メル

「まかせといて!」

タイトーが1991年に発売した横スクロールアクションゲーム『プリルラ』の登場人物。
某魔物の子某マスターズ夫妻の息子や某イラストレーター安西信行の漫画とは関係ない。
2Pを選択した場合のキャラクターであり、1Pの男の子のザックと力を合わせて攻略していく。
モスグリーンの帽子と服、リボンを結んだおさげが特徴的。

+ あらすじ

ゲーム自体はオーソドックスで、手に持った杖で敵を倒し、動物を回収し、先に進んでいくというもの。
魔法で回数制限ありの全画面攻撃技があったり、1P2Pの魔法同時発動で大ダメージを与えられたりしている。
……なのだが、ストーリーはともかくステージがどうにも前衛的というかカオスであり、
特にステージ3の「誇大妄想家の街」は、 メルヘン どころか メンヘル に見える。
まあ、「誇大妄想」はれっきとした精神疾患だから、あっているとも言えるが。
参考:ステージ3は4:45から。

かわいい上に1Pの男の子のザックより微妙に性能がいいため、メルを使用する人も多く、
ザックのほうは主人公(笑)扱いされてしまうことも。


MUGENにおけるメル

の。氏によるものが存在している。流石に原作のままだと技が足りないため、かなり改造が施してある。

攻撃を当てるごとに動物が登場し、それをキャッチすることで最大26匹までストックされていく仕様になっている。
必殺技は動物を召喚するものがメインであり、呼ぶ種類ごとにストックを消費していく。
超必殺技「動物大行進」では、ストックに応じて技が強化される大技である。
参考:10:03~

現在は、流れ者氏が代理公開している。

出場大会