ダグラス・ビルド


「私は、君たちが小さな頃から父親代わりのつもりで見守ってきた。
                                  やはり、君たちをほうってはおけんよ。」

ジャレコが制作したベルトアクションゲーム『RUSHING BEAT』シリーズに登場するキャラクター。
初代と『RUSHING BEAT 乱』の2作品において主人公を務める。
悪役プロレスラーと言う経歴を持つ44歳の警察巡査部長で、真っ赤な制服が印象的。
断じてベガではない 。初代には竜巻旋風脚っぽい蹴りで攻撃するリュウという名のザコや
フライングバルセロナアタックのような技を使うバルログもどきも登場するが、 別人 である。
また、初代のラスボスの正体やエンディングの展開が龍虎の拳まんまだが、これまた 全くの偶然 である。というか世に出たのはこっちが先だしな!
ちなみに北米版では「Oozie Nelson」に改名されている。


シリーズのもう一人の主人公でビルドを父と慕うリック・ノートンと共に、
覚醒剤密造組織・ジョウカルの秘密を知ってしまったために彼らにさらわれた
ノートンの妹・マリアを助けるためジョウカルに立ち向かう。

ノートンがコーディーのようなスピードキャラクターに対して、ビルドは市長を意識したパワータイプの性能をしており
アックスボンバーパワーボムフランケンシュタイナー金的といった攻撃を使いこなす。

なお3作目『RUSHING BEAT 修羅』では主人公を新キャラ達に譲り、隠しステージに登場している。
「この右足さえ動いてくれれば…」という台詞を呟くところから負傷による戦線離脱のようだ。
事実、2作目『RUSHING BEAT 乱』のエンディングにおいて負傷し、ノートンの肩を借りている場面がある。

MUGENにおけるダグラス・ビルド


Cadavelico氏による2作目『RUSHING BEAT 乱』のスプライトを使用したものが確認されている。
AIは搭載されていない模様。
本人としての登場より電波トナメうp主代理として進藤さつきウサピーと共に司会進行をしている姿のほうが有名だろう。

出場大会