マジック・ダンカー

マジッ ダンカー!


「俺は最強だ!誰でもかかってこい!」


純韓国産 のネオジオのバカゲー『ファイトフィーバー(正式名「王中王」)』の登場キャラクター。

アメリカ出身のテコンドー使い。名前の通りバスケットボール選手でもある。
どう考えても本名っぽくない名前だが、このゲームなのでもしかしたら本名なのかもしれない。 だとしたら親は相当なバスケ馬鹿である。

抜群のジャンプ力を武器に、高速回転突進やバスケットボールを飛び道具とするアメリカンテコンドーを駆使して戦う。
実際のテコンドーでは体当たりは反則なのだが・・・実戦では理由たならんわ!

彼の必勝技「雷雨拳」(空中からバスケットボールを投げ、着弾すると下段判定地を這って進む飛び道具技)は、
ガード中に立ち・しゃがみを切り替えられないファイトフィーバーの仕様のため、ガードできないことがある。

色物だらけのこのゲームでは一見まともに見えるが、敗北ポーズが内股でやたらナヨナヨしていて、おまけにたくし上げまでしている。正直気持ち悪い。

ちなみに、黒人バスケットボール使いというとラッキー・グローバーボビー・ネルソン、一応ショーン等がいるが、ゲームに出たのは彼が先である。


MUGENにおけるマジック・ダンカー


死門氏のものが存在したが現在は入手不能。
原作再現タイプで、判定や技などもしっかりと再現されているが、
仰け反り中に無敵になるということはないので普通にコンボが入る。
超必勝技は出かかりに28Fという凄まじい長さの無敵がある突進技で、
画面半分程度の距離であれば相手がビームを出していようが全画面判定の攻撃中だろうがぶち抜いて攻撃できる。
そして恐ろしいのが"ヒット数がランダム"であること。
最低1回は保障されているが、1Fに1回、1/4の確率で攻撃判定を出すかどうかの判定が行われるようになっており、ヒット数が異常に伸びることも。
ちなみに出かかりから当てた場合ダメージは理論上最大960まで伸びるが、実際に出るダメージは3割から運が良くても5割程度。
最低保障分の1回は相手を空中吹っ飛び状態(gethitvarのfallが1になった状態)にするため、基本的にはそこでコンボが途切れる。
なお、画面3/4程度離れた位置から使うと相手がダウンしないためヒット数はさらに伸びるのだが、ロマンというレベルではないので考えるだけ無駄。
遠距離で挑発をしてくるAIになら当たるかもしれないが…。

Nori氏のAIが存在する。かつては本体公開サイト削除の関係で公開停止だったが、本体公開サイト復活とともに再公開された。

+大会ネタバレ
高い所から落ちれば死ぬトーナメントにて、不可解な連続ジャンプでルールを理解しまくったように 気合で浮いてみせ
落ちそうで落ちないしぶとい好・珍勝負を連発。
惜しくも優勝こそ逃したものの、その奇っ怪すぎる動きは多くの視聴者を破顔させ、「キシン流テコンドー」「チーターマン」とあだ名された。
そのインパクト故か、後に同作者の別大会のストーリーパートで「鳶職人」として登場。
お前のような鳶職人がいるか!
恐ろしいのは、これがキャラ本体やAIを魔改造した結果ではなく、特に手を加えていないのに起こったことであろう。ありえん(笑)
(大会ルールを再現するための特殊なステージと、キャラの仕様の何かが化学反応を起こした結果と思われる)

大盛りシングルトーナメントでは、よく当たる飛び道具と黄金の回転と称された長い無敵の突進を駆使して
ヨハン初代天草といった強敵を視聴者の下馬評をことごとく覆して勝ち進み、
実力者と目されていた空手先生でさえも敗退する中でファイトフィーバー勢最後の一人として孤軍奮闘、
参加人数3000人を超える大規模トーナメントの中でベスト36という予想外の高成績を残した。
ダンカーとファイトフィーバー勢活躍まとめ動画

出場大会

更新停止中

「信じられん、この俺が負けるなんて・・・」


添付ファイル