楼羅焔」
ランダムで動く4つの光弾を設置する技で、ヒットしても消えないため場所と軌道によっては多段ヒットする。
しかし、追撃しても補正がかかるため火力は期待できない。

  • 高速型ワープ 「不惑」
「幻惑」と違い細かい場所の指定・空中への出現ができないが、高速でワープができる。
「幻惑」とい違いコマンド式。

  • 当身型ワープ 「蠱惑」
3Fで出せ、成功した場合は「幻惑」のようにワープ先を自在に調整して出現できる当身技。
その時6Fの有利が生まれるため、隙の大きい技を当身したならば大斬りも十分狙うことができる。
ちなみに飛び道具も当身可能。

  • ワープ攻撃技 「断惑」
地上・空中可。地上の場合↑で空中版に派生できる。
「不惑」からの攻撃より早いため、機動力が求められる場合に頼りになる技である。


超必殺技(1ゲージ)


  • 「倶利伽羅剣」
連撃を行う近接技。コンガラの中でも発生が早い技であるため使い勝手が良い。
最後の一撃が補正を受けてなお威力があるため、大斬り→中斬り→倶利伽羅剣→追撃で5割強を奪うことができる。

  • 「キクリ召喚」
原作に登場するkikuriを呼んで行う全画面攻撃。発生もそこそこ早いが、距離が離れるほど威力が減ってしまう。
また、不利フレームがあるため、遠距離で出の早い飛び道具持ちのキャラ相手に使うと逆に反撃されかねない。
しかし、中攻撃から繋がるため、範囲攻撃と言うよりはコンボパーツとして細かくダメージを与えていきたい時に便利である。
ちなみに強攻撃から繋げた場合は5割ほど奪うことができるが、追撃できる分で倶利伽羅剣のほうがダメージは大きくなる。

奥義(3ゲージ)


  • 「生死即涅槃」
大斬りを至近距離で当てた時限定の技で、7割近くを奪うことができる。
補正も乗らないため、ジャンプ強斬りから地上強斬りへ繋いで放てば8割前後奪うことも可能である。

  • 「煩悩即菩堤」
空中可、飛び道具も取れる当身技。成功すると相手の背後に現れ刀を突き刺し、そのまま極太レーザーを放つ。
刺さらなかった場合は不発になるが、成功すれば五割は吹き飛ぶうえに、タッグだと他の相手も巻き込むことができる。
また、当身に失敗したときは相手に向かってレーザーが五発飛び、当たれば約2割を奪うことができる。
削りもあるため、完全に回避するなら裏に回りこむ必要がある。


また11Pは裏カラーとなっており、このカラーだと本体は無敵で浮遊し分身を4体召喚。
そして分身を倒されても再度召喚(召喚毎にLifeを10消費)するので、分身を100体倒さないと死なない「100人組み手モード」となり、狂キャラレベルの強さとなる。

ジェネラルズ12Pにも勝てるようなので相当な強さだろう、強~狂まで幅広い活躍が期待される。


出場大会

出演ストーリー