グラドリエル=ド=ヴァレンディア






  「この一撃でいい、とどいて!」

アトラスが1997年にセガサターン用に発売したアクションRPG『プリンセスクラウン』(通称プリクラ)の主人公。
2005年にPSP版も発売されているので、知ってる人は結構多いと思われる。
偉大なる女王エルファーランの末娘。母譲りの勇敢さと優しさを持つ少女。
世間知らずで無鉄砲なところがあるが、言動にはどこか気品が漂う。
「双子は国を分かつ」という言い伝えに従い王位を継承できない姉二人にかわり、13歳にして「王家の剣」と「光の王冠」を受け継ぎ、女王に即位する。

のアーリアと出会い、城を抜け出して世界を旅する冒険に飛び出す。
普段、王家の剣を運んでいるのは彼女らしい。
ゲーム中、敵を攻撃したりアイテムを何処かから持ってくるといったサポートをしてくれる。(wikipediaより抜粋)

しかし、女王が度々城を抜け出すというのはいかがな物か。(一応、ジェストナイという女王に仕える魔術師が代わりに内政をしてくれているが)
普通に話しかけても女王に気づかない住民も住民である。(王冠も着けてるのに気づかない)
なんなんだアンタら

悪のグラドリエルについて

物語の終盤、憎しみや怒りのあまり闇の心に支配され、魔の者となったもう一人のグラドリエル。
13歳の身体から一気に成長したナイスバディをボンデージ風の衣装で包んだ妖艶な姿。
本来のグラドリエルの心は闇の心に言葉で責められ、肉体を乗っ取られかける。
しかし王冠の力が見せた母の姿の励ましにより踏みとどまったグラドリエルは、心の世界で悪のグラドリエルを倒す。
光と闇がともに心にあることを受け入れたグラドリエルは、以後悪のグラドリエルの姿に自らの意思で変身できるようになる。
変身中は強力な攻撃魔法を連発できるが、スタミナゲージが徐々に減る、攻撃を行うたびにHPが減る、スタミナが切れたり敵の攻撃を受けると変身が解除されるなど制約が多く、ゲーム的にはやや使いどころが難しい。
変身には王冠の力を借りるという設定なので、王冠が無いラスボス戦では使えない。
+ 余談だが

世界樹の迷宮Ⅱ」にそっくりさんが出演している他、「Fate」シリーズのセイバー、「ラ・ピュセル 光の聖女伝説」のエクレールなど、青系の服にスカートの剣士というデザインに影響を受けているキャラクターも多い。…というかエクレールは外見だけでなく王女であることや闇の姿になることなど、どう見ても設定ごとそのまんまです。本当にありがとうございました。

MUGENでのグラドリエル

KEITARO氏による物が存在する。
本人いわく0101版でしか動かないとのことなので、Ayustat氏作成のパッチを当てる必要がある。
魔法石(ファイヤのみだが)やアーリアのサポートも搭載。
現在の完成度は75%との事で、今後は闇モードも作る予定らしい。
AIは搭載されていない。

2016年4月におかん氏が新たにグラドリエルを公開。
原作よりもかなり身軽で、多彩な動きや派手なエフェクトが特徴。
FF11の両手剣技や、ヴァルキリープロファイルの大剣技などを使うことができるほか、
3ゲージ消費技で悪のグラドリエルに変身するシーンで、しっかり全裸を披露してくれる。
的確な回避行動や積極的な攻めをしてくるAIが搭載されている。

出場大会

更新停止中