フレッド・フリントストーン

「ヤァバダバドゥ~!!」

1960年からアメリカで放映されたハンナ・バーベラ・プロダクション製作のアニメ『原始家族フリントストーン』の主人公。
美人ながら怪力で恐妻のウィルマを持つ、石器時代のサラリーマン。フリントストーン家の大黒柱。
家族構成は前述のウィルマに一人娘のペブルス、ペットにイグアノドンとサーベルタイガーを飼っている。
隣人にして職場の同僚バーニー・ラブル(ベティという妻とバンバンという怪力の息子がいる)とは親友で、
家族ぐるみのお付き合いをさせてもらっている間柄。

世界観は石器時代らしく毛皮の服を着て石器を使用しているが、どう見てもネクタイをしているし、
石で造った自動車まである(ただし運転手の足元が抜けており、そこで地べたを走って動かす)。
ちなみにフレッドの職業は採石場でのクレーン操縦士だが、クレーンはアパトサウルスである。
まあコメディアニメの石器時代ですから。
口癖は「ヤバ・ダバ・ドゥー」。 あ?「ヤマ・ザナ・ドゥー」でも「ラブ・ミー・ドゥー」でもないない。
嬉しい時に叫び、作中ではもっぱら仕事を定時であがる時に叫ぶ。

『原始家族フリントストーン』は日本でも1961年から『恐妻天国』のタイトルで放映された他、
カートゥーンネットワークなどでも放送されている。
1994年には『フリントストーン/モダン石器時代』『フリントストーン2/ビバ・ロック・ベガス』のタイトルで二度映画化もされ、
ジョン・グッドマンが演じた(後述)。
製作元のハンナ・バーベラは、黎明期のカートゥンを支えた立役者的な製作会社であり
主な作品に『宇宙家族ロビンソン』『チキチキマシン猛レース』『宇宙忍者ゴームズ』など。

+映画版について
上記の映画版だが、評価の差がもの凄く激しいことでも有名である。

良い要素
  • フレッドを演じたジョン・グッドマンが当たり役。
  • アメリカ国内で13億ドル、国外でも34億ドルを稼ぎ出した。
  • アニマトロニクスで造られた恐竜の出来がよかった。

悪い要素
  • ウィルマを演じたエリザベス・パーキンスがあまり役に合っていなかった。
  • 隣人のベティを演じたロージー・オドネルも役に合わず、この年の ゴールデンラズベリー賞助演女優賞 を受賞。
  • 以上の要素から、多くの批評サイトで半分以下の点数しかつかなかった。

売り上げは良かったので予算が出来『フリントストーン2/ビバ・ロック・ベガス』という続編も製作されたが、
まさかのキャスト総入れ替えを行い、 ジョン・グッドマン降板スピルバーグまで監督にいるのに何故…。
こちらも第21回ゴールデンラズベリー賞で最低作品賞など4部門にノミネートされた。


MUGENにおけるフレッド・フリントストーン

Warner氏が制作したものが公開されている。現在β版0.9とのことだが、技は一通りそろっている。
石器の自動車で相手を轢き潰したり、棍棒を振り回したりとそこそこ派手な技もある。今後の出番に期待したい。

出場大会

  • 「[大会] [フレッド・フリントストーン]」をタグに含むページは1つもありません。