窓付き


キャラクター設定

ききやま氏製作のRPGツクールゲー『ゆめにっき』の主人公「よう、窓付き」
ピンクの服にお下げ髪の、眠っているかのような目が特徴
現実と夢を行き来し、特殊能力「エフェクト」を集めつつ夢の世界を探索する。

エフェクトとは、装備することで様々な効果を発揮する特殊能力。
夢の世界のあらゆる場所に散らばっており、各世界の住人や怪しい場所を調べると手に入る。
全部で25種類もあり
  • ★じてんしゃ★移動速度が速くなる
  • ★かさ★雨を降らせて火を消す事ができる(★ゆきおんな★でも消火は可能)
  • ほうちょう★唯一の攻撃手段
  • ねこ★猫耳と尻尾と肉球と鈴の四宝を備え、特定の物を引き寄せる。引き寄せる際、窓付きが目を開き、赤い目をしてることがわかる。(★ゆきおんな★使用時も目が赤い)
他にも金髪になったり太ったり顔だけカエルになったりホウキに乗って空を飛んだりと様々。
エフェクトは一度に一つしか使用できないが、二つ同時に使えるバグ(見た目は通常のまま)があった。

探索する目的は不明。現実世界の自室からは出ることは出来ない(出られないのか、出たくないのかは不明)。
「ダメッ! ムリッ!」

また、その素性も不明。窓付きという名前も、メニュー画面に表示されているだけに過ぎない。
少女は今夜も孤独で不気味な世界を彷徨い続ける。

+ 『ゆめにっき』とは

このゲームをプレイしたユーザーの評価は賛否両論で、「不気味なだけのホラーゲーム」から「芸術作品」といった両極端な評価が
この作品を端的に表していると言える。
また、あまりに謎が多いためかファンの間で幾度となく議論が重ねられ、様々な説が生まれている。
窓付きの境遇や、名前の由来、夢の世界のギミックやキャラクターに至るまで多岐に渡っている。
BGMや演出の評価も高く、その強い癖から根強いファンも多い。BGMのアレンジといった二次創作も盛んに行われている。
派生作品もいくつか作られているが、どれも続編ではなく二次創作であることに注意。

殆どのキャラクターの正式名称が不明なため、ファンの間で便宜的に命名が為されており、
名前そのものから発祥したネタも非常に多い。
+ 一例

先駆けて小説化した『青鬼』に続き、『ゆめにっき』も小説版が発売された。
原作では台詞や字幕が一切なく、声も「駄目っ!」と「無理っ!」と★ねこ★使用時の「にゃんにゃーん」しかなかったが、小説版では口数が少ないながらも淡々とした口調で喋る。
また、「エイリアン9」などで有名な富沢ひとし氏が作画を手掛けたコミカライズ版も2014年に発売されている。


MUGENにおける窓付き

通行忍氏の製作したキャラが公開されている。
二次創作ゲーム『ゆめにっきスマッシュドリーム(仮)』を基にしており、エフェクトや、夢世界の住人の力を使って戦うが、人間弾幕と呼べるほどの数と連射性はない。
ただし、ゆっくり前進するポニ子を攻撃してしまうと全画面判定の反撃を受けるので注意!
元ゲーの仕様上コンボ能力は低く、単発火力が高めに設定されている。
おまけとして、モノ子(ヨコハマタイヤの改変)が同封されている。
亞氏による外部AIが制作されていたが、ブログ閉鎖及びOneDriveのアカウント凍結により現在入手不可。
2014年1月22日にejanho氏のAIがSkyDriveで公開された。例によってメチャ強AIである。

この他、二頭身の手書きドットの窓付きが公開されている。
リーチが短く、★ほうちょう★以外のエフェクトを使えないが、「大乱闘スマッシュブラザーズ」風の赤いシールドを使用してのガードが可能。
AIはなし。

出場大会

出演ストーリー




添付ファイル