ユリウス・ベルモンド






「とくと味わえ!ベルモンドの力!」

1980年誕生。
1999年、19歳の時に記憶を失う。
「キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲」の時55歳(2035年)。
「悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架」の時56歳(2036年)。
『悪魔城ドラキュラ』シリーズのGBA最後の作品、『キャッスルヴァニア 暁月の円舞曲』に登場するキャラクター。
現時点における時系列では最も新しいベルモンドである。
CVは『暁月の円舞曲』では龍谷修武氏、『蒼月の十字架』以降は稲田徹氏。

1999年に復活したドラキュラ伯爵を二度と復活が出来ないように完全に滅ぼし、一族の使命を全うしたが、
その余波によって記憶喪失になっており『暁月の円舞曲』では「J」と名乗っている(ユリウスの頭文字)。
中盤において記憶を取り戻し、ストーリーの進行によっては改めて復活したドラキュラ(に近い存在)に対してベルモンドの使命を全うする事になる。

初登場の『暁月の円舞曲』と続編の『蒼月の十字架』ではクリア後に使用可能。
『暁月の円舞曲』では以前の作品での裏モード、
つまりは『白夜の協奏曲』のマクシームや『月下の夜想曲』のリヒターと同様の扱いと性能だったが、
『蒼月の十字架』においては過去作の『悪魔城伝説』を意識したモードとなっており、
アルカード、ユリウス・ベルモンド、ヨーコ・ヴェルナンデスの3人を交代してプレイする関係上、ユリウスの性能自体は抑えられていた。
ただ、『暁月の円舞曲』でも隙が大きく如何せん短い鞭を扱うのに最初は苦労するはず。

キャラクター自体の特徴については、基本的に筋骨隆々な若者が多いベルモンド家の中で、
主役からは外れているものの50代の渋みを増したおっさんの魅力を存分に醸し出しており、人気は高い。
また性能自体もかなり高い方で、流石はドラキュラを滅ぼしたベルモンドであると言える。

そのため通常プレイにおいては人気も高い良キャラ……なのだが。



「ドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥエ!」

TAS動画(マクシーム・キシンの項目に説明あり)では、ベルモンド一族を代表する変態ぶりを見せてしまっている。*1
通称「ドゥエドゥエドゥエ」。もしくは「ユリウス・ベルモンドゥエ」とも。

スピードの最も早い移動方法が「ジャンプ→急降下キック」だったのが運の尽き。
極限にまで最適化された結果、ジャンプ即急降下キックを連発して高速移動する。その姿は見まごうことなく変態。
(低空斜め急降下キックを発動した後、方向キーに触れずに着地すると一瞬だけ物凄い勢いで滑りだす)
急降下キックの際に「ドゥエ!」とキモい奇声を放つのもインパクトが大きく、
ユリウスと同じく急降下キックを連発して高速移動する事、もしくはユリウスの急降下キック自体が「ドゥエ」と呼ばれるようになり、
さらには変態的移動法が使える者をデュエリスト(「決闘者」という意味)にちなんで 「ドゥエリスト」 と呼ぶようになってしまった。
(実際は「ウリャ!」なのだが、このゲームの重い着地音と混ざって「ドゥエ!」となる。要は「ナギッ」と同じ)

また、以前までは最速攻略に使用されなかったため動画になるのが遅れていたが実はホァイも可能。
変態になる前の自分と戦い混沌に突入する姿はまごうことなき変態。

現在では新たなバグ攻略ルートが開発され、最速攻略のTAS動画やRTA動画でホァイを繰り出すユリウスの勇姿を拝める。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24752769 http://www.nicovideo.jp/watch/sm24037845

+ 『蒼月の十字架』でのユリウス(笑)
+ 『悪魔城ドラキュラHD』でのユリウス

+ さらに親類が登場

MUGENにおけるユリウス・ベルモンド

マクシーム、リヒター、ドラキュラ伯爵など、ドラキュラキャラに定評のあるライグ・ギラル氏が作成。
基本的に原作再現であるが、変態的動きを再現したオリジナル技や隠し技が追加されている。
他にも変態同士気が合うのかマクシームとのイントロも追加されている。

また、オプションでAIを通常モードと変態モード(ドゥエドゥエモード)に変更可能な他、
ニコ動のコメントに影響された結果『「止まると死ぬ」モード』というとんでもないものも追加されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11126648
果たして今後ニコニコMUGENにおいて、彼は変態親父として認知されるのか、
それとも真っ当なベルモンド家の当主として認識されるのか…
それは貴方がどのモードをメインで使うかで決まる…のかもしれない。
+ だがしかし…

ちなみにモード問わずCPUはピンチになると必ずボス版グランドクロスを使う為、
タッグ戦の時に相手二体がユリウスに気を取られ持続の長いグランドクロスに固められた時、相方が相手のガードを崩せば好き勝手追撃できる。
このパターンが成立した場合、相方によってはそのまま一気に体力を奪い去り逆転勝利する事も。


さらにshadow099氏によって新たなユリウスが制作された。
こちらもAIが入っているが、残念ながら急降下キックの際にドゥエと言わない。

コンプゲー『Castlevania Fighter』にも登録されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21769562 http://www.nicovideo.jp/watch/sm15407176


出場大会

出演ストーリー


*1
悪魔城ドラキュラTASの研究と発達が進み、今ではベルモンド家のほとんどの人物が変態的移動を身につけてしまっている。
またベルモンド家以外のヴァンパイア・ハンターたちも、マクシーム・キシンを筆頭に、いずれもベルモンド家を凌駕する変態揃い。
さらにはドラキュラ伯爵の息子アルカード、ドラキュラ伯爵の生まれ変わりである来須蒼真までもがドゥエに感染してしまった。
この連中の中で変態でないのはファミコンやゲームボーイで高速移動が存在しなかった頃のキャラに限られるが
有名なシモン・ベルモンド空中を登っていく裏技以外は真人間と言われていたものの、
続編に出演して変な動きを身につけてしまい、見事変態の仲間入り。
脳筋の ラルフ、 黒歴史にされた ソニア、 地味 クリストファーらが数少ない真人間ベルモンドとしての命脈を保っている。

『暁月』のユリウスTAS自体は道中は見事なまでに変態だが、いざボス戦となると他の変態達と比べると至って普通に見える。
最速を目指した場合、単純に火力不足なのだが、むしろ攻撃判定をバグらせて攻撃が多段ヒットするようにしたり
超威力になるように自身を強化して狂ったかの様にビームソードで連続で叩き斬ったりしてボスを瞬殺する様子が強烈過ぎたか。

変態共まとめ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17193690