カンフーヘッド


夫氏製作のカンフーマン改変キャラ
…に入れていいのか、こいつ。

カンフーマン大ポートレイト を加工して作った、
ゆっくりしていってね!!!のような一頭身キャラである。

製作者曰く「出落ち」。全く以ってその通りである。それ以外の言葉は見つからないが、強いて言うならばシュールの一言に尽きる。
スェーヴ・デュード(公式のKFMのストーリーに出てきた悪者)がカンフーマンのデータを元とした高性能ロボという設定らしい。

攻撃手段は、飛び上がって頭上から攻撃するカンフープレス、回転して体当たりするカンフーローリング、
画面内を飛び跳ね回るカンフー暴れ、口から小さなカンフーマン(当たると爆発する)を発射するカンフーソルジャー、
火炎放射のカンフーフレア、頭部が開いて3方向に剣を射出するカンフーソードなど。
他にも4つに分解したり、2つに分かれて相手を挟んだり(投げ技)、レーザーを出したり、炎上したり。

ちょっと変わっているのがカンフーイリュージョン。
見た目はカンフーローリングと似ているが攻撃判定は無く、代わりに自分も無敵になっているというフェイント技である。
そして、巨大化して転がる1ゲージ技ミッシングカンフーパワーは、発生保障ありで反確もなしという高性能な技である。

どのあたりがカンフーマンのデータを元にしたのかと、突っ込んだら負けだと思う。

出場大会

削除済み
更新停止中


オロチボール

krn氏製作のカンフーヘッドの改変キャラ。
ミズチ(オロチ)改変キャラの中の一体、"こっちみんな意思"ことPhantom Mizuchiの大ポートレイトを用いている。
こいつ自身がミズチ(オロチ)改変キャラに入るのかは各自判断してほしい。

改変元との最大の違いは演出面。ボイスやアニメーションが豊富になったことは大きい。

負けるとありえん(笑)と言う。勝っても言う場合がある。イントロで言うときも。
むしろ、見ているこっちがありえんと言いたい。色々な意味で。
勝利演出も複数の種類があり、勝っても落ちになるので、もう出落ちとは言わせない。

攻撃手段としては、「図に乗るな」と言いながら相手の頭上にのっかかってきたり、「騒ぐぞぉ!」と言いながら画面内を飛び跳ねたり、
アメリカチームの人形を3方向に発射したり、マキシマ人形型爆弾を射出したり。

内面の変更点としては、イリュージョンが削除され、砲弾を3発撃つオロチバズーカと、2ゲージ技の無に還ってくれが追加されている。
ただし最大ゲージ保持数が3から2に変更されているので、ゲージ技の乱発はできない。
11Pは自動回復つきの黒カラー、12Pは簡易ステート抜けと軽度の即死耐性が着いた銀カラーとなっている。

こちらの動画を見ていただくのが分かりやすいと思われる。

一旦公開を停止していたが、2011/2/23にいくらか仕様を変更され再公開された。

+まさかのMMD化

誰もが予想だにしなかったMMD化。拡大収縮、4分割、上下にパカパカと、やりたい放題である。
あ、ありえん(笑)

出場大会

削除済み
凍結

出演ストーリー



(*´ω`*)

ギルニス氏製作のカンフーヘッドの改変キャラ。

ボイスはサウザーのものを使用。
改変元より図体と火力はでかいが、防御は
一撃必殺技の他、彷翔十字鳳と極星十字衝破風が追加されているものの、
ミッシングカンフーパワー(通称:鳳凰呼闘 回転 )に当たる技から無敵が削除されているなど、弱体化されている。
さらに攻撃の多くが味方殺し技になっている。

通りすがる名無し氏によって強化パッチも公開されており、狂から神まで幅広い強さに設定できる。
特に12Pは神最上位の攻撃にも耐える頑丈な耐性に。 お前のような顔文字がいるか(*´ω`*)

だがこのキャラは流行らない。

出場大会

  • お前ら家でやるなタッグトーナメント( OP

出演ストーリー

変態早苗さんの性活(流行 顔文字)


モア

劇場版ドラゴンボールZ 燃え尽きろ!熱戦・烈戦・超激戦に登場したパラガスの部下で、
パラガスの計画を知ってしまったために殺されてしまう。ほとんどの場面でヘルメットをかぶっているが死ぬ間際に素顔が見える。
工場長2621氏製作がカンフーヘッドを改変して制作。素顔でカンフーヘッドの技を使い、映画からとったネタも搭載している。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21560717

出場大会

  • 「[大会] [モア]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル