オメガモン



属性 ワクチン
種族 聖騎士型
世代 究極体
必殺技 ガルルキャノン、グレイソード

バンダイから発売されている『デジタルモンスター(略称はデジモン)』シリーズに登場する架空の電子生命体デジタルモンスターの一種。

プロフィール
ウイルスバスターであるウォーグレイモン・メタルガルルモンが、善を望む人々の強い意志によって融合し誕生した“ロイヤルナイツ”の一員である聖騎士型デジモン。2体の特性を併せもつデジモンで、どんな状況下でも、その能力をいかんなく発揮することのできるマルチタイプの戦士である。ウォーグレイモンの形をした左腕には盾と剣が、そしてメタルガルルモンの形をした右腕には大砲やミサイルが装備されている。背中のマントは、敵の攻撃を避ける時や、飛行するときに背中から自動的に装着される。必殺技は、メタルガルルモンの形をした大砲から打ち出される絶対零度の冷気弾で敵を凍結させる『ガルルキャノン』。また、左腕には無敵の剣『グレイソード』が装備されている。

(デジモンウェブ、デジモン図鑑より)

1999年当時放送されていた、デジタルモンスターを原作とするテレビアニメ『デジモンアドベンチャー』の劇場版『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』のために新規に制作されたデジモン *1
テレビアニメでも出番が多く人気の高かった2体のデジモンが融合して誕生したこと、さらに劇場版自体の評価や作中でのオメガモンの活躍のインパクトの大きさもあって、ファンから非常に高い人気を誇るデジモンであり、
強さのインフレにより、オメガモンと同等以上の実力を持つデジモンも多数登場している中でも『最強のデジモンは誰か』というと高確率で候補に上がるなど、非常に思い入れを持ったファンが多いデジモンである。
ガルルキャノンは冷気弾という説明が付いてる場合が多いが映画だと大爆発を起こす砲撃だったりビームだったり安定しない。撃ち分けが可能と言ってしまえばそれまでだが。

育成ゲームのシリーズでもウォーグレイモンとメタルガルルモンをジョグレス進化(2体以上のデジモンを融合させることで行う進化)させることなどで登場できる作品もあり、
オメガモンに育てるのは非常に難しい反面、強力なデジモンとして登場している(なお、一部作品ではジョグレス以外の方法でもオメガモンへと進化させることは可能。デジモンは育成環境や勝率などで様々な種族に進化する可能性を持つ設定であり、進化ルートは完全には固定されていないため、このようなことも頻繁に起こりうる)。

非常に人気が高いことや、デジモンの世代として最終形態の「究極体」が2体融合して誕生しているという別格さから、
デジタルモンスターを原作とする各メディアでの活躍の幅も広い。また各作品の主人公のパートナーデジモンの最終進化形態が
オメガモンを意識したデザインや進化形態だったりと後のシリーズにも影響を与えている。
ただ強いだけでなく、別世界の移動やシャウトモンというデジモンに伝説の「進化」の力を与え、「オメガシャウトモン」へ進化させる等
特別な力も持ち合わせている。
大抵の作品で「別格」扱いされているが、実は意外と敗北シーンも多かったりする。

+ ロイヤルナイツとは

オメガモンX抗体


オメガモンが「X抗体」と呼ばれる因子を取り込むことでX-進化(ゼヴォリューション)した姿。
かなり角張った姿に変わったが、Xデジモンにはよくあることなので問題ない。同僚のデュナスモンX抗体に比べればこれでも十分丸い。

X-進化を果たしたことで基本能力の向上の他、グレイソードに触れたものを消し去る「オールデリート」、戦闘時に一瞬にして先を読み対応できる究極の力「オメガインフォース」を会得したことで、理論上は無敵の存在と化した。

…まぁデジモンクロニクルでは登場してすぐに、オメガインフォースを使った結果、敵が規格外過ぎて「削除できぬ!」と悟るはめになるのだが。

理論上最強(笑)って言った奴は表に出(ry



+ 各作品でのオメガモン

MUGENにおけるオメガモン

  • わたち氏制作
わたち氏が手書きで制作したものが存在。デザインとしては漫画やアニメの物が元になっている。
3ボタンで操作し、それぞれウォーグレイモンの腕側、メタルガルルモンの腕側、そして足技を放つ。
必殺技ではそれぞれグレイソード、ガルルキャノンを用いて攻撃可能。

移動技などはないが、2段ジャンプや空中ダッシュなども搭載されており、機動力はやや高め。
AIは搭載されていないが、下記の動画ではうp主操作で登場している。

現在では残念ながら作者ホームページの閉鎖により入手不可。

  • ogi氏制作
わたち氏のものとは違いドット絵である。
ストライカーとしてインペリアルドラモン・デュークモンなどを呼び、カットインには映画のシーンが使われている。
現在、リュウセイ氏のブログでAIパッチ適用状態で代理公開されている。

出場大会




添付ファイル