ヴァン


カプコンのアクションゲーム『ロックマンゼクス』の主人公(男)。ゲーム開始時に、彼か女性主人公(名前は「エール」)のどちらかの選択することになる。
CVは『ゼクス』では 小林沙苗女史。4年後が舞台の『ゼクスアドベント』では 野島健児氏。
ガイアが囁いたりカギ爪の男を追っかけ回したりしない。
ちなみに今シリーズは『ロックマンゼロ』シリーズの数百年後の世界が舞台となっている。

運び屋「ジルウェ・エクスプレス」で働いている少年。
10年前のイレギュラー襲撃事件で母親を失った。
少々気が強く、つっぱしってしまいがちだが、他人のピンチを見過ごせないという一面を持っている。

意思を持った謎の金属「ライブメタル・モデルX」の力により、「ロックマン・モデルX」へと変身(ロックオン)する。
さらに、先輩であるジルウェから受け継いだ「モデルZ」の力と合わせ、ダブルロックオンすることで「ロックマン・モデルZX(ゼクス)」となる。
ZとXがそなわり最強に見えるような紹介をされるが、実際には(1+1)÷2といった性能でありダブルバスターが使えなくなるのでむしろモデルX単品より弱体化という声も…… なんだか剣質極のようである。
ただ、ジャンプ中に出せる回転斬りはモデルZのモチーフ元同様に強烈な削りが可能なので、中型以上のサイズのボスには強みがあったりする。
ちなみに、ある条件を満たせばモデルZ入手後もモデルXが使用可能になる。
モデルZ以外の組み合わせでHX・LXなども可能…というよりむしろこっちが真価で、攻撃力倍化や一部アクションに無敵状態が付く
O.I.S(オーバードライブ・インヴォーク・システム)を使用可能となり、相性次第ではボス敵が3秒で死ぬような火力を発揮する。
ただし発動中はエネルギーがガンガン減り続けるので発動/終了タイミングが重要になる。
この世界では、彼のようにライブメタルの力で変身する者のことを「ロックマン」と呼ぶ。

続編の『ゼクスアドベント』では女性主人公のアッシュ(とは関係ない)でプレイした時に登場する。
ガーディアンの研究所から盗まれた4つのライブメタルを追っている。
前作から4年経過したことで精神的に大きく成長を遂げている。
…のだがつい最近ロックマンになれるようになったばかりの新主人公との対決にて(エールもだが)あっさり負けたような雰囲気なのはなんとも。
ボスキャラとしての性能も低く、壁に張り付きながら豆を垂れ流すという人間がやりそうな攻撃パターンなど開発時点でネタを含ませた感もある。
攻略自体もヴァン(エール)の反対側で壁蹴りしていれば余裕。自機としてのモデルZXは最強レベルなのだが……
なお、ヴァン(エール)のボス部屋の前でギガクラッシュを放つとエラい事になる。

また、前作ではショートヘアだった髪型が先輩のジルウェをリスペクトしてか、ロングヘアとなっている。
公式ブログ内でのコーナーでは、アドベントでのエールの変身ムービーに対しオヤジくさいコメント(成長していない胸にも)をしてエールにひっぱたかれていたり、
好きなキャラクターの投票の際のコメントを受け、キリンに負けている事に落ち込んだりしている。

あとこれは完全に余談だが、『アドベント』の主人公であるアッシュ(及び男主人公のグレイ)はライブメタル・モデルAの力により
倒したボスキャラの姿に変身することが出来る。それはストーリー中一度戦うヴァン(またはエール)も例外ではない。
そして、変身しても性格までは変わらない。当然と言えば当然だが、重要なポイントである。
即ち、アッシュがヴァン(モデルZX)に変身した状態でダメージを受けると、男の声で「きゃあっ!」と叫ぶのだ。
まぁ、ヴァンに限らず男性ボス全般に言えることだが。一体誰が得するんだ……?
対して男主人公、グレイの場合は特に変化がないのだが…一部ボスの変身ボイスが妙にエレガントになっている。

+ 女性主人公・エールについて

+ 各モデルの性能

MUGENにおけるヴァン

N64Mario氏が製作した物が存在する。
ほぼ原作を再現したキャラクターとなっており、
モデルX、モデルZX、モデルOXに変身できる他、FC版ロックマンの姿になるモデルMにも変身できる。
ちなみにMegamanの「M」。海外製なので。
実は『アドベント』でFC版ロックマンっぽい姿に変身できるモデルa(antique)が登場しているが、公開時はまだ未発売だったからしょうがない。
また、女性主人公であるエールも同氏によって製作されており、ヴァンとの特殊イントロも二種類用意されている。

出場大会

  • 「[大会] [ヴァン]」をタグに含むページは1つもありません。

出演ストーリー

~Lying Blue HERO~(エール)
ロックマンゼロが幻想郷の住人と戦うシリーズ(エール・現在名前のみ登場)