ペルカリィ・ベルビート

プロフィール

格闘スタイル: 生理現象
出身地: レイクルート
誕生日: 7月2日 14歳
身長: 144cm
体重: 30kg
血液型: B型
趣味: 裁縫
大切なもの: ばある
好きな食べ物: 野菜
嫌いなもの: 自分
得意スポーツ: 特になし
ライル・リソールを制作したユウ・コマキリ氏のオリジナルキャラ。愛称は「ペルカ」。
一回文明が滅んで2000年ぐらいたった後の世界の住人である。なお、背景の世界観はライルと同一である。
笑顔の仮面と全身を覆うフード付きコート、手に持った「バールのようなもの」が特徴的である。


森に住む悪意なき殺人者。
4歳頃に超能力が発現した結果、身近に人がいると無意識に殺そうとするようになった。
本人にとっては生理的な感覚であり、抑制は「息を止めるより難しく、心臓を止めるより楽」というレベル。
周囲の人間が1~2名で抑制可能、10人ぐらいから難しくなり、50人だとアウトである。
両親を殺そうとするが失敗し、祖父(とんでもなく強かったから殺せなかった)の下へ引き取られる。
10歳頃に祖父が寿命で死亡し、様子を見に来た両親を今度こそ殺害。
以降は他人に会わないようにするために森で自給自足の生活をしている。

超能力は、「物体からの時間の吸着」。
触れていた時間だけ吸い取ることができ、対象はその時間分静止し続ける。

また、謎の生物「ばある」を連れている。殺意の対象はあくまでも人だからOKのようである。
動物に変身したり、姿を消したり、物を透明にしたりと多彩な能力を使いこなす。
自分のことを、「偉大な神」「悪魔の軍団長」「雷の化身」など様々に自慢しているが、真相は不明。
戦闘では「バールのようなもの」に姿を変え、ペルカリィに力を貸すスタイルをとる。

ちなみに性別は女の子である。
だが中性的な感じのため、性別不明扱いで下記の野郎大会に出ていた。
(大会中に、ユウ・コマキリ氏のメールで女であると確定)
その後、下記の女性オリキャラ大会に出場した。

キャラクター性能

ライル同様、「脳力ゲージ」が搭載されており、発現状態になると必殺技超必殺技が使えるようになる。
このため、いかに発現状態に持って行くかが鍵となる。

性能としては完全な設置・待ち型。
能力を使うせいか時間差で効果が発現するものが多く、凶悪な多重攻撃が可能である。
前方移動が極端に遅く、後方移動が速いという基本性能もそれに拍車をかけている。

最大の大技は、「暴走発現-知覚不能」。
コンボ抜け可能で、相手の背後にワープして、姿が消え、2秒ほど無敵になるという素敵な性能である。
ただし、レア同様一回目は1ゲージ、2回目は2ゲージ、3回目以降は3ゲージなのであまり連発はできない。
あくまでも切り札として使っていくのがよいだろう。

出場大会