マスターガンダム

「足を踏ん張り、腰を入れんかァ!!

 そんなことでは悪党のわし一人倒せんぞ、この馬鹿弟子がぁぁ!!!」

機動武闘伝Gガンダム』に登場するネオホンコン代表のMF(モビルファイター)。型式番号はGF13-001NHII。
搭乗するガンダムファイターは先代のキング・オブ・ハートである 東方不敗マスター・アジア
第13回ガンダムファイト(以下GF)に登録されているネオホンコンの二番目の機体であり、
(GF国際条約にて、一回のみであるが機体の乗り換えが認められている)
「001」は前回(第12回)のGFでのネオホンコン代表の順位、つまり優勝した事を示す。

手続き上は、マスター・アジアはクーロンガンダムからマスターガンダムに乗り換えたことになっているが、
一般的にはクーロンガンダムがDG細胞によって変異して誕生したものがマスターガンダムだと言われている。
ただし、本機のシルエットはどちらかと言えばマスター・アジアがシャッフル同盟に所属していた際に搭乗していた
「シャッフルハート」に似ている為、こちらとも何らかの関わりがあるのかもしれない。
あるいはマスターガンダムとクーロンガンダムは無関係で、単にマスターガンダムがクーロンガンダムに
擬態していただけだという考えもある。

東京の旧新宿シティーにて初めて姿を現わし、彼の弟子であるドモン・カッシュを始めとする新生シャッフル同盟の前に
何度も立ちはだかり、その圧倒的な実力や各種の奥義により視聴者に強烈な印象を残した。
ギアナ高地にてドモンと対決した際は、真のスーパーモードに目覚めたドモンのシャイニングガンダムに敗れるも、
DG細胞の力により機体を修復。
一方のシャイニングガンダムはエネルギーは尽き、後継機としてドモンの元に到着したゴッドガンダムも動かなかったが、
シャイニングガンダムのデータをゴッドガンダムへ移植し終えると、 「お前と遊んでる暇は無いッ!!」 と一蹴され 爆散
……したと思ったら、 次の回にも平然と登場

「わしはこうしてここにおる。何の不思議があろうか!」


ネオホンコンでの決勝ラウンドではシード選手のため、マスターガンダムの出番は少ない。
最終的には決戦の舞台となったランタオ島でドモンの駆けるゴッドガンダムと一騎打ちを行い、
ドモンの放った「石破天驚ゴッドフィンガー」の前に敗れる。

なお、コロニーデビルガンダム内で登場したグランドマスターガンダムはDG細胞の力により新しく作り直された機体で、
マスターガンダムらデビルガンダム四天王を修復したわけではない。

本編以外ではガチャポンのフィギュアを基にした漫画『フルカラー劇場』では最強候補の一角として数えられる一方、
SDガンダム外伝』ではスペリオルドラゴンの亡骸からデビルガンダムがモチーフのキャラを生み出した 黒幕
『SD戦国伝超機動大将軍編』では魔星大将軍とし登場し、天鎧王と合体して デビルガンダムそのもの になるというガチの悪役。
(あんまり知られていないが、SD戦国伝においては死後に自身を見つめ直して改心したという設定がある。
 さらに武神機羅鋼編では普通に悪役として復活したが)
三国志の世界観を基にした『SDガンダム三国伝』では他の四天王共々パワーアップした主要キャラに
新必殺技で倒されるかませ要員と化す等、扱いにかなりの落差が生じている。
ちなみに、三国伝のアニメ版では本編におけるパイロット(の中の人)が袁紹バウを演じている。

+Gジェネでは…
はっきりきっぱりと ゴッドガンダムより使いやすい。
ゴッドもマスターも基本は格闘戦に特化した性能なのだが、
特化し過ぎて 射撃武器がマシンキャノンだけ (ぶっちゃけかなり弱い武器。最大射程3)のゴッドガンダムとは違い、
そこそこの火力を持つダークネスショット(最大射程4)があるため、多少距離が空いてもそれなりに戦える。
…それどころか、ウォーズにおいてはハイパーモードともなると、このダークネスショットが十二王方牌大車併に変化し、
攻撃力6000 になってしまう。ここまで来ると単純な格闘専門の機体とは言い難い。
ツインバスターライフルハイメガキャノンと同値。 コロニーでも破壊するつもりだろうか
え?ゴッドガンダム?ハイパーモードになってもマシンキャノンのままですが、何か?
しかし、『OVER WORLD』にてハイパーモードが奪われてしまい、スペックがゴッドガンダムと全く同じになってしまった。
……ハイパーモード削除の煽りを受けて、デッドリーウェイブと十二王方牌大車併がいつでも使えるようになったが
い、一応攻撃力は下げられたんだよ?特殊属性もOPパーツで攻撃力上げれるようになったけど。

また、スタッフの愛か、『F』ではゴッドガンダムとの石破天驚拳の打ち合いがムービーで演出
(デビルガンダムとの最終決戦はムービーじゃないのに)、『NEO』ではガンダムWのGチームを一人で相手取った挙句に
ツインバスターライフルをダークネスフィンガーで相殺するムービーが存在する。ドモンはムービーが用意されてないのに。
戦闘アニメも力が入れられており、『Wars』におけるハイパーモード時の「格闘」は攻撃力だけを見ると
同機体の武器の中では最弱の攻撃力なのだが、一通り敵をフルボッコした後に暗転した画面でポーズを決めて
東西南北中央不敗SUPER ASIA の文字が出てきて爆発という演出。
大切な事なのでもう一度言うが、マスターガンダムの最弱武器である。

一方で、デビガン四天王中、唯一DG細胞(HP・ENが毎ターン自動回復する)を持っていない。
師匠がDG細胞を制御しているからだろうか?まぁ、確かにこれでDG細胞まであったら凶悪過ぎである。
…などと言ってたら、OVER WORLDで追加されてしまった。

ちなみに、恐ろしい事にデビガン四天王はマスター以外も WARSではビーム×8を持つウォルター
通常射撃×8を持つヘブンズソード グランド以外はみんな優秀である。
クセがあり過ぎるシャッフル同盟も少しは見習ってほしい…と溜息をつくプレイヤーもいたであろう。
さすがにWORLD以降弱体化したけど

+スパロボでは……
師匠と共に、様々な作品に登場している。
自軍キャラで使えるようになるにはGガンダム系のルートを通らなければいけない事が多く、
その為に別の隠しキャラを諦めなければならない。
というか、隠しキャラとしては厳しい条件を取られている事が多い。
なんと、 ドモン以外で東方不敗を倒す事 という原作ファンでは知らないと絶対に満たせない、
原作ファンじゃなくても勘違いするであろう条件だった作品もある。
しかし、仲間にしてしまえば一騎当千。ゴッドガンダムとドモンを超える性能でバッタバッタとなぎ倒してくれる。

ちなみに『スーパーロボット大戦R』では、「クーロンガンダムがDG細胞によって変化したもの」ではなく、
「東方不敗が過去乗っていたマスターガンダムを参考にした新しいモビルファイター」という設定なので、
設定上は性能がダウンしている。まあ、仲間にする条件簡単だしね。

+『ガンダムVS』シリーズでは…
『ガンダムvs.ガンダム』に登場。パイロットはもちろん師匠。
ゴッド同様高速で動く格闘機。超級覇王電影弾や石破天驚拳やダークネスフィンガーを使える。
十二王方牌で相手の機動力を落とすので自機超有利な読みあいが特徴。
さらにここから帰山笑紅塵で相手をスタンさせてからフルコンに行ける。
格闘の火力自体はゴッドガンダムに及ばないものの、当てやすさはチート臭いくらい高い。
さらに体力が一定値以下になると明鏡止水発動。火力が上がる。
接近主体の格闘機故に高耐久。コスト2000機体なのでコストパフォーマンス超優秀。
まぁ、Gガンダムでの実質的なラスボス機だから仕方ないかもしれない。
これらの性能から七強のうちの一機に数えられている。

続編の『NEXT』にも登場。ゴッド同様幾分か前作の超性能が抑えられ、
新システムのNEXTダッシュによって弾幕を貼ることが容易になった今作では々辛い立場にある。
しかし機動力や格闘性能の高さ、明鏡止水時の爆発力は健在。
格闘一つ一つの性能がはっきり分かれているので状況によって使い分けることが重要である。
ちなみにこの機体は格闘カウンターを持っているのだが、射撃のない機体に対しては殆ど嫌がらせに近いことができる。
具体的にはこいつ

さらなる続編『EXTREAM VS.』にも参戦。タイムリリース機体第1弾ではあるが、
稼働当初よりGガンダム機体のデモムービーで堂々と登場していたため、誰もが参戦を予期していた。少しは隠れろと…。
(まあ、プロヴィデンスガンダムやキュベレイマークIIも隠れていなかったが)
今回はなんと、コスト2500枠に下がったゴッドガンダムを差し置いて最高コストの3000枠に。
性能は全般的にゴッドガンダムの上位版であり、ゴッドシャドーこそないがその代わり近~中距離戦の選択肢が豊富。

今作ではシステム的に厳しいとされる格闘機の中でも他の強機体と渡り合っている唯一の存在であり、
弟子と同様に射撃武器を獲得したほか、3000上位の耐久力、優秀な各種格闘、全機体中トップクラスのブースト持続など、
コスト3000に相応しい高性能を誇る。
中でも優秀なのはチャージショットで使用できる石破天驚拳と各種サブ射撃、そして前格闘で繰り出す飛び蹴り。
石破天驚拳は貯め続けることで性能がパワーアップしていくのだが、最大チャージ時には格闘機らしからぬ
誘導と弾体の大きさとなり、中距離からの強力な牽制、そして接近戦の布石として活躍する。
サブ射撃はマスタークロスを伸ばして相手を捕らえ、レバーを入れることで左右への薙ぎ払いになる。
どちらも発生が速く、前格闘と合わせてマスターを「白兵戦最強」と言わしめる原因となっている。
そして肝心の前格闘だが、これは単発の突進技で、 踏み込み中は喰らい判定が縮小される という特性を持つ。
迎撃のビームライフル程度は角度にもよるが容易くすり抜け、そこからコンボを繋いでいくさまはまさに悪夢。
おまけに格闘が当たった後は十二王方牌をダウン追い討ちで相手に付けるコンボ(通称ハエコン)を使えば、
復帰後に帰山笑紅塵でスタンさせることが出来るので相方に助けてもらうかスパアマで耐えるか覚醒抜けをしない限りフルコンがほぼ確定
さらに覚醒中はおなじみの明鏡止水状態になり火力が約1.3倍に上昇、耐久力も高いため安定して覚醒を3回使え、
上記のハエコンを使えば コスト2500以下のほとんどの機体を無傷の状態から蒸発させることが出来た。

…と、バランス調整を怠ったのか、はたまたスタッフにファンでもいたのか
格闘機最強どころか 一強状態とまで言われるほどの壊れ性能だった。
…しかし、4/27のアップデートにて大きく弱体化し、ようやくまともな調整がなされた。
このアップデートで、ダウン追い打ちを利用したハエコンも使用不能となった。
が、相変わらず格闘性能はトップクラスで純格闘機のため相性の影響を非常に受けやすいなどの欠点はあるものの
ハマった時の爆発力などは健在なため現在は3000コストの中では中堅上位ぐらいの評価を受けている。
またハエコンも新たなパターンが発見され、狙えるチャンスは大幅に減ったものの健在。

ちなみに上記アップデートの更に前のアップデート前(登場当時)は更に酷かった。
特に石破天驚拳最大チャージが シールドガードをする以外では回避が非常に困難なレベルの超誘導と超巨大判定 で、
さらに 相手が撃った射撃をかき消しながら進んでいく ため、シールドガードをしてもその硬直中に
天驚拳を盾にしながらブーストをほとんど消費しないダークネスフィンガーでローリスクかつブーストをほとんど消費せずに接近できた。
しかもその威力も全射撃中でトップクラスで下手な格闘ワンコンボ並みの威力があり、赤ロック距離も射撃機並みに長かったため
中~遠距離でとりあえずこれを撃っているだけで十分に勝てる超性能だった。
そこに上記にある判定のおかしい各種格闘や最高クラスの機体性能が組み合わさった結果、
射撃戦でも不利が付かない純格闘機 という意味不明なレベルに。
2対2が基本であるこのゲームで(しかも初心者~上級者まで総括したランキングで)唯一勝率60%越えという異常さを発揮していた。
単純な強さ以外でも
  • 十二王方牌大車併命中時、 相手を永遠に黄色ロック(つまりは勝負から除外してしまう)状態にするバグ
  • ただでさえ強い最大チャージ天驚拳を ある条件下で連射可能にするバグ
など、バグの塊でもあった。師匠、自重してください*1
覚醒技は超級覇王電影弾・大激突。ゴッドガンダムとの最終決戦中に起きた、ドモンとマスターの顔の入ったアレ。
本機体の欠点としては2000相当とまで言われる程のコンボ火力の低さが上げられる。(N格闘を使用した高火力コンボもあるがコンボ時間が長くカットされやすい為まず狙えない)
ただし覚醒が攻撃力1.2倍の明鏡止水、火力についてはそれで一線級となっており弱点としてはやや弱い。

『FULL BOOST』にも引き続き参戦。
大きな変更点はアシストとして風雲再起が追加されたぐらいで、使い勝手はほとんど前作と変わらない。
風雲再起は相手に突撃して跳ね上げる攻撃を行い、誘導が良好で扱いやすく、リロードもされる良性能アシストである。

…と、機体自体は前作から据え置きの性能なのだが今作ではシステム面で逆風を受けており、
覚醒が貯まりにくくなり一試合3回の覚醒がまず不可能になり爆発力低下、
フワステ強化により攻撃が避けられやすくなり、移動撃ち可射撃を持たない為本機はフワステの恩恵が薄い、ETCと相対的に弱体化している。

システム面で逆風を受けている状況にもかかわらず2012/5/29 アップデートでは 強キャラでもないのに何故か弱体化
低い火力を更に落とされる(主力技であるNサブと前格闘の補正率が悪化して横格も威力ダウン)、
風雲再起の弱体化など様々な面で弱体化を余儀なくされ、
各地の使い手からは原作の台詞をもじり 「この機体も哀れよな…」 と嘆き悲しまれた。

これはさすがにまずかったと反省したのか、その半年後のアップデートにてついに強化調整がなされた。 遅ぇよ。
特射が最初から装填済みといううれしい調整の他、弱体化した補正も緩和された
現環境におけるウイングガンダムゼロ・リボーンズガンダム・ジオング・バンシィ等の強機体が、
軒並み格闘に対し強い迎撃能力を持つ為ガチ環境では厳しめ。
相手が迎撃、カット性能を両立してると相方に高い技術性能が無いと絶望的な状況になる事も。
上が例外なだけで依然師匠を単独で捌ける機体は少なくタイマンは強い方である。

不利要素が多く安定しないモノの白兵戦における択の多さから来る低コ狩り性能、覚醒時の爆発力などから固定では中堅ぐらいの評価。
極端さゆえ人によって評価が変わりやすい。

『マキシブースト』にも続投参戦。大きく性能の変更はなく、前作と同じ感覚で使用できる。
顕著な変更点として、新武装としてデビルガンダム四天王のガンダムヘブンズソードを召喚し突撃させる技が追加された。
ヘブンズソードは相手に近づき、連続ヒットするキックの乱打で敵を攻撃する。


+コンパチヒーローシリーズでは…
SFCの『グレイトバトルⅤ』の敵として初参戦。
本作ではゴッドガンダムとは師弟ではなく幼馴染という設定だった。
ダンジョンRPG「ロストヒーローズ」では敵組織リジェスの幹部の1人として登場。
ゲーム中盤の舞台となる光の国がモチーフとなっているステージ「ウルトラ・キューブ」ではキューブの所有権をかけての武術大会「リジェス・ファイト」を主催。光の国奪還とウルトラマンタロウの救出を目的としたヒーローチームも参加するが、マスターは他作品の悪役と共に妨害工作を仕掛けてくる。
このステージではクエスト名が全て「戦えヒーロー!光の国がリングだ!」等Gガンダムのサブタイトルをもじった物になっていたり、各参加者同士の意外な因縁を見ることが出来たりと非常に愉快かつカオスな内容となっている。
その後もファイトを勝ち抜いたヒーロー達にゼットンをけしかけてきたり、リジェス・ファイトで好成績を収めたザムシャーをデビルガンダムのコアにしたりと様々な形で暗躍する。
「ヒーローズバーサス」でもゴッドガンダムと共に参戦している。

+ガンダムトライエイジ
トレーディングカードアーケードゲーム『ガンダムトライエイジ』では、「ジオンの興亡 1弾」で参戦。
レアリティはマスターレアでシャイニングガンダムと共に参戦。
ステータスはスピードが高め。敵の攻撃を防御した後、防御効果無視の反撃を行うアビリティ「武闘」を持つ。
適正は地上★で地上戦に強い。ただしそれ以外は普通かそれ以下。
必殺技は「最終奥義・石破天驚拳」。型を取ったあと、敵に接近し格闘で相手を吹き飛ばし、ハイパーモードになり石破天驚拳を撃つ。
敵のマスターガンダムにマスター・アジアが搭乗している場合は、この必殺技の使用時に特殊カットインが挿入される。
っていうか何でプレイヤー仕様だと見れないんですかバンダイさん
下位カードの必殺技は「ダークネスフィンガー」。シャイニングガンダム同様、下位カードでも専用演出持ち。

「ジオンの興亡 2弾」でもマスターレアで登場。
アタック・スピード共に高いが、その分HPの低いステータス構成。
特定機体と出撃させると強力な効果が発動するアビリティ「小隊」を所持している。
マスターガンダムの場合はシャイニングガンダムと同時に出撃すると最終ラウンド突入時に仲間全員の必殺技を+1000する「流派!東方不敗」。

「ジオンの興亡 4弾」で三度マスターレアで登場。シャイニングガンダムがパーフェクトレアに再昇格したからだろうか。
アタックに特化したステータスを持ち、スピードが低い。アビリティは「武闘」。

Gガンダム本格参戦の「ビルドMS 6弾」では4度目のマスターレアで登場。
今回もアタック特化のステータス。HPはZ4弾より上がったが、スピードは更に下がった。
アビリティはHPが0になったときに1度だけHPを少量回復し撃墜を回避する「不沈」。DG細胞の再現だろうか。

専用機パイロットはもちろんマスター・アジア。
こちらも「ジオンの興亡 1弾」でマスターレアで登場。スピード高めで高レベルスピードバースト持ち。
単機でロックオンした時、そのラウンドのみ必殺技が+800されるスキルを持つ。
ちなみに、カードイラストは「超級! 機動武闘伝Gガンダム」のものが使われている。

名前とは関係ないだろうが、パーフェクトレアのカードが無いのが残念。

MUGENにおけるマスターガンダム

現在は公開されていない。
SFCの格ゲー『機動武闘伝Gガンダム』のグラフィックを用いたものがHyukke氏によって制作されている。
「十二王方牌」や「デッドリーウェイブ」などの必殺技や、
SFCでは未搭載だった「超級覇王電影弾」「石破天驚拳」等のアニメでお馴染みの技が搭載されている。
更に各種必殺技にはアニメより切り取った東方不敗のアツいカットインが搭載されており、
当作品ファン感涙の出来となっている。
デフォルトAIは搭載されていない。
まあ今は生身の方が人気な訳だが

また、とけい氏のマスターガンダムも公開されていたが現在は公開停止中。

出場大会



*1
尤もEXTREAMの場合、バグの塊なのはマスターガンダムに限った話ではなかったりする。
……無印のフリーダムガンダムの方がマシにも思いたくなる。