ブランドー一家


ニコMUGEN絵板 より rei氏作。


『ま、待ってよ姉さん…』

あらすじ

『巨額の借金を二人の子供に託し失踪したDIO。DIOの双子の弟であるベン叔父さん、二人のクラスメイトである承り君の協力を得て、二人はついにDIOの居場所を突き止める。しかし、DIOは二人から逃れるべく新たに借金をして雇った強力な刺客を放つのであった・・・』

解説


子供に借金を押し付け失踪するというまさにド畜生のDIOをぶちのめすべく咲夜達がDIOに挑む所から一話が始まる。
第一話の時点ではストーリーパートはなく字幕だけであるが第三話から本格的にストーリーパートが始まることになる。
とても淡々としている会話がツボにはいると面白い。
またキャラがどいつもこいつも原作から全くの別人のようにかけ離れているが
そのおかげで別のキャラクターとして見ることができ、とても良いキャラクターとして立っている。
この作品の登場人物として見るのがベタだろう。
MUGENストーリー動画の黎明期を支えた偉大なる先達であり、原作設定無視カオス系ストーリーの草分けとも呼べる物語である。
この作品に影響を受けてストーリー動画を見始めた、あるいは作成に着手した視聴者たちは数知れない。

ストーリー動画なのに唐突にトーナメントを開始したり、
ランダムセレクトを使用した画期的なバトルロイヤル方式を生み出すなど色々フリーダム。

キャラや設定がカオスなんでそういうものが好きな人はどうぞ。
激流に身を任せ楽しもう。

カオスなノリの一方で、どこか懐かしい学園ドラマとしての一面も持っていたりする。
「学校帰りにみんなで牛丼」「クラスメイトのバイト先に突撃」「購買のパンを巡って戦争勃発」
のようなキーワードにピンと来る青春欠乏中な方にもオススメである、カオスだけど。
そんなハートフルボッコストーリー。

NEO(『あといろいろおかしな設定だけど気にしたら負けだとうp主が言ってた。』)

2008年1月31日に始まり10月24日に 完結
全パート数89動画(番外編含む)の15話、約八ヶ月の大長編ストーリー動画となった――のだが。

+ ...

注意書き

オリジナル設定や性格改変を多用している性質からか、動画冒頭に以下の注意書きが添えられるようになった。

+ とっても大事な注意書き ブランドー一家うp主より

要するに、時と場所はわきまえましょう、ということ。

登場人物

+ 激流に身を任せすぎた人達

関連ストーリー


関連大会


コメント

+ ネタバレ注意


マイリスト


+ 絵板に投稿された画像


添付ファイル