シャイニングガンダム


「俺のこの手が光ってうなる!
        お前を倒せと輝き叫ぶ!!」


『機動武闘伝Gガンダム』に登場するモビルファイター。ストーリー前半の主役ロボである。
第13回ガンダムファイト用に開発されたネオジャパン代表のモビルファイターで、主人公のドモン・カッシュ(当該記事参照)が搭乗。
形式番号GF13-017NJ。「GF13」は第13回ガンダムファイトを意味し、「017NJ」は第12回でのネオジャパンの順位を意味する
(第12回にはウルベ・イシカワがガンダムファイターとして参加したが、決勝戦で東方不敗マスター・アジアに敗れている)。

ドモンが繰り出す流派東方不敗の技の数々を如何なく再現する性能を備えており、
胸部のエネルギーマルチプライヤー発動に伴う、アーティフィシャル・オーラ・ジェネレーター(人工気力発生装置)の
駆動を制御する事により、気を練る機能も持っている。
搭乗者の感情の変化に応じて戦闘力や機体が変化する機構を備え、通常時のノーマルモード、戦闘時のバトルモード、
そして搭乗者の怒りが頂点に達した時に発動するスーパーモードの3形態に変形する。
必殺技は光り輝く液体金属で覆われたエネルギーで掴んだ物体を粉砕する「シャイニングフィンガー
スーパーモード時にしか使えない、全エネルギーを送り込んだビームソードで斬りつける「シャイニングフィンガー・ソード」など。

スーパーモード時は、頭部や肩等の一部装甲版が展開することで冷却効果を得ているが、
機体のみならずファイター自身にも大きな負担を強いるものであるため、長時間の使用は不可能である。
また、「怒り」の感情が引き金となるので冷静さを欠き、真の強敵の前では全くの無力であった。

最終的には物語中盤のギアナ高地でにおいて、シュバルツ・ブルーダーの助けもあり、
ドモンは「明鏡止水」の境地に辿り着き、怒りに依らない「真のスーパーモード」を習得する。
そしてマスターガンダムデビルガンダムを倒すが、
機体のエネルギーを使い果たしてしまい、東方不敗マスター・アジアの攻撃を受けて中破してしまう。
レイン・ミカムラの協力で後継機であるゴッドガンダムに機体のデータを転送した後、シャイニングガンダムは破棄された。
なお、ガンダムファイトの国際規約では、頭部を破壊されない限りは機体の交換は許可されているため、ドモンのケースは別に違反ではない
(シャイニングガンダムは破壊されはしたが、頭部は残されていた)。

漫画『超級!機動武闘伝Gガンダム』では開発の経緯が、
ドモンの父ライゾウ・カッシュ博士が開発したゴッドガンダムを模してミカムラ博士が造ったデッドコピーという設定になっている。
だが、シャイニングが限界を迎えドモンにゴッドが送り届けられた際には
ミカムラ博士はゴッドをコピーしきれなかったことが自分とシャイニングの限界だったと自嘲していたが、
当のシャイニングはゴッドを起動中のところを狙われたドモンを守るかのように
エネルギー切れでパイロットもいない状態にもかかわらず起動してシャイニングフィンガーを放ち、
ドモンに感謝されつつ別れを告げられるという、ただのデッドコピーではないことを示すかのような最後の活躍を見せている。

また兄弟機として「ライジングガンダム」が存在するが、これはガンダムファイト用ではなく
ウルベ・イシカワ少佐専用の対デビルガンダム用兵器として開発されたものである。
ガンダムファイト公式戦用の機体としては承認されておらず、
型式番号は非GF参加のネオジャパン軍配備の機体として「JMF-1336R」が与えられている。
名目上はゴッドガンダムのサポート用とされていたようである。
本来はシャイニングガンダムの開発過程で生まれた武装強化案を下地に、同機の予備フレームと外装を流用し、単一の機体として再設計された。
そのためほとんどの部品がシャイニングガンダムと共用である。
パーツ状態でガンダムファイト第13回大会の決勝戦が行われていたネオホンコンに持ち込まれ、ミカムラ博士とアキノ曹長の手によって組み上げられた。
当初のパイロットであるウルベが搭乗する事は無く、シュバルツの口からデビルガンダム事件の真相を知らされたレインに強奪され出撃する。
その後、ランタオ島~ネオホンコン首相官邸前でDG細胞に侵されたアレンビーの乗るウォルターガンダムと対戦し、これを撃破している。

(以上、Wikipediaより抜粋、改稿)

劇中では二回だけ、ドモンの不在時にパートナーのレインが操縦したことがある。
レイン用のファイティングスーツは黒とピンクの二色で、ハイレグかつ胸元が大きく開いているように思わせるデザインになっている。
ドモンのものとはまるで異なるが、シャイニングガンダムにはレイン用のスーツが用意されていたということなのだろか?

なおレインの本業は医者であり、普段は医療や機体整備などを担当しているのだが、
スパイ活動をしたり、コア・ランダーから凍りついた湖面へ飛び降りたり、
人質になった際に相手のガンダムのコクピットに侵入したりと、かなりアクティブな女性である。
しかしファイターではないので、コクピットでファイティングスーツを纏う際にはその圧力で「き…きつい」という声を思わず漏らしている。
ちなみに子供がスーツが纏おうとすると、その行程だけで全身の骨が折れかねないほどの圧力がかかる(27話)のだとか。

更に終盤ではシャイニングガンダムの兄弟機であるライジングガンダムに搭乗し、
シャッフル同盟が2対1で相撃ちだったデビルガンダム四天王のうちの一体にタイマンで完勝するという快挙を成し遂げている。
おまけに『GUNDAM EVOLVE 3』では明鏡止水の境地を使っていないとはいえゴッドフィンガーを破ってドモンに勝った。痴話喧嘩だけど。
…Gガンダムキャラの多くがその 奇行 超人技によるインパクトが大きいため隠れがちだが、
充分に常人離れしたヒロイン…というかガンダムシリーズ史上最強クラスのヒロインといってもいい気がする。

+ 意外と知られてないのだが…

+ スパロボシリーズでは…

+ Gジェネシリーズでは…

+ 『ガンダムVS』シリーズでは…

+ 『ガンダムトライエイジ』では…

+ 本編退場後のシャイニングガンダム(?)

MUGENにおけるシャイニングガンダム

SFCで発売された対戦格闘ゲーム『機動武闘伝Gガンダム』のドットを使用したもの。
製作者はにゃん☆鬼龍氏。現在は氏のサイトがトクトクのサーバー障害復帰後に消滅した為、入手不可。
イントロや超必殺技で原作アニメのシーンがカットインとしてそのまんま使用されている為やや重いが、
演出のオンオフが選べるようになっているので「デモがうざい」という人にも安心の設計である。
原作格ゲーの出来がアレだったのに対し、餓狼伝説スペシャルのように連続技を組むキャラクターになっている。
演出は派手だが攻撃力は抑え目。高威力のゲージ技が命。
ゲジマユではAIが無かったため、視聴者から「降りて戦え」や「修行しなおせ」などと言われてしまったが、
現在はJackPack氏がAIパッチを公開している。

出場大会

出演ストーリー

Gガンダム cross in mugen ~ぼくらの非想天則~(ただし大幅な改変が施されている)