メガロ


1973年公開の東宝映画『ゴジラ対メガロ』に登場した怪獣
別名「昆虫怪獣」または「守護神」。身長55m・体重4万t。カブトムシの姿をした海底王国シートピアの守護神。
背中の翅でマッハ3のスピードで空を飛行する。
角からは怪光線を発射し、また両腕を合体させ、万能ドリルにして地中を自在に移動する。
そして口から吐き出す地熱ナパーム弾によってあらゆるものを焼き尽くす。

また、1997年10月から1998年9月にテレビ東京系で放映された『ゴジラアイランド』にも登場。
この時はX星人に操られる怪獣として登場し、主にデストロイアと競演する事が多かった。

+ 『ゴジラ対メガロ』本編あらすじ

ちなみにこの『ゴジラ対メガロ』、僅か2週間という超速スケジュールで撮影終了している。
そのせいもあってか映画の内容も突っ込みどころ満載といえるものになっており、ゴジラファンの間ではイマイチと評されることが多い。
ぶっちゃけると駄作扱いにされたり無かったことにされたり
一応フォローを入れるなら、ダムを破壊するシーン自体はは見ごたえがあるものになっているのだが…
+ メガロ自身の評判に関するあれこれ


ゴジラ 怪獣大決戦』での性能

発生保障のある地熱ナパームや投げ技の性能がよく、ナパームでガードを固めた相手をつかみ、
投げ技でダウンした相手にしゃがみ強攻撃やあるいはもう一度地熱ナパームを浴びせる連携が強力。
投げ技には隠し技として「スーパードロップキック」があり、相手を大きく吹き飛ばした後ダウンさせるので
タイミングを合わせればスーパードロップキック→高熱地熱ナパーム(超必)という即死級連携が可能。
ビオランテの場合は吹っ飛ばないのでスーパードロップキックからすぐに高熱地熱ナパームでもOK。
また、この技でビオランテをKOすると…?
※1:30辺りから


MUGENにおけるメガロ


ヘドラバガンを作ったこぜに氏によって『ゴジラ 怪獣大決戦』のドットを使用したメガロが製作されている。
バージョンが2種類公開されており、凶クラスの怪獣キャラとの対戦を想定したバージョンと、
他の格ゲーのキャラ達とも戦わせられるような強さの『メガロ+』がある。相手の強さに応じて使い分けるといいだろう。
他にもなだげつ氏が『メガロ+』の演出や性能を近年の格ゲー風に見栄えが良くなるように改変した『メガロA』も公開されており、bakisimu氏による外部AIも公開されている。

なおメガロAを含めたなだげつ氏のキャラは 動画使用時の禁止事項として、
『・AIのないキャラをAIのあるキャラと戦わせる、またはプレイヤー操作の対戦相手にすること(AIがないキャラを動画に使いたい場合はプレイヤー操作でお願いします)』、
『・明らかに勝ち目のない相手(狂キャラなど)の相手をさせること(ストーリー動画でその類の演出をさせる場合を除く)』
という2点を禁止する注意事項がホームページに記述されている。
メガロAにはデフォルトだとAIが入っていないので、もしメガロAを動画に使用する場合には注意する必要がある。

+ 対凶クラス怪獣仕様
+ メガロ+(一般キャラ仕様)
+ メガロA(なだげつ氏改変版、一般キャラ)


出場大会

【対凶クラス怪獣仕様】
削除済み
【メガロ+】(一般キャラ仕様)

【メガロA】(なだげつ氏改変版、一般キャラ)

出演ストーリー

サザンクロス街伝 (第15話にF.O.E.として登場)
なこるる茶屋(第78話に昆虫怪獣ノコギリン役で登場)
ネクサスまてぃっく(8話に登場)
怪獣王 王座復権への道(最終話に登場)
ロボ昆【SF(すこし不思議ストーリー)】

その他

ブリジットと遊撃の旅(part481、こぜに氏製作版対凶クラス怪獣仕様)