ドラム缶

ドラム缶(steel drum)とは200リットル以上の大型の金属製の缶のこと。
ガソリン、灯油のような燃料油や塗料、溶剤、化学薬品、医薬原料などの工業材料とその製品といった液体を入れて運搬・貯蔵に用いられる。

「…押してもいいんだぜ!懐かしいドラム缶をよ!」



データイースト(通称デコ)製作のRPG『METAL MAX』シリーズに登場するオブジェクト。
寸胴な体型を指す俗語でもあるが、ここでは省かせて頂く。
主人公であるハンター、連れのメカニック、ソルジャー、ポチ)、そして戦車に次ぐ代表キャラクター。 ……キャラクター?
バーのテーブル、ダンジョンの障害物、通路や梯子を塞ぐギミック等その用途は広く、あちこちで見かけられる。
特に『METAL MAX 2』では罠に掛かった主人公達が刑務所に収監されてしまい、そこでやらされる作業というのが、
庭の端から端までドラム缶を押して往復する 」というよく分からないものである。
そのあまりにも無意味で無価値で非生産的な行為に「自分はドラム缶を押すために生まれてきたのかもしれない」と
変な悟りを開いてしまったキャラ も居る程。
普通の生活に満足出来なくなった者は、解放後にもわざわざドラム缶を押しにやってくるとか。

データイースト亡き後に発売された、事実上の続編作品『メタルサーガ ~砂塵の鎖~』にも登場。
今回は強制的にやらされる作業ではないが、押さずにはいられない何か妙な魅力があり、
エンディングでドラム缶を押した距離が表示されたりもする。

日λ...

+ わすれえぬドラムかん(ネタバレ注意)

+ 『METAL MAX 3』『METAL MAX 2:ReLOADED』でのドラム缶

余談であるがこの『METAL MAX』は初代のキャッチコピーに「竜退治はもう飽きた」という
RPGへのアンチテーゼをぶち込むという中々度胸のある事をしていた。
当時は物語重視のRPGが流行となっていた時期であり、その流れに対抗するものを目指したせいもあるのだが。
ちょっと毛色の違うRPGをしてみたいという人は、一度プレイしてみてはいかがだろうか。


MUGENにおけるドラム缶

『METAL MAX』シリーズのドラム缶が流れ者氏によって公開された。
直接攻撃したりすることはできず、ただ左右に押せるだけである。
ステージ内を押して往復すれば倒すことができるが、ラウンドが進むほど倒すのにかかる往復数が増える。
所謂ボーナスゲームのようなものだが、特にスコアなどの記録的要素は存在しない。
しかし、それが「原作再現」なのだそうだ。確かに正しいっちゃ正しいのだが……なんだかなぁ……

キャラクターとしてのドラム缶以外には、ジャギ設置するのが一番有名か。
最近ではジャギった妹がこれでもかというほど投げつけてくることがあるようだ。
その他、一部のステージで背景や前景などにおかれていることもある。
ファイナルファイト』シリーズのステージがその代表であろう。

出場大会

  • 「[大会] [ドラム缶]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル