ヒューゴ・ジルクリスト


「こんな私を…父と呼んでくれて…嬉しかったぞ…
    おまえには何ひとつ…してやれ…なかったのに…」


声 - 内海賢二

ナムコのRPG『テイルズオブデスティニー』の登場人物。アンドレとは関係ない。
レンズを使った商品を主に販売している世界最大規模の企業「オベロン社」を一代にして築き上げたオベロン社総帥で、ルーティリオンの父。
(ただし、ルーティは母クリスのものであるカトレット姓を、リオンに至っては偽名を名乗っている)
PS版では顎鬚が目立っていたが、PS2版ではよく見ないと気づかないほど判り辛くなっており、スタイルも含めて全体的にスマートな印象となった。眼鏡も追加。



元々は考古学者で、とある遺跡で発掘したソーディアン・ベルセリオスを手にした時、ベルセリオスに潜伏していたミクトランに操られてしまう。
(つまり、ストーリーに登場するヒューゴの殆どはこのミクトランに操られていたヒューゴであり、本当のヒューゴではない)
スタン一行を上手く操作して神の眼を奪い、空中都市群を復活させることに成功。
PS2版では更にグレバムをもその手中で操り、空中都市群復活の準備のために各地を廻らせていた。
最期は無差別地殻破砕ビーム兵器「ベルクラント」の最深部でスタン達と戦い、死亡する。
(PS版ではグレバムが各地を廻った理由は特に明らかにされなかった。ベルクラントを切り離したのも外殻完成により不要とミクトランが判断したため)

本来は優しい人柄であり、死の間際にそれを窺わせた。ルーティを捨てた理由は「巻き込みたくなかったから」とのこと。
また、PS2版ではミクトランに体を乗っ取られながらも、最後の力でベルクラントをダイクロフトから切り離し、ミクトランに殺されかけていた娘らの命を救った。

矢島さら氏による小説版では、いのまたむつみ氏が描いた彼のイラストがある。
ドラマCD『プルースト・フォーゴットン・クロニクル』では「本当のヒューゴ」が仮面の男として度々リオンの前に姿を現していた。
ソーディアンマスターの資質は遺伝性である事から、彼自身も資質を所有している(シャルティエが指摘)。

啄木鳥しんき氏による漫画版『神の眼をめぐる野望』では、乗っ取られていたかどうかの真偽は不明。
後日談ではヒューゴがルーティを捨て、エミリオにリオンという偽名を付けた理由を
「世界を混乱に陥れた大悪人として処断された際、実子である2人に制裁が及ばないようにするためだったのではないか」
とルーティがスタンに話していた。

ちなみに漫画版でのラスボスはミクトランではなく「ソーディアン・ベルセリオス」そのもの(オリジナルやリメイクとは違い、コピー元であるハロルド・ベルセリオスの人格が完全に残っていた。更に天地戦争の最終局面で、マスターである「カーレル・ベルセリオス」を、ミクトランとの刺し違えに見せかけて殺害している)である。
そのためヒューゴの死後、今度は偶然手にしてしまったマリアンを操り、最後の最後でスタンたちの目の前に立ち塞がった。


(以上、Wikipediaより転載&&加筆)

+ 本編以外での活躍について

+ 原作での性能

「ありが……とう…… ルーティ……無事で……」


mugenにおけるヒューゴ

muko氏によるPS2版のヒューゴが存在する。
元々がボスキャラなだけあって性能もガード不能や無敵の長い技等高性能な技が揃っている。
氏によって「ディバインパウア」などPS版にて使用された晶術や、ルーティとリオンの技が追加されており、原作より技が豊富に仕上がっている。

2010年7月にリメイクが行われβ版が公開された。
「スナイプエア」「空襲剣」などルーティやリオンの技がオミットされ、その後の更新によりガードブレイクやボスモード(11P、12Pカラー)などが追加された。
11Pを選ぶと原作のようなボスモードとなり、12Pでは足元に攻撃判定のあるバリアなど更に強化された超ボスモード(ゴールドカラー)になる。
2011年9月に更に術詠唱時の障壁展開のON・OFFやAIパターンの追加がされ、ランクに応じた調節がしやすくなった。
最初から程よく暴れるAIが搭載されており、特殊カラーにすれば狂キャラらしい実力を見せてくれる。

2012年10月の更新によりテイルズオブキズナ版のカットインが追加された。またオプションで旧版(儚き刻のリオン版)のカットインに変更可能なため、好みに合わせて変えてみると良いだろう。
カットインの追加に伴いAIも少し更新されており、以前のAIに比べ剣技の使用頻度が増えた分、晶術の使用頻度が下がっている。そのため以前のAIと比べると強さや火力は劣るものの、色々な技を使い魅せるAIに仕上がっている。

旧版・更新版(リメイク版)は氏のskydriveにてダウンロード可能。フォルダ名は旧版が「dc_hugo」、更新版が「dc_hugo2」となっている。
旧版と更新版は仕様が異なるので使用の際は要確認。



出場大会

更新停止中


*1
『テイルズオブザワールド レディアントマイソロジー』にてリオンとの会話の中でではあるが、ヒューゴの存在を示唆する内容が出ている。尤もゲーム開始の時点ではマリアン共々キルガリムに喰われた後のため、ストーリー中に直接出てくることはない。
リメイク版ディスティニーと発売日が近かったため設定がまとまっていなかったのか、本来の家族思いな優しい人物ではなく、家柄のためにリオンのことを着せ替え人形としか見ていない人物として語られている。