ポチョムキン




「命を懸けてかかってこい!」
 出身地: 浮遊大陸ツェップ
 生年月日: 10月18日
 身長: 245cm(〜XX)、258cm(Xrd)
 体重: 656kg(〜XX)、1212kg(Xrd)
 血液型: O型
 趣味: 絵を描くこと
 大切なもの: 竜が踏んでも壊れない筆箱
 嫌いなもの: 4トン以上の筆圧に耐えられない鉛筆
 所属: 軍事国家ツェップ
 アイタイプ:
GUILTY GEAR』シリーズに登場するキャラクター。初代より登場している。

軍事国家「ツェップ」出身の兵士。ガッシリした…というか人間じゃない体格で威圧的な印象を受けるが、心は優しく義を重んじる武人。
いかにも打たれ強そうなゴツイ顎、四角い顔、後髪を少し伸ばして束ねている等、スティーヴン・セガールの影響が見受けられる。
そんな無骨そうな外見に反して、絵を描く事が趣味と言う芸術家気質な面も
ポチョムキンという名前の由来は、帝政ロシアの戦艦ポチョムキン
(18世紀ロシアの軍人・政治家で女帝エカテリーナの愛人でもあったグリゴーリイ・ポチョームキンに由来)からとも、
他のGGキャラが音楽ネタなので日本のヒップホップユニット「餓鬼レンジャー」のメンバー・ポチョムキンが由来とも言われている。


初代では仲間を人質に取られ、奴隷兵士として望まぬ戦いを強いられていたが、
EDにて実はそれが全てガブリエル教官によるクーデターの下準備であったことを知る。
当初は威圧的で軍国主義の塊に見えたガブリエルを嫌悪していたポチョムキンだったが、
全てはクーデターの為の演技であった事を知ると、彼の器量の大きさに感服し、尊敬するようになった。
その後クーデターは成功、ツェップは平和的自治を手に入れた。
彼も自由の身となったが、自らの意思で国家の治安維持に貢献する道を選んだ。
家庭用のストーリーモードでは「大統領になって良い国を作る」夢があるチップを仲間に誘ったりもしている。

首に付けているアーマーは、元は奴隷の逃走を阻止する爆殺首輪である。
GGX以降では外している場面も描かれている。

余談だが、ギルティギア開発段階の設定では斧使いであった。
斧術の名門であるハンセン家に生まれ、名斧「ドレッドノート」を自在に操れるようになるため体を鍛え続ける。
だが、「ドレッドノート」を使いこなせるようになった頃には、身近にまともに戦える相手がいなくなってしまったため、
大会に出場する事を決意する…という設定。設定や容姿が変わってるキャラはGGでは結構いるものの
貴族から奴隷兵士とはいくらなんでも落ちぶれてはないだろうか。

中の人は、同作のファウストや『悪魔城ドラキュラ ジャッジメント』のラルフ・C・ベルモンドなどを担当している近藤隆氏。

ドット絵から3Dグラフィックによる2Dアニメ調の再現に移行した『Xrd』にも続投している。
+ …するのだが…

+ ガブリエルについて

+ 参考動画

原作での性能

彼を象徴するコマンド投げポチョムキンバスター」のイメージが強く、格闘ゲーム的に見れば「投げキャラ」に分類されるように思えるが、
リーチ・判定に優れた牽制や、飛び道具を跳ね返す技に加え、移動技も持っているなど、意外に芸達者であり、
「投げキャラ」に留まらない「デカキャラ」や「パワータイプ」であると考えるほうがいいだろう。 肉キャラとか。
動きが遅く、フロントダッシュ(空中含む)が出来ない事が欠点だが、バックステップの無敵は非常に長い。
基礎的な機動力で猛烈なハンデを貰っている分、攻防の基本値は高めに設定されている。
ただし、GBA版GGXでは隠しキャラとしてダッシュはおろか、空中ダッシュまで可能なポチョムキンの雄姿が拝める。
#Rまでは中堅下位~下位のランク(初代では最下位)。スラッシュでは中堅上位辺り。
ちなみにバトルロイヤル形式のイスカでは、振り向きボタンで相手に背を向けバックステップ連発で間合いを詰めるという基本性能ぶち壊しな芸当が可能。

青リロは下位キャラだったとはいえ、エディに唯一対等に挑めたスレイヤーに対して有利だったため評価は低くなかった。
当時のスレイヤーの脅威と言えば無敵付加であるが、無敵マッパハンチは直前ガードすればポチョムキンバスター確定である。
至近距離の無敵吸血も、投げ間合いに勝り対投げ無敵もあるポチョムキンバスターで投げ返すことができる。
またポチョムキンの技は動作が遅いが、その分攻撃の持続が長くリーチもあるのでダンディーステップを潰しやすい。
このように技相性がすこぶる良く、単純にダメージレースでも勝っているため、このカードはポチョムキン有利が定説だった。
また上記にある通り見た目とは裏腹に芸達者で戦略の引き出しが多いため、実はエディ戦も大幅不利とはいえ詰むほどのカードではなかった。
相性が悪そうと挙げられやすい対アクセルは「ポチョムキン側がやることをやれば五分」とまで言われる。
これについては、ポチョバス>遠S>ヒートナックルや6HS>ヒートナックルが中央で繋がるというキャラ限特大威力コンボの対象キャラであることも大きい。
じゃあ芸達者だから天敵はいないのかと言うとそんなはずもなく、ディズィーミリアが天敵であった。
要するに、動きが素早く、中〜遠距離からでもプレッシャーをかけられるキャラがキツいのである。
特にディズィーは「ポチョムキンの嫌がるあらゆる要素を持つ」とまで言われる天敵中の天敵。
スライドヘッドがダッシュに当たらない、打撃判定の攻撃オプションを持つ(=FDBで反射できない)、
ハンマフォールが見てから遠Sで潰されるなど、とにかく相性が悪すぎた。
おまけに当時のディズィーは防御力が今ほど低くなかった(ピヨリ値、根性値は低かったが)。
他には先述のエディファウストもディズィーやミリアほどではないがしんどい。
という風にキツい組み合わせもあったが、やり込めばやり込むほど結果が出るし奥も深いため地味に人気があるキャラだった。

アクセントコアでは「ポチョムキンバスター」FRCや2Sの引き寄せ効果の追加、JSのCH時のリターンアップ、
6HSのガード硬直時間増大、「ヒートナックル」がダウン確定技になる等の強化点が目立つ。
そして最大の強化点が「スライドヘッド」。元々ガード不能の地震攻撃で相手を長い時間ダウンさせる技だったが、
これに加えて地震によるダウンがダウン中に引き剥がして追撃可能な特殊ダウンに変更。
ガード不能技からコンボが可能になり、スラハメ、ガイガンハメなどのハメ技が出来てしまった。
(スラハメは知っていれば読み合いになるのでハメと言うよりは強力な起き攻め
現在のダイヤグラムではエディテスタメントスレイヤーに次ぐ上位キャラとなっている。

因みにチップの専用wikiでは、ポチョムキン対策のページで「永遠のライバル」と書かれていたりする。
性能が正反対だとかいろいろあるとは思うが、やはり「ポチョムキンバスター→シッショー」のイメージが強すぎるからなのか…。
一応、昔はともかくアクセントコア以降での対チップ戦のダイヤは5分前後程度に収まっている。

たまにポチョムキンバスターのことが「最強攻撃」と呼ばれることがあるが、
これはどこかの謙虚なナイトがこの技を「バスター(最強攻撃)」と言っていたことによるものである。
他にも彼は、そのときポチョムキンの名前を「ぽちょきん」とタイプミスしてもいた。
ただでさえ割とユーモラスな響きの名前なのに、さらに気の抜けるような感じになってしまっている。

家庭用に搭載されたEXモードでは攻撃が大きく変化。
全体的に火力が下がり一発キャラでは無くなるものの、移動投げであるニトロフックを軸にニトロで吸って派生技のヒートエクステンドでゲージ回収。
50%貯まればヒートエクステンドから更に派生のヘブンリーポチョムキンバスターでダメージの底上げ。
最速で発生14f、暗転後0f発生の空中版ガイガンティックブリッドによりガード崩しなどプレッシャーをかけつつ、
ちくちくと体力を削っていくタイプのキャラになる(ちくちくとは言えニトロ→エクステンド→ヘブンリーで軽く3割吹っ飛ぶが)。
通常版ヘブンリーが無くなり対空が不安に思えるが、
性能変更されたS版ヒートナックルの鬼性能(発生まで投げ以外無敵+そもそも出が速い+判定強く無敵技以外のほとんどの攻撃に相打ちが取れる)や、
全身ガードポイント発生技アンブレイカブルスピリッツで攻撃を耐えつつ、
そこから派生のポチョムキンバスター、ヒートナックル、ジャッジガントレットで反撃と読みさえ当たれば鉄壁のディフェンスを展開する。
これだけ見れば強化点が異常に多いように見えるが、FDBの弱体化とガイガンダーの発生保証消滅、ガドリングルートの大幅削除など弱体点も目立ち、
ヒートエクステンドやS&HSヒートナックル、通常投げとキモになる技のほとんどが相手を遠くに吹き飛ばしてしまう技なので、
ノーマル版以上に相手を捕まえるのに苦労する。
おかげで対アクセルやブリジットなど遠距離メインのキャラ相手だと泣きそうになる。

「Xrd」では高速中段として重宝した6Kが上段判定のタックルに変更されたことによる崩し能力の大幅な低下、
「ハンマーフォールブレーキ」の動作中が被カウンター判定になる、
「ヒートナックル」が相手を大きく吹き飛ばすために至近距離でのダウンが奪えなくなり、
「ヒートエクステンド」に繋げずに止める利点がほぼゼロになる(一応画面端ならキャラ限で追撃できる)、
「F.D.B」による衝撃波の判定縮小&飛距離大幅短縮化など、数々の手痛い弱体化を受けた。
また「Xrd」の新規システムとの相性が悉く悪く、恩恵をあまり受けられない。
その為ランクは最下層クラス、一時期は1弱とまでされていた。
しかし新技&新要素に伴う強化点もある。
新技「トリシューラ」に黄RCをかけてからの物理的に見えない中下段と投げの択一攻撃が可能になり、
同じく新技「I.C.P.M」によってエリアルから容易にダウンを奪えるようになった。
そして何より光るのが、先述の6Kが空中ヒットさせることによって壁張り付きを誘発するという点。
これに最速タメで「ハンマーフォール」が間に合うこと、更にブレーキで6Kに擬似的なキャンセルをかけられることを利用し、
6K>最速ハンブレ>6K>最速ハンブレ>6K……と、画面端の相手にノーゲージで何発も6Kを浴びせるコンボが確立。
これが今作のポチョムキンにおける最重要テクニック、人呼んで 「儀式」 である。
決まれば平気で5~6割、覚醒必殺「ガイガンター改」を絡めればそのまま気絶→もう一度儀式によって即死も有り得る。
入力のタイミングは極めてシビアだが、この「儀式」を安定して成功させられるか否かで
ポチョムキンのダメージ効率には 天と地ほどの差が出る といっても過言ではない。

研究が進み、アップデートによるアッパー調整&苦手キャラの下方修正がかかったことによって評価は上がり、
弱キャラの域は脱していないものの、従来のポチョムキンの奥深さを証明してみせた。
恐ろしいほどの直ガ精度と驚異のやり込みで知られるポチョムキン使いのFAB氏に至っては、
ドイツ・フランクフルトで開催された大会「FFM Rumble #8」で 全勝優勝 という快挙を成し遂げている。



+ 参考動画

MUGENにおけるポチョムキン

無敵医師氏の製作したポチョムキンが有名。
㍻㌢氏のAIも搭載されているので、見る機会は多い。
初期の頃は頻繁に投げや単発ポチョムキンバスターを狙っていくスタイルで、正に投げキャラといった風情だったが、
何回かの更新でハンマーフォールを多用するようになり、鈍足キャラとは思えないほど機敏な立ち回りを駆使する。
最新では、ヒートエクステンドRCからのコンボ、高精度の当て投げなどの行動パターンも追加され、更に強くなった。
特にメガフィスト→ポチョムキンバスターなどの当て投げガードキャンセルしないとほとんど避けられないほどの速さなので、対戦する際は注意が必要。

また試合開始までにアクセントコアモードと家庭版専用のEXモードに変更できる。
こちらにもAIが対応しているが、以前は中身を弄らないとEXでスタートできないので動画ではあまり見られない。
AIのほうも立ち回りの変更やヒートエクステンドに派生しなかったミスの修正、
ハンマーフォール青キャンを連発する高火力コンボの搭載など大きく変わっているので必ず更新しておこう。
AIの強さはEXモードのほうが強いらしく、
画面半分以上のリーチのガイガンティックブリッド切り返しや
「(画面中央から)ポチョムキンバスター⇒5HS⇒ガイガンティックブリッド⇒5HS⇒ヒートナックル」の投げからの約5割コンボや
低空ガイガンティックブリッドの高速中段をコンボに組み込んでくるようになっている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22681266

+ EXスタートの方法

+ 参考動画

+ 大会ネタバレ


また、範馬勇次郎などを作ったtokage氏によりpotemkin-ogreというキャラも公開されている。
ハクレンなどと同じく『BLAZBLUE』風に作られたキャラ。
元ネタは赤鬼こと てゐガー "アイアン"テイガー 』。
元ネタと同じく磁力を使って戦うキャラとなっている。
ボイスはヴァルキリープロファイルブラッドヴェインのものが使われている。「畏れ敬え!」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13604381 http://www.nicovideo.jp/watch/sm13846157


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー


その他



おすすめコンボ (無敵医師氏制作ポチョムキン 通常モード)

コマンド 備考
ポチョムキンバスター(>近S)>2HS>ヒートナックル>ヒートエクステンド 画面端のPバス追撃。5HSや5Sからもヒート、2HSからはヘブンリーも入る。