スパイラル・ペガシオン

「ゼロ!前からキミとあいたかった…」

CAPCOMのアクションゲーム『ロックマンX5』に登場する8ボスの1体。モチーフはペガサス
『X4』のドラグーン以降シリーズ化した、幻獣がモチーフのレプリロイドである。
「エアフォースプリンス」の二つ名を持つ、『X4』で反乱を起こしたレプリフォースの空軍に所属している若き長官。
性格は生真面目で正義感にあふれており、カーネルのことを深く尊敬していた。
そのことでエックスゼロに若干思うところはあるものの、きちんと対応している。
ストーリーでは協力を求めたエックスに対してはケジメとして、ゼロとはカーネルの弔いとして戦いを挑むこととなったが、ゼロは仕事として戦った。
イレギュラー化している状態だと抑制がきかなくなっており、エックスをジェネラルの仇として憎んでいるほか、アイリスにほのかな想いがあったこともわかる。

戦闘では、空を飛ぶ飛空挺の上でのバトルとなる。端から落ちると即死するので注意。
画面外から突進してきたり竜巻を起こしたりと、『X』や『イレギュラーハンターX』のストーム・イーグリードを連想させる。
そちらと比較すると全体的なスピードは遅くなっているが、体当たりの軌道が増えている上にフィールドが狭くなっている。
おまけに風が吹いていて流されるので、油断しているとあっという間に落とされてしまう。
ただ、直接的なダメージを与えてくる攻撃は少ないので、落ち着いて戦えばそれほどつらい相手ではない。

弱点はエックス・ゼロ共通でダークホールド
ただしクイックマンに対するタイムストッパーとは異なり、単に動きを止めるだけでダメージは一切与えられず、
時間停止中にバスターやセイバーでライフを地道に削らなければならない。
とはいえ、条件次第では 開幕発動から止めたまま1ゲージ持っていける。

倒すと、エックスは真上に竜巻を纏ってアッパーカットする「ウィング・スパイラル」を、
ゼロだと青い分身を発射する「疾風」を入手できる。
ダイナモバーン・ディノレックスに対して有効。


MUGENにおけるペガシオン

Snowwolf氏によるものが公開されている。
原作では直接攻撃に使用できる技が少ないせいか、風の刃を放つ技などが追加されている。
全体的にはかなり強力で、画面を高速で往復する竜巻は特によけにくくなっている。
氏恒例の即死技(瀕死時限定)も入っている。


「ア、アイリス… ダレダ、コイツ? オシエテクレ。アイリス、コイツ、ダレ?」

出場大会




添付ファイル