正男

+ プロフィール(『正男ブラザーズ』より)
正男とは、福田直人氏が製作したフリーのJAVAゲーム『 スーパーまさお 』シリーズの主人公で、「まさお」と読む。
決して「ジョンナム」とは読んだりしない。埼玉県のスーパー五才児の友達でもない。
それとかなり間違えられるが「正男」は主人公の名前でゲームの名前はコンストラクション以降は「スーパーまさお」である。

『スーパーまさお』とは


名前で分かるとは思うが、『スーパーマリオ』シリーズを意識した横スクロールアクションである。
正男という生粋のイタリア人を操作し、ステージ内の一番右にある星を取ると次のステージに進む。ステージは全部で7面。
なお正男のの名前は浩二で、オリジナル版ではNPCとして登場する。
敵キャラクターも本家マリオシリーズに出てきたようなカニカメで、他にもポケモンに似た敵も出現する。
後に『正男ブラザーズ』や『スーパー正男2』などの続編が作られた。
その後『スーパー正男2』の改良版『まさおコンストラクション』シリーズが無料配布されており、誰でもHTMLの編集や専用ツールで
ステージやキャラクターをエディットしてオリジナルステージを製作しHP上で公開できるため、
有志によって様々な正男が製作されている。
現在はJavaの脆弱性により、JavaSprict (≠Java) を用いた Canvasまさお への移行が進んでいる。
作者によってはRPGツクールを用いて正男を題材にしたRPGを作ったりもしている。

スーパーまさお3 ExE Style

dare氏によって作られた、DL式の正男。簡単に、幅の広い正男を作成することが可能なのが特徴。
…しかしDL式なのでホイホイ作品を公開できなかったり、現在の本家も技術次第で幅が広がったりするので甲乙つけがたい。
というか結構変わってるから比べても仕方ない気がする。

ニコニコでは『スーパーマサト3』のプレイ動画がほんのちょっとあるくらい。

ちなみに『まさお3』にはデフォルトでプレイヤーキャラが数体いるのだが、
やはり、どこかで見たことのあるようなキャラクターしかいない。
さらに、アイテムを収得することでキャラが出せるようになる技をあらかじめ用意されているものから4つ選べるのだが、
なぜかこんなものまである
プレイヤーキャラの自由度は(本家より)高くゲームに設置するのも楽なため、
キャラ単体で公開してる人もいるようだ。

スーパー正男(androidアプリ)

その名の通り、androidアプリとして遊べる正男。
内容はJava版と同じだが、オリジナルマップが採用されている。
Android 2.2 以上に対応しており、 Xperia arcでの動作が確認されている。

所謂Flash黄金期頃の英雄の一人であり、今なお現役なシリーズであるため、知らない人はぜひ遊んでみるといいかもしれない。
最近では、軍事的で厨ニくさいストーリーの主人公としても使われたりしている。
何気にテーマソングまで製作されている事からも人気の高さが伺えるだろう。

福田直人氏は他にもポケモンそっくりというか見た目そのままのキャラ(伝説キャラの名前はファイガ・サンダガ・ブリザガ)が
登場する横スクロールアクションRPG『ペットモンスター1・2』や、やっぱりどこかで見たことのある『ぱっくちゃん』などパロディ要素の強い作品を製作している。

+ 余談だが…


MUGENにおける正男

複数存在し、何れも原作のドット絵を使った物である。

+ 822氏製
+ NeoKairi氏製
+ MPS氏製・2体
+ くるりん氏製
+ ブレイブマサオ・くるりん氏製
+ DarkMasao2氏製の改変正男


出場大会(スーパー正男)


出場大会(スーパー浩二)



*1
ちなみに、当時の旧ソ連の平均年収は500ルーブルで、Asia Seriesは年収の100分の1の値段。
日本で例えるなら、サラリーマンの平成21年度の平均年収が406万円なので、
仮に年収が406万円だとすると、Asia Seriesの値段は40,600円という計算。どうしてこうなった。