プリンセス・シシー


「強いプリンセスはシシー様よ!」

豪血寺一族』に登場するキャラクターで、全身に武器を仕込んだトンデモ姫。
『新・豪血寺一族 闘婚 -Matrimelee-』にて初登場し、同作では大会の優勝商品兼ラスボスを務める。
『闘婚』ではネオジオROMver.でのみ隠しで使用可能、PS2での続編『煩悩解放』で正式にプレイヤーキャラとなった。
また、『先祖供養』では隠しキャラとして参戦している。
ちなみに御年12歳であらせられる。
ご馳走である。まさにパーフェクトである。完全敗北である。
しかし豪血寺に出演するだけあってクセモノ。本当は一族の血縁者なんじゃないかと思うほど。

その甲高い声、繰り出す技の数々、ボスに相応しい圧倒的な性能、
そしてメンデルスゾーンのアレを見事にアレンジしたステージBGM『闘婚行進曲』で一度見たら忘れられないインパクトを持つ。

見た目は可憐でも、そこはやっぱり豪血寺。
通常攻撃からして、鎖付きの鉄球をぶつけたり身体からドリルやら回転ノコギリを生やして攻撃するというトンデモぶり。
更に箱から某キャラのグラフィックの使いまわしの魔人を呼び出して殴りつける必殺技やら、
相手をカエルに変える一発奥義(いわゆる2ゲージ超必殺技)やらのおかげで非常に個性的。
その上強い。流石はプリンセスである。
ガードや被弾によってゲージが溜まり、
1本溜まるごとにストレス爆発(終了後に若干隙があるが無敵かつ攻撃判定付き)を起こす豪血寺のゲージシステムと、
1ゲージ消費のガードキャンセルの存在によって切り返しも得意。
更にダッシュし続けると姿が消えて完全無敵になるというとんでもない能力も持つ。
このため豪血寺新十郎の一発奥義も余裕で回避できる。

+ 簡易技性能解説

ゲーム内の姿からすると意外だが、実にプリンセスな外見をしている。
『闘婚』からはキャラクターデザインが村田蓮爾氏から中野友和氏に変更されたが、上のイラストはロリ美少女に定評がある村田氏の絵柄に良く似せられている。
何故かドット絵はイラスト通りの配色ではない。

『先祖供養』では、当初はキャラとパスワードは非公開となっており、
かつて『龍虎の拳』にて行われた龍虎乱舞のコマンドを探すキャンペーンよろしく
「出現コマンドを探せ! キャンペーン」が開かれ、当選者にはポスターが授与された。
ミスディレクションは弱体化されたものの最弱街道を突っ走る兄(のそっくりさん)とは対象的にお手軽な強さで猛威を振るっている。
さすが元ボス兼最後の隠しキャラ。

なお、近年、(アルバイトで) アテレコした本人による 10年ぶりの吹き替え動画がアップされた。


MUGENにおけるプリンセス・シシー

国内外で数体の存在が確認できる。
しかしホワイトのようにKOされた後に何かしてくるキャラをプリンセス・イリュージョンでカエル化したまま倒すと
バグなのか相手が不死身になってしまうことがある模様。

+ アフロン氏製作 再現仕様
+ Chloe氏製作 アレンジ仕様
+ 黒い鳩氏製作 Sissy-L

現在の活躍ぶりからはあまり想像がつかないが、かつてのニコニコ動画では『レッツゴー陰陽師』が爆発的なブームを巻き起こした一方、その元ゲーである『煩悩解放』を知っていた人は少なく、シシーが動画に出始めた頃は「こいつは何のキャラだ?」的なコメが良く見られた。
また、あまりにも特徴的な甲高い声のおかげで天草四郎時貞辺りと並ぶ騒音キャラとして捉えられることも多い模様。

+ 動画ネタバレ

「その程度?」


出場大会

+ ...

出演ストーリー

+ ...

プレイヤー操作