ちょりそ!


1. 産の豚肉ソーセージ。
2. 漫画家・桜玉吉の元アシスタントでイラストモデラーの牧野伸康ことちょりそのぶ。
3. D4クーラなどで知られるあなろぐ餅米氏によるオリジナルキャラクター。
本項では当然3を解説する。


孤独で自分を縛る登校拒否生徒「そーちん(本名:総一郎)」、擬似天然美少女を装う「ほーちん(本名:法子)」という少年少女が
翼竜のような怪獣・ヴォロウ(別名:飛翔怪獣)に乗っているというもの。

キャラ名の由来や彼らについての およそテレビや一般誌には載せられないほどディープで卑猥な
詳しい設定は付属のテキストファイルと漫画に記されている。

典型的(とは言い難いけど) リア充 で、
2人して海水浴に行った(つもりになった)り、 クリスマスのケーキをあ~んむぐもぐ したり、
2年連続 0泊2日の 初詣+初日の出を拝みに行ったりしている。
つうか普段から しゃぶしゃぶ してる形跡が…おまわりさんこっちです!

同製作者のmugen関連紹介動画で進行役(のフリした何か)を務めることが多い。

+ そーちん
+ ほーちん

あとなんか最近 マンガになったらしい…



mugenキャラとしては見てのとおり(?)ののりものキャラである。
イントロで無関係なキャラをふっとばすのは相変わらず。
のりものでおなじみのハイパーアーマーの他、地上モードと空中モードの2種類がある。
開始時は地上モードになっており、このときは動作が鈍いが
ここからジャンプをするか急上昇(623XorY)という技を使うと空中モードに移行できる。
この時は方向ボタンで自由に動き回れることが可能。地面に触れると地上モードになる。
(この辺り、わかる人は『ゴジラ 怪獣大決戦』のモスラのような性能だと思えばピンとくるはず)

攻撃技は全てヴォロウによるものとなっている。嘴で相手をつつき、口からは赤色光弾を放つ。
怪獣だけあって(?)攻撃力が高く、 LIFE2500 とタフである。
鳴き声はラドンのものを使用している。

勝利画面・台詞も用意されており、ほーちんとそーちんのバカップルぶりを垣間見ることができる。
二人のキャラの音声は、こちらのアニメの主演の二人からキャプられたもので、根性の編集によって会話とキャラを成り立たせている。
また、タッグ戦でチームメイトが勝利後カットインを持っている場合、 こっちのカットインを思いっきり邪魔されてしまう のだが、リア充だからしょうがない
このカットインはその後の更新によって新mugenのワイド画面に対応するようになった。見切れていた部分にもう一枚のカットが表示されるのだが・・・うん、 エロ・・・い・・・?
否、あくまでも 「口を使って薬を塗ってあげている」 だけだ、何、気にすることはない


「人間が怪獣に勝てるものか」
「そーちんは人間だよ!ほーちんも人間だよ!」
「…そう…だっけ」


2010年末~2011年正月にかけて限定版が公開された。
上記ののりものキャラではなく、同作者の壁キャラを改造した物で、
対戦相手は画面端(自分の背後)にいるそーちんと、近づいてくるほーちんの間に立ちはだかり、
2人の接触を阻止するという構成になる(正月版は2人の位置が逆になる)。
接触を許してしまうと 非常に悔しいカットインを見せ付けられる ことになるので全力で阻止しよう!


出場大会