ダイナモ


「君ももうちょっと考えてみたら?
…いつか…死ぬぜ、本当に…」

『ロックマンX5』『ロックマンX6』に登場するキャラクター。『ドラゴンマスター(DRAGON MASTER)』の同名キャラはこちら
CVは当時のエックスと同じく森久保祥太郎氏が担当で、X5の主題歌も歌っている。


キャラクター設定

シグマが雇った謎のレプリロイドの傭兵
『X5』OPにて巨大スペースコロニー「ユーラシア」をたった一人で占拠し、地球に向けて落下させるという大事を起こした。
そして、コロニー落下とシグマウィルスの蔓延で混乱しているイレギュラーハンター本部に単独で2度襲撃するも、
エックスとゼロに迎撃され、撤退を余儀なくされる。
その後は「命が幾つあっても足りない」と言ってゲーム舞台から姿を消す。
以上で彼の出番は終了。
弱点武器は「ウィングスパイラル」と「疾風」。当てると怯んだポーズのまま壁まで吹き飛ぶ。

一応、次作の『X6』でも登場し、蔓延しているナイトメアウィルスから入手できるナイトメアソウルを自身の体の強化に使用していた。
こちらではストーリーの本筋には関わらないただのおまけボスであり、
彼が持っているナイトメアソウルを弱点武器で引っぺがして強奪するくらいしか出て来る意味がない
こちらの弱点武器は「メテオレイン」と「円水斬」。両方ともショートレンジの武器なので当てる際には注意が必要だが。

性格は極めて楽天家で、常に軽口や飄々とした態度をとり、コロニー落下事件でさえ楽しんでいる不謹慎な奴である。
汚い手段を平然と使い、自分の快楽を最優先することから、ある意味ではVAVAやシグマ以上の危険因子とも言える。
たいして出番が多くないのが幸いだが。
余談だが、やたら背が高い

正直言って何のために登場したのかよく分からないキャラで、Xシリーズのキャラクターの中でも最も謎な人物である。
と言うかまあメタな話をすると一応「エックスとゼロのライバル的キャラクター」という位置付けで出したらしいが、それ以外ろくな設定が用意されていなかった。
それなら大人しくVAVAを出しとけよ」と言われることもしばしば。
名前も『ロックマン&フォルテ』の8ボスの一人「ダイナモマン」に被っており、紛らわしい。
何だったんだアンタ

ストーリー上の位置づけはともかくとして、キャラクターとしての人気はそこそこ高いのだが、
『X7』以降は出番がなく、彼が『X5』で起こしたはずの事件が『X8』ではVAVAの仕業だったことにされるなど、その存在はほぼ黒歴史化している。
(ここまで読んで深読みしている人もいるかもしれないが、「ダイナモの正体がVAVA Mk-3or4」などという設定はない。念の為。)
今までに無いキャラクター付けだったので何かしらの展開を期待するユーザーは少なくなかったのだが…まあ第三開発部だったからしょうがない
開発部の迷走に付き合わされ、その結果ユーザーからも微妙な扱いを受けた挙句に公式黒歴史化、と割と可愛そうな子ではある。

ゲーム中の性能

『X5』ではDブレードを駆使した攻撃を行う。
対戦相手がエックスの場合は大斬りの「燕返し」を、ゼロの場合は左右に分裂する「トリックショット」を使い攻撃してくる。
また、2度目の戦闘では、攻撃範囲の異なる広範囲レーザーを3連発する「アースゲイザー」を使用する。
『X6』では基本的な攻撃は『X5』と変わらないものの、ナイトメアソウルの強化により、Dブレードを一度に大量に発射する。
また、ダイナモの頭上以外が攻撃範囲になる代わりに単発技になった「アースゲイザー改」を使用する。
弱点武器を当てると特大ナイトメアソウルを3個まで落とすので、ハンターランクを上げるのにいい稼ぎボスとして重宝する。

MUGENでのにおけるダイナモ

海外の製作者によるものが存在する。
『X5』『X6』のドットを用いたもので、原作の攻撃に加えて更にメガビーム等の技が追加されている。
AIがないため大会動画での出番はないがエックスとゼロが絡むストーリー動画では非戦闘員ながらそこそこ登場する。

他にはタイヘイ氏のエックスのストライカーとして登場。

出場大会

  • 「[大会] [ダイナモ]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー




添付ファイル