幾世あやね




 「臨!兵!闘!…以下略ぅっ!!」


 身長:157cm
 体重:45kg
 スリーサイズ:B87 W57 H81
 血液型:B
 誕生日:8月22日
 戦闘スタイル:幾世流弓術
 好きなもの:裁縫、ゆいの隣
 苦手なもの:努力、雷

幾世流弓術の使い手。修行中に片目の視力を失う。
アストラルインパクトにより恩恵を得るが、その力も徐々に失いかけている。

幼なじみであり、ライバルである「ゆい」との決着を着けるため戦いの地へ赴く…


2009年の同人ゲーム界を激震させたツクール格ゲー『ヴァンガードプリンセス』に登場する弓使い巨乳巫女
「いくせあやね」と読む。
担当CVは氷桜かえでと兼任の貴坂理緒氏。

片目の視力を失っているというハードな設定を持っている(感電やられを見る限り義眼が入っている)が、性格は楽天家かつ奔放。
何事も直感的にそつなくこなす天才肌で、ときどきキツイ発言をすることもあるが、内面は思慮深く憎めないところがある。
主人公の忽那ゆいは親友で、不器用で無愛想なゆいをからかいながらも百合信頼を寄せている。
実は目の傷もゆいとの修行中に負ったものだが、視力をなくしたこと自体は全く気にしていない(ゆいの方はかなり負い目を感じている)。
ゆいを追っている御殿谷サキともデモがあり、一方的にライバルキャラとして見ているようだ。

巫女と言ってもそれを感じさせるのは袖と裾の模様のデザインのみ。
何故か70年代を髣髴とさせるウルトラ警備隊風なぴっちりスーツに長いマフラー。そして
下半身は超ミニスカなため、自重しないことでも有名な本作でも一段と自重しない部類に属する。いいぞもっとやれ。


原作でのあやね(Ver.1.05b)

「アタレー!アタレー!アタレー!アタレー!リンピョートーイカリャクー!ドーン!」
矢で牽制しつつ、リーチのある足技で迎撃しながら必殺のコンボを狙う中~近距離キャラ。
弓を射る技「覇魔矢」は連続で射撃すればコンボになるので、一発当たったら全弾撃ち尽くすのがセオリーである。
なんとなく本来の弓矢の用法を間違っているような気がしないでもない。
これと上空に矢を射る「天地覇魔矢」をダッシュで追いかけ、投げ・打撃のを迫っていくのが主な攻めのパターン。

しかし曰く「性格が適当」なので必殺技の強弱は基本的に存在せず、短気なのでカルシウム値(ガード耐久値)が低い。
かなりのでもあり、固められてガークラ→ワンコンボで気絶→即死なこともあるピーキーな性能。
加えて専用の弓矢ゲージが存在し、対応する必殺技を使用することによりストックを消費する
このゲージは時間経過で回復するが、無計画に撃つ事はできないためゲージ管理にも気を使わなければいけない。
…のだが、実際は意外と通常技の判定が強く、攻める分には接近戦もそこそこできる上にサポート攻撃での隙消しを絡めれば、
あまり矢の残数に神経質にならずに立ち回る事もできる。
とはいっても(相対的に)画面が狭いゲームなので、適当にぶっぱしてると読まれて乙なのだが。

特徴的な技として「跳び箱」という、その名の通りの動作をするコマンド投げを持つ。
これは相手に手を着き飛び越えて裏周りするだけの技であり、ダメージも0なのだが、
掛けられた相手は一瞬行動不能になり、そこを攻撃するとカウンターヒット扱いとなるという脅威の崩し技。
ここからワンコンボで4割5割を安定して取れるので、非常にハイリターンな攻めの要となる。
崩し手段はこの技と中段の「崩震二段」、発生が遅めの中段リープ6Bと、リーチのある下段技が中心。

数少ない複数のリバティアーツを所持するキャラで、
正面を射る「神通覇魔矢」は画面端の相手にカス当たりしやすいという欠点はあるが、コンボに組み込みやすい主力技。
ゲージ効率が良いので、始動技さえ入れば安定高火力を叩き出すことができる。
「震空覇魔矢」は上空に矢を複数打ち上げる時間差技のためコンボに組み込み辛く、弓矢ゲージの消費も多いが、
暗転中もサポート攻撃は停止しないという仕様を生かして、サポートキャラ・かなえの2D(ガード不能)と同時に撃つことで
タイミングがシビアなプロクシガードに失敗すればそのまま直撃させられる(プロクシが使えない状況なら確定)。
極端な脆さの面が目立つため、Ver.1.05bの総合キャラランクでは中堅下位に落ち着いているが、
ワンチャンス火力・コンボ安定度や差し合い能力では上位に引けを取らないものを持っている。

「完璧…でしょ?」


MUGENでのあやね

  • chikuchikugonzalez氏製作
chikuchikugonzalez氏が製作、氏のSkyDriveで正式公開されている。
RC1.0以降(新MUGEN)でも動作可。
簡易ながらもレベルを4段階に調整可能なAIも搭載している。
しかし、MUGENのバージョン次第ではエラーが出て使えないので注意が必要。

「しえら」固定ではあるがサポートキャラによるサポートシステムもほぼ完全に再現されていて、専用ゲージやサポートカウンターもきちんと実装。
リフレクトやプロクシガード、果てはジャストディフェンスまで搭載されており、高い完成度を誇る。
更にチェーンコンボ可能にアレンジされており、天地覇魔矢による時間差弾幕と、
しえらのビームガンやミサイルを駆使して固め戦法を取ることも可能。
原作よりもゲージ効率が高く、差し合い重視だった本来のイメージと違い、徹底的に相手を封殺する暴れ性能となっている。

  • ZSM氏製作
2013年8月31日公開。
chikuchikugonzalez氏版に比べて火力が高く設定されている。
10段階にレベル調整可能なAIもデフォで搭載されており、全開に設定するとメチャ強となる。
サポートキャラによるサポートシステムも「かなえ」を除く4人から選択可能とほぼ完全に再現。
1~6Pカラー:原作モード、7~12Pカラー:アレンジモードとなっているがコンフィグで固定化
させることもできる。また、コンフィグでは他にもリフレクト頻度や破魔矢ブルズアイの精度の
設定、サポートキャラの固定なども調整可能である。


MUGENでは他作品キャラのスケールに会わせるためにキャラが縮小されており、画面内密度の濃かった原作よりも行動範囲が広い。
そのため弓使いのあやねにとって、一見遠距離戦に持ち込み易く有利なように見えるが、
実は離れ過ぎても牽制以外することがなく、単純に矢を射っているだけでは相手のガードを崩せないため、
わざわざ自分から5Cや6Aの当てられる中間距離にまで寄っていく必要があるというジレンマも抱えることとなった。
性能が極端にアレンジされたわけでもないのに、MUGENに移植されたことで戦い方が変化した珍しいキャラと言える。

出場大会

更新停止中

プレイヤー操作