レイン









  「日焼けしたヴァンパイアなんて
                       サマにならないでしょ?」
アメリカ産ホラー系アクションゲーム「ブラッドレイン」の主人公。水や雷を操るNINJAでもなければ、
ガンダムファイトネオジャパン代表の幼馴染でもなく、スタグラ2隠しキャラでもない。
第一作の日本語版ではが声をあてている。
エージェント・ブラッドレインとも呼ばれる。美女を好むの王ケイガンと、彼にレイプされた人間の女性との間に生まれたダンピール
ダンピールであるため吸血鬼でありながら太陽光線を弱点としていない
母親とその親類をケイガンによって皆殺しにされ、復讐の為に流浪していた時に超自然の脅威に立ち向かう結社「ブリムストーンソサエティ」と接触し、メンバーとなる。

ブリムストーンソサエティのエージェントとして、吸血鬼やナチイツ
秘密組織「GGG(Gegengheist Gruppe、ゲゲンガイストグルペ)」と闘っている。

性格は好戦的で、その生い立ちからか出会った吸血鬼は全て殺害する。
ゲーム中の攻撃方法も斬撃や格闘に留まらず、かなりグロいものもあり、当然ながらレーティングがかかっている。
日本語バージョンのPS2版では発売出来るようにする為に細かい調整と交渉が必要とされ、敵の体を切断する事ができなくなっている。
なお、PC版では規制による変更なしで遊ぶことが出来る。

本国ではハーバードな研究書*1で名前が挙げられたり、主人公レインのセクシーさが注目されたりと知名度のある作品。
プロモーションの一環で米版プレイボーイ誌にヌードイラストが載った事も。
ゲーム発売当時には公式サイトで作中の1章と2章の間のと言う設定のウェブコミックも出された(作画は村正みかど氏、現在は閲覧不能)。
現在「2」まで出ており、外国人が選ぶ最も残虐なゲームTOP10に入るほどさらにグロ描写がパワーアップしているのだが日本語版の発売は未定。
本国ではPSP作品も作られようとしていたが、資金不足により開発が取り止めになっている。


2Dアクションゲームも存在し、日本ではアークシステムワークスによるローカライズ版が発売されている。

映画化もされたのだが、興行成績は不調で
最低の映画を表彰するゴールデンラズベリー賞にノミネートされてしまった(受賞は免れたが)。


MUGENにおけるレイン

Green氏作のレインが存在する。MOTVN氏作の専用ステージが同梱されている。
ディスプレイネームはBlood Rayneで最新版は1.2。
二段ジャンプが出来、機動力が高い。両腕につけたブレードをメインに、
吸血や銃火器といった原作での攻撃手段が再現されている。
グロ演出はそれほどでもない。サムスピ程度の血が出る程度。
カットインも複数存在しており、使用されているイラストは前述のウェブコミックからと思われる。
デフォルトでAIも搭載している。


出場大会

更新停止中

出演ストーリー


その他



*1
インプレスジャパン刊『ゲームと犯罪と子どもたち ハーバード大学医学部の大規模調査より』



添付ファイル