ロータスマスター


 「形意拳」でのキャラ名 : ロータスマスター
 名前 : 白蓮教主
 流派 : 白蓮秘術
 年齢 : 不明
 性格 : 感情の起伏が激しい
 趣味 : 修行
 家族 : 不明



「殺戮の世界で私一人独立し
                     血で塗られたカンフー業界でも私一人突き進む。」 *1

台湾のゲームメーカーIGSの対戦格闘ゲーム『形意拳』のキャラクター。
またアッパーバージョンの「トゥルーロータスマスター」は本作のラスボスを務める。

不気味な仮面と白い衣装に身を纏う『白蓮教』の教祖。(なお、白蓮教自体は中国に実在した宗教団体である。)
命を賭して白蓮の秘術を極めた高尚なる存在として,絶大なる信仰心を持つ教徒を多く従える。
性格はその武功の高さ故か、感情の起伏が激しく、指令に失敗した教徒には容赦なく死を与える冷酷な心の持ち主である。
しかし褒美と罰を共に徹底的に行う為、信仰する者にとっては絶対の存在である。
近年になって教徒を厳罰を処して死なせる様になり、幼い少女を誘拐させようとしたりと何かふらついた行動が目立つようになっている。
それもそのはず、実はロータスマスターは作中に2人いて、プレイヤーキャラとして使えるのは偽物である。


手足が長く通常技のリーチに優れており、
設置型飛び道具としても使える蓮の花弁状の気弾「白蓮神咒(ロータスマジック)」や、
発動中は上半身無敵で連続技や削りに使える突進乱舞技「狂鷹血舞(ファルコン)」等々、遠近問わず戦える技を持つ。
あと、ダッシュ時のモーションがなんだかこの人に似ている。

ラスボスのトゥルー(真の)ロータスマスターは一見単なる色違いに見えるが、その性能は全くの別物。
通常技こそ共通しているものの、運送技に空中ダッシュ、多段ヒットする飛び道具、相手を飛び越えつつ放つ巨大な蓮の花弁、
メテオストライクのごとく無数の白蓮神咒を降らせる超必殺技といった、隙が少なく強力な技を繰り出して来る。
偽者が超必殺技の一つ「白蓮秘伝・焔紅蓮」で放つ火柱すらノーゲージでポンポンぶっ放して来る様は、さすが本物と言わざるを得ない
使い回しなので火柱の中に偽者のシルエットが見えるのは秘密だ!
+ 本物は格が違った
見事勝利した場合は、偽物のロータスマスターが彼に変わって天下を獲るという、どこかで見たような結末となる。
ちなみに彼の素顔は自身のED及び、イントロの一つやそれを使い回した焔紅蓮のモーションで確認出来るが、
かなりボリューミーな白髪に 凄い眉毛 の持ち主であり、本物(こちらは物凄く厳ついオッサン)とは似ても似つかぬ悪人面であった。
+ 教主様のハンサム顔(本物は3:52、偽物は9:30から)

余談だが、オフィシャルイラストやOPデモでは白い衣服を纏っているが、どうもゲーム中でのデフォルト設定では異なっていたらしく、
デフォルトカラーやCPU戦での彼は 赤い衣服に緑の肌 という凄い事になっていた。どう見ても偽者だろ。


MUGENにおけるロータスマスター


台湾ゲーに定評のあるLord Skiff氏が制作したものが存在した。現在はDL先のデータが消失しており正規入手不可。
ベースは滅界覇王信長で、音声も信長のものと同じである。
まだベータ版との事だが、必殺技超必殺技ともに搭載されており使用に問題は無い。
AIもデフォルトで搭載済み。
ただし、分身攻撃などの原作のシステムは再現されておらず、
超必殺技の性能がアレンジされていたり、一部の技や勝利ポーズが実装されていなかったりと、原作の仕様とは大分異なる。
また、同氏のスコ様と違ってEDは付属しておらず、加えて上述のイントロや「白蓮秘伝・焔紅蓮」も未実装である為、
残念ながら現時点ではmugenで教主様(偽)の素顔を拝む事は出来ない。

出場大会

出演ストーリー



*1
思わずツッコミたくなる台詞であるが、これは何もこの人に限った話ではない。
スコーピオンの項でも触れられているが、
海外産ゲームにありがちな言語面での拙いローカライズにより 全編こんな感じ なのである。
ちなみに『形意拳』を開発した台湾企業IGS社は珍妙な翻訳に定評があり、
ベルトアクションの『三國戦記』シリーズや『西游釋厄2』、『闘幻狂』でも迷言・珍文を連発。
今日ではそれらは「 IGS語 」と呼ばれ、一部のファンから親しまれている。