クルエルティア


「カルノバーンッ!」

童(わらし)が発売したSTG『トリガーハートエグゼリカ』のプレイヤー機の一人。CVは清水こずえ女史。
超惑星規模防衛組織チルダに開発されたトリガーハートと呼ばれる少女型の自立機動兵器の一体。形式番号TH32 CRUELTEAR。
兵器ではあるが外見的には普通の人間と変わらず、人格的にも人間と兵器としてのアイデンテティを両立している。
主人公エグゼリカの姉としてのパーソナリティを設定されており、また直系の姉妹機でもある。性格は熱血気味。
自律戦闘単位集団ヴァーミスとの星間戦争において、撤退するヴァーミスの転移に巻き込まれる形で地球へと落着する。
その後、戦争の決着を気にしながらも地球で平穏に暮らしていたが、地球に襲来したヴァーミスと戦うため再び立ち上がる。

赤い髪に紺の競泳水着風のスーツといった外見。主力武装は戦闘ユニット半自律随伴砲撃艦「カルノバーン」を二機。
本来はもう一機はアンカー艦なのだが、急造だったためにカルノバーンの一機をアンカー艦として改修している。
エグゼリカよりも旧型のため、体躯は大きい(=外見年齢が高い)が、その分キャパシティは大きいため性能的には劣っていない。
主に胸とか尻とか。素体全長は1.65m。人間で言う所のスリーサイズはB85・W57・H84。

ゲーム中の性能は前方に火力を集中させたスピードタイプ。他のSTGで言えば彼女が近いか。
このゲームの最大の売り、アンカーによる敵の捕縛速度も速い。
(余談だが投げる際に自分を中心に敵を振り回すのを、当時ハンマー投げで有名だった室伏広治選手の名を借りて「室伏」と呼ぶとか)
敵のコントロールがエグゼリカに比べてし易く、スコア稼ぎの上級者向けとも言える。


MUGENにおけるクルエルティア

ヤンマー氏が製作した、公式のSDイラストを使用したものが作成されている。
キャラネームはクルエルティア=リリンキッシュとなっており、AC版エグゼリカEDの後という設定になっている。
いわゆる横STGで再現したキャラで、6Pまではカラー数=残機数となっている。
STGキャラらしく二回被弾で残機数が減ってしまうが、弾幕密度が原作とほぼ変わりないためノックバックのあるキャラならボタンを押しっぱなしにしているだけで勝てる。
さらにカラーが7~10Pではカラー数*2=残機数となり、12Pでなんと99機。
7P以降から混線や強制死の宣告を使用する、神キャラとも渡り合える性能にまで達するとか。
また、ボム数やボム性能スイッチが設けられており、これ等やDEFのLIFEを500以下にするなどの調整で1Pカラーでもギリギリ並とも戦える強さに抑えられるようになっている。
製作者のブログにて現在公開中。

また、STGf0394の作者による画像差し替えキャラとしてフェインティアが、
さらに、名無しの通りすがり氏(みこみこ氏)によるエグゼリカが公開されている。

この他、オロチG3の製作者であるGGG氏によってクルエルティアの改変でSTG-G3なる物が公開されている。
ネタっぽい見た目だが殺傷力は結構高い。また即死の穴は塞がれている。


出場大会

更新停止中
凍結

フェインティア


出演ストーリー

- A Midsummer Box Dream -(クルエルティア、フェインティア)
M&U-D(クルエルティア)
possibility of G(クルエルティア、フェインティア)
仮面ライダーMIOMEGA(劇場版)