シングラー

シングラーとはイリスデストロイアペリカンアノマロカリスなどの製作者である特異点氏が記述の勉強の一環として作成、2010年4月14日に公開したキャラである。
ディスプレイネームは「Singular」であり『唯一の』、『独特の』などを意味する。
形態としては球体のような姿で自身より若干大きいの衛星を2つまとっている。
これはシングラーがシングラリティをより無機質且つ簡略化したものとして作成された為である。

公開先はマイリストにあるホームページから

一番の特徴として本体に食らい判定が存在しない代わりに常時当身判定を展開しており、当身に成功するとシングラーの体力が減るという斬新なシステムを採用している。
故にシングラーの体力を減らすには当身が可能であるhitdefの攻撃が必須となり、当身が不可能であるproj化された攻撃では体力を減らすことができない。
他にも体力が時間と共に減少する代わりに、攻撃を受けると逆に体力が回復するライフ反転モードを搭載している。

攻撃方法は周囲を回転する2つの衛星による直接攻撃、衛星から放たれる飛び道具となっている。
ゲージ技は本体から伸縮する七つの円陣と弾幕を発生させたり、広範囲弾幕、全画面攻撃、自身の当身判定にダメージ判定を付けて放出する技等が存在する。
特に当身判定を放出する技では当身判定が放出されている為に発動中は本体に攻撃しても全くダメージを与えることが出来ず、当身判定にAIが優先して攻撃するわけもないのでAIに対してほぼ無敵の状態となる。
他にも食らい判定が無いが故のハイパーアーマーを搭載しているので前述の特徴もあわせて投げや弾幕による攻撃が中心のキャラに強いキャラとなっている。
また、当身判定に攻撃が当たる攻撃であればその攻撃の威力に関係なく一定のダメージを受けてるので、手数が少ないけど一撃が強いキャラに強く、一撃は弱いけど手数の多いキャラに弱いという特徴も持っている。


2011年1月の更新によってさらに簡略化した姿となった。

三角の物体が画面をただようようになったり
前は無意味だった画面内をただよう四角形の物体が攻撃技に変更された。
また新しく連結モードというモードが搭載された。こちらはムカデのような姿でSTGキャラっぽいのを作りたかったとのこと。弾を発射したり全身からビームを出したりして攻撃する。
またダメージをうけると体がどんどん短くなっていきなくなると死ぬ。


+ 大会ネタバレ、2010年公開版の活躍


出場大会

削除済み
凍結

その他

ブリジットと遊撃の旅(part471、1Pと12P)