「ギスギスしたまんまやりあっても、楽しくねーべ?」


冨樫義博の漫画『幽☆遊☆白書』の登場人物。
本編では中盤の「暗黒武術会編」で登場し、「魔界統一トーナメント編」でも僅かながら出演した。
CVは
妖怪の忍者軍団である「魔性使いチーム」の一員として出場。
浦飯幽助と激戦を繰り広げ、敗北した。
(ただし、おそらくは魔性使いチームのオーナーによる不正により、判定は両者場外カウントアウトで引き分けとなった)
大会後半でも時々登場していたりもしたが、基本的に出番はなくなった。
「魔界統一トーナメント編」では蔵馬に呼ばれて再登場。修行の結果、S級妖怪並の実力となった。
大会は原作ではいつ負けたのか不明(おそらく、最高でも3回戦の雷鳳(雷禅の旧友のひとり)に負けたと思われる)、
アニメ版では痩傑(こちらも雷禅の旧友のひとり。陣と同じ風使い)に敗れている。
大会で敗退した後は、他の参加メンバー同様に魔界をパトロールしていると思われる。

能力は風を扱うこと
拳にまとわせて攻撃することで破壊力を増したり、風の壁で攻撃をそらしたりといろいろ出来る。
当然ながら飛行能力もあり、空中からのヒットアンドアウェイで幽助を苦しめた。
性格は比較的素直で、明朗闊達。強い相手を見ると黙っていられない性格である。
自由な風のように束縛されることを嫌う。また、卑怯なことは個人的には好きではない。
少年のような顔立ちと東北訛りから幼く見えるが、幽助より頭ひとつ分上から見下ろすほどで実は結構背が高かったりする。
状況解説の際、何かと「風」に例えた言い回しをすることが多い。
原作終盤での描写を見るに、結界師の瑠架(るか)から好意を向けられているようである。
彼女曰く「オクテっぽくて、男友達とバカやってるほうが好きそう。そういう人を見ると変えてみたくなる」そうである。
ちなみに、彼自身には全く自覚はないようである。


MUGENにおける陣

Kamekaze氏が制作したゲーム版仕様のものが公開されている。
他のキャラクター同様スピリットゲージが搭載されており、スピリットパルスもある。
スピリットパルスを発動すると空中浮遊できるようになり、そのまま空中必殺技を放てるようになる。

出場大会