スコーピオン(形意拳)

"Ah Ha! No success!"

 「形意拳」でのキャラ名 : スコーピオン
 本名 : 白少廷
 流派 : 蠍子拳
 年齢 : 21歳
 性格 : 自己中心的、冷酷、女好き
 趣味 : 女好き(蛇拳を除く)
 家族 : 両親

台湾のゲームメーカーIGSの対戦格闘ゲーム『形意拳』のキャラクター。漢字では「蠍子王」と書く。
忍者でもアメコミでもレスラーでもない。

黒い長髪と紫のスーツが特徴である、薔薇の花を片手に携えたキザな青年。
金持ちの一人息子であり、そのせいか性格はやや自己中心的である。
無類の女好きであり、作中でも女性キャラのクレーンサオジンに(一方的に)アタックをかけては嫌がられている。
幼なじみで許婚でもあるレッドスネークは唯一頭の上がらない相手であり、彼女から逃げるために各地を転々としている。
エンディングでは美女を両手にウハウハ気分でいた所を彼女に見つけられ折檻されている。
しかし別にモテないというわけではなく、故郷では名を知らぬ者はいないほどのプレイボーイであり、現在もその名は衰えていることは無い様である。
ゴーストキックとは世界最高峰の脚技使い「神の脚」の座を懸けたライバル関係にある。

海外製のゲームを日本に持ってくると言語翻訳のミスが生じる事は多々あるが、
この形意拳も例外ではなく、この人もなんか 微妙に日本語がおかしい
しかしそれ以上におかしいのは 歩きの動作 である。上の画像や下のドット絵で取っているポーズ、これが蠍子拳(サソリ拳)の構えである。
一見して美形なキャラが何の脈絡もなくこんなポーズをとってるだけでも十分おかしいのだが、
レバーを左右に入れると このポーズで這いつくばっていく のである。
下のしゃがみポーズの画像の姿勢で前後に動くので一見「特殊動作のしゃがみ移動なのか?」と思ってしまうほどだが、
れっきとした 通常移動モーション 「き…気持ちわるー!!(ガビーン」と声を上げてしまうこと必至。つーかこっちくんな。
普通にしていれば(多少濃いが)カッコいい方なのに対戦中の所作一つでそれを台無しにしている…という点では
ある意味げんじんしん様の先駆者であったといえるかもしれない。
とはいえ、一旦攻撃に移るとアクロバティックで実に華麗な動きを見せてくれる。この辺はさすが形意拳といったところだろうか。
そんなこんなで一定の人気は得ているようで、某漫画のファンの投稿ネタに引っ掛けて「スコ様」と呼ばれたりとか呼ばれないとか。

+ モデル?

ゲーム中では長い手足を使った変則的な高速打撃を武器とし、攻撃、移動共に同作トップクラスのスピードを誇る。
攻撃力はあまり高くなく、遠距離戦はあまり得意ではないが、中段・下段両方の技を豊富に持っており
しかもそれらをキャンセル(派生)で連携させることができるので、接近しての攻撃能力はなかなかのもの。
中距離では隙の小さい空中二段蹴り「天刀旋風腿」で牽制しつつ姿勢の低い前後移動で隙をうかがい、
首尾よく接近したならガードを激しく揺さぶれる連携によるガード崩しと、弱攻撃から(超)必殺技までお手軽に繋がるコンボ狙いで一気に削っていく。
移動の姿勢が低いのを利用して相手のジャンプをくぐり、背後からコンボを狙いにいくのも強い。



MUGENにおける白少廷

  • Lord Skiff氏作
一通りの必殺技超必殺技は完備されており問題なく使用可能なものの、分身攻撃などの「形意拳」固有のシステムは実装されておらず、
素材が揃えられていないのか一部必殺技の追加入力がないなどやや体験版的な内容。
また超必殺技「天蠍狂刃斬」がオリジナルの非ロック型乱舞技に差し替えられている。
ゲージも3本しかない(原作では9本溜まる)。
その代わりコンビネーションに原作になかったルートが多数追加され、全体的に必殺技の隙が少なく調整されていたり
ダウン追撃判定が追加されていたりして、これはこれでなかなか爽快な使用感のある仕様である。
攻め攻めな感じのAIも搭載されている。
ちなみに、アケ版と同様のEDも付属(但し字幕は英語)。

  • 日本破壊結社NHK氏作
こちらのスコーピオンは上記の分身攻撃の他、リープアタックや後転奇襲、崩し投げ、ダウン追い討ち、移動起き上がりなどといった
原作の特殊システムをすべて搭載、必殺技、超必殺技も追加入力も含めて完備されており、さすがの完成度。
一度見たら忘れられない独特過ぎる挙動の数々を余すところなく楽しめる。
残念ながら、現在はフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可。

デフォルトのAIは存在しないが、5%オフ氏による外部AIが公開された。


"I'm the chosen one!"

(訳:僕こそが神に選ばれた人間なのさ!)


出場大会

更新停止中

出演ストーリー