Zenith

「逃ゲラレナイ…」

海外のSEAN JOHNSTON氏が制作したオリジナルキャラ。
同氏がハイスクール時代から描いている漫画『S.H.A.D.E. of Manhattan』の登場人物でもある。

プロフィール

本名:不明
身長:6フィート(180cm)
体重:175ポンド(79kg)

1970年代のアメリカで、アフリカ系アメリカ人の母と日本人の父の下に生まれる。
父親は生まれたときにはおらず、母親も生後すぐに死亡している。
時代背景もあってはまりいい扱いはされず、12歳頃にアメリカから失踪した。
かなり経って誰もが死んでいたと思っていた頃に戻ってきたが、その間の経歴は不明である。
忍術を身につけ、日本文化にやたらと詳しくなっていたらしい。

現在では、モーゼスの下で実験体捕獲部隊の隊長をしている。
指揮官として優秀な成績を残しているが、本人としては部下にもう少し自主性を持ってほしいようだ。
また、雇い主の善良性についてもかなり疑問を持っているようである。

超能力者や改造人間が多いこの作品では数少ない一般人である。
忍術や格闘技に長けており、武器の扱いも得意。特にマキビシと両刃の仕込み鎌がメインウェポン。

性能

素早い動きと長い間合いで押していくタイプ。
長い仕込み鎌のリーチがかなりあり、攻撃の出も早いので中距離から押していける。
忍者キャラには珍しく飛び道具は持っていないが、「makibishi」を設置として使用可能。
当たるとダメージを与え、上を通った場合はスピードを下げる効果がある。
これを利用してつかず離れずの中距離戦を挑むのがいいだろう。

+大会ネタバレ注意
オリジナルキャラでリーグバトル』にDark boltVal Vulturesと共に「NINJYA」チームで参戦し、先鋒を務める。
伸縮自在の刃を持つ鎌を使った戦いに「かっこいい」「スタイリッシュ」等のコメントが相次いだ。
予選の戦績こそ振るわなかったものの、「視聴者推薦枠」に選ばれて決勝トーナメントに進出。
トーナメントは一回戦で敗退したが、自身は敵チームの先鋒であるELLAを撃破する健闘を見せた。
(12:27~13:49)大会主催者によるキャラ紹介

出場大会


出演ストーリー




添付ファイル