青光のボルツ

武論尊&原哲夫原作のアニメ『北斗の拳2』の登場人物。
ラオウが死んで数年後が舞台の『帝都編』もしくは『天帝編』と呼ばれる章に登場した。
アニメオリジナルキャラ であり、原作漫画には登場しない。CVは秋元羊介

闘気を使用する拳法「元斗皇拳」の使い手。
本来、元斗の拳士は「天帝」と呼ばれる人物に仕えているのだが、天帝を幽閉し暴政を敷く悪党・ジャコウ総督に与している。
悪いことには頭は回る方で、殺されたように見せかけてファルコが逃がそうとしたショウキにトドメをさしたりもしている。
元斗青光飛拳という闘気を槍状にして投げつける拳法を使用し、ケンシロウに攻撃をかけるものの、
あっさりと止められ、(いつも通り)やられてしまった。
なお、アニメでは上記の通りだが、原作ではここでやられるのはジャコウの息子のシーノであった。
恐らく戦闘シーンを増やすために変更されたのだと思われる。
ジャコウのもう一人の息子・ジャスクも、アニメでは「緑光のタイガ」という拳士に変更されている。

なお、FCの『北斗の拳2』では、上記のシーノが出てくるのにボルツも登場しており(ジャスク&タイガも両方登場する)、
ステージ5のボスとして現れ、オリジナル技の「元斗流輪破殺」という気弾を3連発する技を使ってくる。


MUGENでは

正直、『北斗の拳』でもトップクラスに地味なキャラだと言わざるを得ないが、
Doko氏によって制作された物が公開されている。KOFのルガールの改変で作られており、
「なぜ制作した」と言いたいところであるが、理由について非常に丁寧な解説を付けてくださっている。
英語が読める方は一読してみると良いだろう。

原作アニメの通り、青い光の槍や本物の槍を使用していくスタイルになっている。
サミー製世紀末スポーツアクションゲームを元にしたわけではないので一撃必殺技などのシステムは搭載されていない。
そのため北斗キャラでありながら北斗の拳チームとして動画に出る機会はほとんどない。
金色のファルコと組んで元斗皇拳チームで……と思ったけどこいつファルコの敵だし

出場大会


出演ストーリー

黄金の仮面伝説(やられ役)



添付ファイル