ガルモンク

「パワ――――――――――――!」

オンラインゲーム『FINAL FANTASY XI』における、ガルカ族がを選択した状態の通称。
さらに縮めて「ガルモ」「岩モ」等とも呼ばれる。

原作「ファイナルファンタジーXI」におけるモンク

ゲーム開始時点で選択できるスタンダードジョブの一つ。
モンクでスタートすると腰装備の「白帯」を貰った状態で始められる。

ファイナルファンタジーシリーズでの「モンク」のイメージを踏襲しつつオンラインゲーム向けのアレンジをなされており、
鍛えぬいた肉体から強力な攻撃を繰り出し敵に素早くダメージを与えるというジョブに仕上がっている。
立場としては必殺技の威力よりも通常攻撃の手数と重さでダメージを稼ぐ「メレー(近接攻撃)」型のジョブで、
優秀な装備品の入手難度が比較的低く、要求される立ち回りもそれほど難しくないため、プレイヤーによる当たり外れが少ないジョブである。


+ ユーザー間でのモンクの歴史

HPは高いものの装甲は薄いため、パーティでは忍者などの防御向きのサポートジョブを選択することが多い。
しかし超低コストで大回復が可能な竜騎士のヒールブレスを活用したパーティでは攻撃系のサポートジョブを選択し、存分に力を発揮する。

また、武器や防具が装備できないエリアがあるコンテンツでは、素手での戦闘力・HPやVIT(防御)の高さから人気が高い。

一方、敵を殴っている間は放置しておきゲージが溜まった、もしくは味方からの連携コールがあればWSを放ち、またTPが溜まるまでぼけーっと待つ……
通常攻撃に比重の置かれたジョブ設計の為こういう事が他ジョブより比較的楽に行えることなどから、「マンガを読みながらレベル上げができるジョブ」と皮肉を交えて呼ばれることがある。

しかしパーティメンバーとしてきちんと立ち回るならば、マンガを読みながら適当にプレイする事が出来るほど楽なジョブではないことは、モンクを育ててきた人ならばわかるだろう。
(参考元:FF11用語辞典)


ガルカ族について

白い肌で、分厚い胸板に丸太のような腕、トカゲにも似た太いしっぽが大きな特徴である。
平均身長はエルヴァーンよりも高く、身体のわりには腕が長く下肢が短くて細い。
また手足には指が4本しか無く、すべてのフェイスタイプが顔に髭を持つ。
(何故か指の本数はオープニングムービーや一部の装備をした際に5本に増えることがある。)
余談であるが、ガルカのしっぽはトカゲの如く生え変わる事があるらしい。
ガルカは前衛として優れたステータスを誇り、HPやVIT(防御)が高く、STR(攻撃)、DEX(器用さ=命中)なども平均以上であり、ほとんどの前衛ジョブをそつなくこなす。
しかしその外見からか、プレイヤーの構成比から見ても少数派の種族として知られている。

また、全種族の中で唯一生肉をそのまま食事として食す事ができる。
PCとして使用できるのは女性のみというミスラは生魚を食す事ができることとあわせて、男性のみ存在するガルカはこの面でも対を成す存在となっている。

+ 原作での詳細な設定

+ ユーザーからの扱い

ゲーム中に登場するNPCは姓の概念はなく、名のみで呼ばれる。
一部のガルカNPCは、ヒュームによって通り名が付けられている場合があり、"Iron Eater"などのように本名と直接的に関係の無い名で呼ばれる場合もある。

ガルカとモンク

元々HPが多いガルカがさらにHPが多いモンクになるという適材適所の典型例。
圧倒的なHPの多さから、最近はやりのヒルブレパーティにおいて、非常に重宝される存在となっている。
Lv75のガルモ(サポ戦)のHPは初期状態で1749に達し(総合HPワーストのタルタル族黒魔道士の二倍越え)、
各種ブーストでチューニングすることにより、比較的現実的なラインで2000を超えることも可能である。


HPをブーストしまくったガルモはそれだけでネタになる要素があり、
Ark Angel EVのスピリッツウィズインやProto-Ultimaのシタデルバスターを、
その豊富なHPで受け止めてしまうという事例が報告されている。

なお、HPの減少のゲージ幅が通常あり得ないほどしか動かないため、回復役の感覚がずれやすい。
中には最上位のケアルでもHPが全快できないという体験で、目を丸くする白魔道士がいるほどである。



MUGENにおけるガルモンク

「MUGENに(ネタキャラ以外に)ガルカキャラがいない」という理由により、
Fugak氏がニコニコにて製作に立ち上がり、この度β版が公開された。
現在は修正が施されたリメイク版が氏のOneDriveにて配布中。
容姿はオーソドックスにモンクアーティファクト装備にクロスカウンター。
フェイスはガルカユーザーでも人気の「F6黒髪(禿げ)」。
FF11キャラのお約束として、非常に容量が大きいため注意(解凍前で約53MB、解凍後は約88MB)。

性能は見栄えと原作再現を少々優先したせいか多少「凶」に片足を突っ込んでしまったらしいが、
その分ガルカでモンクらしさは十二分に再現されている。
ボイスは原作のガルカ族のものと、不破刃のものと二種類が付属されている。
デフォルトAIも搭載されている。

出場大会