ニック・コマンドー

ニッ コマンドー!


「俺がNO 1.

 だ!次は誰が相手だ!」


純韓国産のネオジオのバカゲー『ファイトフィーバー(正式名「王中王」)』の登場キャラクター。
コマンドーだからといって彼ら仲間というわけではない。

ホッケーマスク風の仮面を被り、任務を遂行するテコンドー使いの軍人。
アメリカ人であることと、白人であること以外のプロフィールは不明である。
素顔を隠しているとは余程重要な任務があるのかと思いきや、負けるわける あっさり仮面を外す
そして何気にイケメンである。
勝利台詞にて、「No.1」でなく「NO 1.」だったり異常な改行をしていたりするが 気のせい なのでどうということはない。

爆発しない 手榴弾を投げつける高性能な飛び道具を操るコマンドーテコンドーを駆使して戦う。
しかし超必技がただでさえ技が出ないこのゲームの中で屈指の出にくさとなってしまっている。
「半月拳」というどこかで聞いたような技を使うが、技の内容は
斬影拳のような姿勢で突進しアッパーを繰り出すというものだったり、
ガードさせても大きく有利フレームのつく頭突き技「撲頭撃」を使ったりと
最早テコンドーしてないのはファイトフィーバーだから仕方ない。全く理由たならんわ!

ファイトフィーバーキャラの例に漏れず、超必勝技の名称は不明で
半月拳のモーションで突っ込んでいきヒットすると乱舞を繰り出すものとなっている。

MUGENにおけるニック・コマンドー


ファイトフィーバーのキャラクターであるマジック・ダンカーロッペンハイマーと同様に、
死門氏により原作再現タイプの物が存在したが現在は入手不能。
AIは現在NS氏によるものが公開されている。かつてケン・カスタード氏も制作していたが、現在は公開停止&動画使用禁止
+ケン・カスタード氏AI
4月13日の更新で、隠しレベルレベル6が実装された。
ガード精度や立ち回りはあまり強化されないが、しゃがみ小足ばかりで攻撃してくるようになる。
だが、普通のしゃがみ小足では無い。
このしゃがみ小足が一度でも入れば、簡単に10割を奪ってしまうほど、あっさり倒せるレベルに変わる。
(キャラクターによって変わるが)
尚、このレベルになると超必技を全く使わなくなるので確実にハメられる恐れあり。
参考動画(5:40から、ヒット時のノックバックが全く無い処に注目)

なおこの小足、単発で当てるとちゃんとノックバックが発生する。
実際には、ノックバックが始まる前に次の小足が当たっている状態である。

ちなみに氏によると、小足の速さは「すさまじいなw」との事。実際は全然すさまじくない

簡単に言うと、このレベルは卑怯である。
(でも、NO 1.なのでしょうがない。)

尚、最新版の6/22版で遂に自重しなくなった。
一度ハマれば脱出不可能の為、強~凶キャラ用のレベルといえる。
だが、相手が壁側にいると途中で途切れてしまい、ハメれないという弱点がある。
絶対に脱出不可能とは言えないので、良心的なレベルではある。

ちなみにこの小足連打による永久、人操作では連打の間隔に制限がかかっているため絶対にできない。
とはいえ小パン(もしくは小足)→撲頭撃(不自然な姿勢の突進技)→目押し小パン→…が永久になり、
始動の小パン、小足は発生1Fのためニュートラル状態の相手に出すとガー不技になる(ただし1P側から2P側にいるAIに向けて出した場合を除く)ので、
実は小足連打がなくてもえげつないキャラだったりする。
+NS氏AI
AIレベルを4段階から選択可能。頭突きのループ回数を指定することもできる。
紹介動画では「今回はあえてえぐめに作ってみました」とのこと。

出場大会

削除済み
更新停止中

「俺の負けだと!?もう一度チャンスをくれ!」

添付ファイル