先代巫女

pixivよりrekise氏画

霖之助「そういえば、他の人間は先代を『博麗の巫女』と呼んでいたが、
            余り霊夢の事を巫女とは呼ばない。
            まともに仕事していないからであろう。自業自得だ。
            だが、先代は、巫女としか呼ばれていなかったのだ。
            名前も忘れてしまった」

同人弾幕STG作品『東方Project』の設定にのみ存在する人物。
その名称の通り、博麗霊夢先代にあ博麗の巫女である。原作では「そういう者が存在した」ということと、
「非常に優秀で巫女としての職務に忠実だったので、誰もが『博麗の巫女』としか呼ばず名前を忘れられた」
という事くらいしか語られていないが、例によって二次創作にて様々な設定やキャラ付けが為されている。

『東方茨歌仙』によれば、かつて先代の巫女が学問の神様である天神様(菅原道真)を博麗神社に勧請した事があったという。しかし試験などが殆ど無い幻想郷では需要が低いのを失念していたようで参拝客増加に繋がらず廃祀している。(この話を霊夢から聞いた華扇は、先代の巫女も霊夢と大差ない間抜けっぷりだったのかと呆れた)

また、先代に限らず「歴代の博麗の巫女」という括りだと『求聞史紀』などでいくらか設定が語られている。
当然のことながら「博麗の巫女」としての設定は基本的に現博麗の巫女である霊夢と共通する部分が多い。
  • 博麗大結界の管理を担当し、幻想郷を見守りながら博麗神社で暮らしていた
  • 博麗神社の賽銭が期待できないため異変解決を生業としていた
  • 博麗大結界と幻想郷の維持のために、いかなる妖怪も博麗の巫女を倒す訳にはいかない
  • 元来異変解決は博麗の巫女だけが行っていた(最近は異変解決の真似事をする者が出てきたが)
  • 霊夢が博麗の巫女になる前の方が神社には信仰が集まっており、妖怪は近寄らなかったし、参拝客もそれなりにいた
  • 歴代の博麗の巫女は全員霊夢より危機感がある
東方儚月抄』の漫画版では射命丸文
「これはそろそろ新しい巫女を捜さなきゃいけない時期ってことか もう何度目になるのでしょう」
と呟いており、120年ほど前に博麗大結界が張られてからもそれなりに代替わりはあった模様。
例えば10歳で巫女になり30歳くらいで代替わりすると考えれば、単純計算で6回程度は代替わりが起こる。
(20歳くらいで代替わりと考えた場合は、12回程度の代替わりが起こる)
しかし、引退ではなく死亡で代替わりがもっと起きた可能性もある。
(とある作品では霊夢が十六代目という表記があるため、120年という年月を考慮すれば大いにあり得る。)
霊夢より前の代は、大結界が張られてからは幻想郷の維持のために妖怪がおいそれと人間を襲えなくなり、
特に博麗の巫女を倒すわけにはいかず妖怪は存在意義を失う事態に陥っていたが、
博麗の巫女が代替わりをせざる得ないような「何か」が起きてもおかしくはない。

尚、博麗の巫女は世襲制ではなく、霊験あらたかな人間の少女が新たに選ばれると思われる公式描写がある為
彼女は別に霊夢の母や祖母にあたるとは限らない。
(先代巫女の娘や孫が偶然、適性が高かった可能性もあるが)
そして、幻想郷の人間達は妖怪退治や魔を封じる事を生業としていた者達の末裔が多いと『幻想郷風土記』に書かれており、
それらの力の強い子が生まれやすいとも思われる事を明記しておく。
旧作設定にも合わせるなら博麗の血という要素もあるが、何代も続いてる巫女たちの子孫が霊夢ひとりだけとは考えにくいので
霊夢の先祖ではなく、先祖が同じなだけの遠い親戚ということもありえる。

小野塚小町曰く「この世には二種類の巫女がいる。極端に短命な者と、極端に長寿な者だ」。
先代が既に死んでいるのなら前者に該当。どこかで生きているのなら後者に該当してとても長生きすることだろう。


MUGENにおける先代巫女

原作には設定らしい設定が存在しない為、そのキャラは二次創作者によって様々である。
ハクレイムなどの霊夢改変キャラや他作品のそれっぽい衣装のキャラに役が回ることも多くある。
だが、役ではなくキャラとしての先代巫女としてはプレート氏が製作した「先代巫女」について紹介するに留める。


■キャラクター設定
名前:不明(先代巫女…たぶん)
所属:博麗神社の巫女・幻想郷の管理者の一人
性別:女
肩書き:博麗の巫女・楽園の素敵な撲殺巫女・肩巫女
戦闘スタイル:臓器破壊+勘
好きなもの:不明
嫌いなもの:不明  
特技:異変解決・『物事や概念を突き破る程度の能力』(相手の独自ルール(能力)すら無視できる)
趣味:不明
特徴:露出した肩・ 霊夢より大変恵まれた胸 ・横乳(けしからん)

+ その他の設定

(以上、付属の解説から抜粋・改稿)

プレート氏曰く「ネット上の先代巫女(の妄想)を集めてイメージしたものです。
よって外見・設定など、私の妄想だけで出来たものではございません」とのこと。
また、各人の妄想に委ねるため設定は敢えて曖昧になっている。

しかしながら『どんな敵も拳で粉砕する巫女さん』というのはインパクト抜群だったらしく、現在では東方Projectが好きな人・東方を知らない人を問わずに幅広い人気を得ている。
最近では「先代巫女」というとMUGENの先代巫女を思い浮かべる人も多いようだ。参考元→ ニコニコ大百科
さらには同人誌での出番が少しずつ増えてきたり、有志によって大量のAAが作成されたりエロAAの数は本家キャラを抜いて第一位となったと着実にファンを増やしている模様。
黒髪ロング・脇・ おっぱい の三種の神器を揃えた先代に古き良き巫女さんのイメージを感じ取る人が多いのだろうか。
当然だが、MUGENの先代巫女と全くキャラの違う「先代巫女」も多数存在している。それらを批判したり、間違っているなどの見当違いの意見を押し付けたりしないように。

+ プレート氏製作
+ プレート氏製作 心綺楼風
+ ひろひろ氏製作 SD巫女
+ 貧乳派氏・島村鰐製作

先代巫女をイメージした戦闘曲「心毀つ既往の拳」(しんこぼつきおうのけん)が作成されている。
先代巫女を代理公開している鳩氏の友人、有馬音泉氏作曲である。
「MUGENの先代巫女」のイメージなので敢えて東方のBGMとは違う雰囲気で作曲されている。
「心毀つ既往の拳」が使用された動画(22:13~紹介)。 http://www.nicovideo.jp/watch/sm14074762

ストーリー動画でも霊夢関連で登場することが多い。
そのまま先代の巫女だったり、母だったり、あるいは霊夢の新たな姿だったり。
勿論このキャラ自体に決まった本名など無いので、ストーリーごとに異なる様々な名前で呼ばれている。


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

DIOの喫茶店
Lady Jack(主人公、オリジナル名「先代=ミコ=ジャック」)
MUGEN STORIES INFINITY(魂のみ、オリジナル名「博麗霊華」)
Reverse Night(オリジナル名「博麗 刻(はくれい きざみ)」。ハクレイムが代役だったが過去編10話より先代巫女で戦闘)
R&Yの①日(真那)
S&S ~ようこそ、古明地探偵事務所~(オロジナル名「博霊・御霊」)
Tea Party of Witches (オリジナル名「ハクレイ」)
Transfer Avengers(クロスオーバー「神様なんていらない」枠)
あるくような速さで(鬼殺しの巫女)
ウドン13(九大天王「夢想なる博麗霊夢」、霊夢の先代にあたる)
学生七夜の一日(オリジナル名「さきしろ=みこ」)
神様なんていらない(主人公・現役の博麗の巫女、オリジナル名「博麗ミコ」)
仮面ライダーMIOMEGA(オリジナル名「博麗雅夢」)
クレスの借金返済計画(オリジナル名「博麗千」)
骨董屋の回想~朝の陽に流れ行く(オリジナル名「千代」)
混沌世界(オリジナル名「博麗霊那」)
ザキレイネ(オリジナル名「命」)
師範とカニミソ(オリジナル名「零霧」)
東方先代録(主人公、オリジナル名「博麗霊華」)
東北文花帖:地下水路&どらごんズベル様の野望と設定リンク)
宝石少女とツギハギのカミサマ(オリジナル名「博麗霊華」)
とらいあんぐるデスティニー(オリジナル名「東風谷霊儚」)
七夜と椛と茜と学園モノ(霊夢の戦闘時スタイル)
七夜電光騎士戦記(霊夢本人)
ベル様の野望
~ミハエル喫茶店にようこそ~(巫女校長、オリジナル名「正夢」)
夢幻暁光奇譚(オリジナル名「博麗祀」)
八雲家の家庭の事情(オリジナル名「博麗明夢」)
八雲学園ケイ's雑談録(オリジナル名「博麗鈴華」)
幽香の農業王国物語(名無し、呼び名は「巫女さん」)
翼人は何を想う?(霊夢の成長した姿)