ザ・サイボーグ


アメリカのDCコミックの人気シリーズ『スーパーマン』に登場するヴィラン(悪役)の一人。
同社の『ティーンタイタンズ』にも「サイボーグ」がいるため、混同を避けての命名と思われる。
1990年の『Adventures of Superman #466』で初登場。ただし、当初は名前が異なっていた(後述)。
この項では一番メジャーな名前で述べることにする。

本名は ヘンリー(ハンク)・ヘンショー
NASAの宇宙船「エクスカリバー」のクルーとして妻を含む3人のメンバーと共に宇宙へ行ったら宇宙船が大破。
彼自身は当初は無事だったが、後に肉体が腐敗。この事故の影響で電子生命体となり、機械の体を持つに至った。
スーパーマンの助力もあってメンバーの一人は助かったが、妻を含めた残りはショックで自殺してしまった。
後に自分の体を再構築するために、マトリクスチャンバー(スーパーマンが地球にやってきた時のスペースシップ)に
意識を飛ばして宇宙を彷徨うことになった。
だが、その過程で次第に精神を失調し、スーパーマンを自分の事故の原因だと逆恨みし始めた。
結果、道中で出会ったモングルを利用してスーパーマンへの復讐を企む事になる。

ドゥームズデイとの戦いでスーパーマンが死亡した後、スペースシップの影響で外見がスーパーマンそっくりになったのを
いい事に「体を機械化して生きながらえた」と言って 「サイボーグスーパーマン」 として行動を開始した
スーパーマンの後継者の一人として描かれてはいるが、実質彼の名声を貶めるのが目的の偽者である。
結局企みは露見し、モングルと共に彼も撃退されたが、その後もダークサイドの尖兵として行動したりしている。
スーパーマンの偽物としてのアイデンティティを失って以降は 「ザ・サイボーグ」 を名乗っている。
この時は、機械の体と赤いボディが特徴的な姿をしている。

能力は様々だが、まず電子生命体として機械へのアクセス能力がある。
コンピューターから兵器まで一通り操ることができ、彼の普段の姿も機械の体を操っているものである。
また、スーパーマンの遺伝情報を入手したことにより、スーパーマンとほぼ同一の能力を持つに至った。
おまけに半分は機械なので、クリプトナイトに被爆しても能力低下は半分で済む。


MUGENにおけるザ・サイボーグ

VLADNESAS氏によって、 「サイボーグスーパーマン」 が公開されている。
全身が機械化されている為か、体力と攻撃力と防御力がかなり高くなっている。

出場大会